PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート③三回戦

(2017年3月31日)

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。
第39回全国高等学校柔道選手権男子団体戦マッチレポート③三回戦
eJudo Photo
桐蔭学園高の関根聖隆が東海大静岡翔洋高・北田晃大から一本背負投「技有」

■Aブロック

桐蔭学園高〇二人残し△東海大静岡翔洋高
(先)佐藤虎太郎×引分×村松考紀(先)
(次)関根聖隆〇小内巻込(1:42)△磯部昴佑(次)
(次)関根聖隆〇合技(1:35)△北田晃大(中)
(次)関根聖隆×引分×南條伯海(副)
(中)湯本祥真×引分×米山竜生(大)
(副)千野根有我
(大)村尾三四郎

桐蔭学園は2回戦でベンチに取り置いた佐藤虎太郎を先鋒に、前戦大将に座ったまま出番がなかった関根聖隆を次鋒に投入。まず全員に一巡武道館の畳を踏ませるローテーション作戦で第2戦に臨む。

しかし73kg級の強者佐藤は村松考紀を崩し切れぬまま引き分け。右袖釣込腰に右腰車、終盤は奇襲の左大外刈と手数は出るものの、投げるには至らず。動きがもう一つだった前日の個人戦の出来を引きずっている印象で、相手が予期するより一瞬早く決定的な深さまで入ってしまう佐藤の良さがどうしても発揮出来ない。前戦で漂った苦戦ムードを畳に残したまま、試合は第2試合に引き継がれる。

しかしここで畳に上がった主将・関根はさすが。次鋒磯部昴佑から左の「一本大外」でまず「技有」獲得、さらに1分42秒に左の小内巻込を決めて文句なしの「一本」。続いて中堅の北田晃大を畳に迎えると組み合うなりすかさず左一本背負投に飛び込んで「技有」獲得。さらに先に引き手で袖を得て左相四つの北田の釣り手を封殺、相手に柔道をさせぬまま片襟を差して1分35秒に左背負投「技有」を追加、合技の「一本」で2人抜き達成。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.