PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]無差別は松村颯祐が戴冠、60kg級は市川龍之介が2連覇達成・全国高等学校柔道選手権男子個人戦

(2017年3月19日)

※ eJudoメルマガ版3月19日掲載記事より転載・編集しています。
[速報無差別は松村颯祐が戴冠、60kg級は市川龍之介が2連覇達成
全国高等学校柔道選手権男子個人戦
eJudo Photo
男子個人戦各階級優勝者、左から60kg級市川龍之介、66kg級西願寺哲平、73kg級勝部翔、81kg級亀谷嗣温、男子無差別松村颯祐。

第39回全国高等学校柔道選手権大会は19日、日本武道館にて開幕した。初日は男女5階級ずつの個人戦が行われた。

男子無差別は、高校2年生にして全日本選手権進出を決めている村松颯祐(島根・開星高)が初優勝。準決勝では、3回戦で優勝候補と目された長岡季空(広島・崇徳高)を破る番狂わせを演じた高木一石(静岡・湖西高)を支釣込足「一本」(2:02))に仕留め、決勝では、東部直希(愛知・大成高)との接戦を制して勝ち上がった関根聖隆(神奈川・桐蔭学園高)を相手に余裕をもって「指導2」の優勢勝ち。見事トーナメントの頂点に到着、初戴冠を果たした。

60kg級は、市川龍之介(千葉・習志野高)が2連覇達成。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版3月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.