PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級ひとこと展望

(2017年3月17日)

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級ひとこと展望
■48kg級

インターハイ王者の金知秀(兵庫・夙川学院高)が頭ひとつ抜けた優勝候補。これに下位カテゴリで実績を積んで来た強者たちが挑む。しぶとく試合力の高い渋谷舞(静岡・東海大静岡翔洋高)、柔道の質が良い渡邉愛子(神奈川・横須賀学院高)がその筆頭格。軽量で柔道に拙速なところはあるが、44kg級全日本ジュニア王者の久保井仁菜(京都・京都文教高)の名も挙げておくべきかと思われる。

■52kg級

グランドスラム東京2位、2月のグランプリ・デュッセルドルフでは見事優勝を果たし海外からの評価も高い阿部詩(兵庫・夙川学院高)が優勝候補の筆頭。この人の勝ちぶりが、個人戦男女全階級を通じた今大会の最大注目トピックと言って良いのではないだろうか。対抗し得るとすれば富沢佳奈(埼玉・埼玉栄高)のみ。カデカテゴリまでの実績と意地で空気感を変えることが出来る、この人以外に試合になるレベルの選手が見当たらない。両者の決勝対決に期待したい。

■57kg級

若藤唯(神奈川・桐蔭学園高)、香川瑞希(広島・広島皆実高)、古野彩佳(福岡・南筑高)、明石ひかる(東京・渋谷教育学園渋谷高)が優勝候補。これに古賀ひより(岡山・創志学園高)、大幸瞳子(長崎・長崎明誠高)と実績のある選手の弾丸数が揃った階級。技の切れ味は明石、総合力では若藤を推したい。

■63kg級

インターハイ2位入賞の岡田萌(兵庫・夙川学院高)が優勝候補筆頭。他階級に比べると才能派が少なく陣容に派手さはないが、以降も地力が高い選手が続く。結城彩乃(山梨・富士学苑高)、浦明澄(岡山・創志学園高)、山内もも(愛知・大成高)、嘉重春樺(大阪・東大阪大敬愛高)、一色美緒(広島・広島皆実高)、渡邉聖子(神奈川・横須賀学院高)は対抗勢力として名前を挙げておいて良いかと思われる。

■女子無差別

第1シードに配された1年生・素根輝(福岡・南筑高)が唯一最大の優勝候補。高校生にこの選手を崩し得る存在は見当たらない。四つ角に配された高橋瑠璃(東京・帝京高)、朝飛七海(神奈川・桐蔭学園高)、和田梨乃子(愛知・大成高)のシート゛ピックアップは妥当なところと思われ、そのまま上位入賞候補と考えてよいかと思われる。高橋と、皇后盃に出場を決めている松田美悠(富山・小杉高)による準々決勝が前半戦の山場だ。

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.