PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級ひとこと展望

(2017年3月17日)

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
全国高等学校柔道選手権・男子個人戦5階級ひとこと展望
■60kg級

市川龍之介(千葉・習志野高)が連覇を狙う。力関係を成績に反映させることが難しい階級ゆえ対抗馬は読みがたいが、インターハイ王者の同僚武岡毅を倒して代表権を得た上領教史郎(東京・足立学園高)は注目しておきたい。中学・カデカテゴリからの強者としては豊島我空(佐賀・佐賀商高)、福田大悟(滋賀・比叡山高)らの名が挙がる。

■66kg級

絶対の候補はいないが1年生世代に面白い選手が揃った。第1シード扱いを受けた全国中学大会王者・西願寺哲平(埼玉・埼玉栄高)は試合力の高さからもちろん優勝候補に挙げるべきだが、投げの切れ味と才能ではむしろ若狭智也(石川・鶴来高)と桂嵐斗(長崎・長崎日大高)の2名を強く推しておきたい。本来優勝候補に挙がるべき湯本祥真(桐蔭学園高)を県予選で倒した相田勇司(神奈川・相洋高)にも注目。

■73kg級

第1シードに挙げられた村上優哉(兵庫・神戸国際大附高)が優勝候補の筆頭。寝技が得意だが、昨今流行りの他格闘技由来の一発技スタイルではなく、胸を合わせ続ける非常に柔道らしい抑え込みと展開力が魅力。この選手と、試合運びの巧さと一発を併せ持つ佐藤虎太郎(神奈川・桐蔭学園高)による3回戦がトーナメントの大きな山場だ。

■81kg級

第1シードの奥田將人(京都・京都学園高)を優勝候補に挙げたい。中学時代の結果を求める拙速な柔道から高校入学以降質を大きく上げており、スケール感が出て来た。対抗馬としては賀持喜道(神奈川・桐蔭学園高)と坂東虎之輔(千葉・木更津総合高)のともに投げに威力を持つ1年生2人を挙げたい。坂東は利根琢也(福井・福井工大福井高)か長島光希(東京・国士舘高)とマッチアップ濃厚な3回戦が山場。賀持は三輪魁星(愛知・大成高)との準々決勝が最初の勝負どころになる。

■男子無差別

個性派の有力選手が多士済々、今大会の花形階級。優勝を狙う第1グループは長岡季空(広島・崇徳高)、関根聖隆(神奈川・桐蔭学園高)、松村颯祐(島根・開星高)、東部直希(愛知・大成高)の4人。この4人はブロックが分かれ、長岡には第2グループではもっとも厳しい相手の羽田野竜輝(宮崎・延岡学園高)、松村には中島大貴(長崎・国東高)か吉村太一(大阪・東海大仰星高)、関根にはまず岩田歩夢(埼玉・埼玉栄高)、続いて村田大征(岡山・作陽高)か大淵泰志郎(千葉・木更津総合高)、東部には戸髙竜之介(東京・八王子学園高)か多田昌人(茨城・つくば秀英高)とそれぞれ刺客が配された。

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.