PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

夙川学院高と南筑高、国際級のエース擁する2校が優勝争いの軸・全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦プレビュー

(2017年3月17日)

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
夙川学院高と南筑高、国際級のエース擁する2校が優勝争いの軸
全国高等学校柔道選手権大会女子団体戦プレビュー
eJudo Photo
優勝候補筆頭は夙川学院高

■有力校

体重別3人制(先鋒52kg以下、中堅63kg以下、大将無差別)で争われる女子団体戦は、対照的なチーム構成の2チームが優勝候補、そして過たずその両校がAシード校にピックアップを受けた。夙川学院高(兵庫・第2シード)と南筑高(福岡・第1シード)だ。

優勝候補の筆頭としては12月の水田杯と若潮杯を連続で制している夙川学院を推したい。先鋒枠にグランプリ・デュセルドルフを圧勝で制した阿部詩という大駒を置き、中堅にも適正階級の個人戦優勝候補である岡田萌が座る。大将の吉峰芙母絵も力を伸ばしており、「前重心で絶対性のある選手がおり、かつ全戦線が骨太」という高校選手権勝利チームの一典型に嵌る。昨年インターハイ48kg級を制した金知秀が控えに回る、戦力厚き強豪だ。

一方の南筑は、まったく逆側のアプローチ。「大将枠に絶対的な存在を置く」という高校選手権勝利の表ルート、王道の構成で全国制覇に挑む。エースはグランドスラム東京78kg超級2位の素根輝である。大将で確実に「一本」確保することを前提に、1試合引き分けさえすれば最悪でも代表戦で確実に素根が仕留めるという超級の大駒保有をタテにした3人制×体重別ならではのシナリオは他校にとってはまさしく脅威。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.