PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第26回

(2017年3月20日)

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第26回
形にはいろいろの種類があって、その目的次第で練習すべき形が異なるべきである。
出典:「道場における形乱取練習の目的を論ず」
柔道1巻3号 昭和5年(1930)6月(『嘉納治五郎大系』3巻,269頁)


講道館柔道には様々な「形」があります。

以前も紹介しましたが、講道館では、師範のご存命中に「投の形」「固の形」「柔の形」「極の形」「五の形」「古式の形」「精力善用国民体育」「剛(柔)の形」の8種類の形を制定しています。同じ武道の剣道が「日本剣道形」の1種類(太刀7本と小太刀3本)なのに比べるとかなりの数と言えるでしょう。
なぜ、このように多くの種類の「形」を制定する必要があったのでしょうか。その答えの1つが今回の「ひとこと」です。

師範は、講道館柔道の目的を「体育」「勝負」「修心」の3つであると述べていますが、その修行方法として「乱取」「形」「講義」「問答」の4つをあげています。これらは、好みの方法を選ぶ選択肢ではありません。全てが欠くことの出来ないものとなっています。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.