PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

混戦世代の優勝候補筆頭は桐蔭学園、対抗一番手は崇徳高・全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦プレビュー

(2017年3月16日)

※ eJudoメルマガ版3月16日掲載記事より転載・編集しています。
混戦世代の優勝候補筆頭は桐蔭学園、対抗一番手は崇徳高
全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦プレビュー
eJudo Photo
優勝候補筆頭は桐蔭学園高

高校生の春開幕。高校「三冠」タイトル最初の一、全国高等学校柔道選手権は3月19日と20日の両日、今年も聖地・日本武道館に47都道府県の代表が集って開催される。

eJudoでは10月の朱雀杯武道大会から冬季シリーズまで各種招待試合を直接取材、また各地の識者の情報提供をもとに各校の戦力を分析し続けて来た。これをもとに、まず体重無差別、五人制の抜き勝負で争われる男子団体戦の展望を試みたい。

■有力校

8校のシードチームは下記。

Aシード校 桐蔭学園高(神奈川)、崇徳高(広島)、大成高(愛知)、足立学園高(東京)
Bシード校 延岡学園高(宮崎)、神戸国際大附高(兵庫)、国士舘高(東京)、、埼玉栄高(埼玉)

のっけに一言だけシード校の選定について言わせて頂く。今年は久々の大混戦状況であることに加え、選定委員が大幅に変わった模様で情報収集の精度が落ちたか(過去の情報収集体制の凄まじい厚みを聞くだに、今回はこの感想を抱かざるを得ない)、率直に言って詰めの甘いピックアップだ。一貫したポリシーも、歴代選考委員の長所であった現場にコミットした高い見識も感じられない。具体的には本戦レギュレーションで戦うブロック大会の結果を無視して近畿大会優勝の東海大仰星高(大阪)を外し、直接対決で敗れた神戸国際大附属高(兵庫)を入れたこと。それにも関わらず東京ブロックの勝敗を尊重して招待試合シリーズで結果を残せなかった足立学園高を国士舘高の上に入れるというダブルスタンダードを行ったこと。もう1つは、イキの良いチームや結果を残しているチームが多数あるにも関わらず、招待試合シリーズで結果を残せず元気のない戦いを続けた埼玉栄高(埼玉)を最後の1枠に入れたこと。前者は例えば「近畿の結果が出る前に決めていたから」「他を調整していたらそうなってしまったから」というような消極的理由しか見い出せず (ただし神戸国際にはシードにふさわしい実力があることを付記しておきたい)、後者に関しては前回大会の成績をもとに消去法的に決めたくらいにしか、ちょっと理由が考えられない。選択に幅はあって然るべきだしその「揺れ」自体が面白さそのものなわけだが、せめて持っているポリシーが透けて見れるような、最低限周囲が「なるほど」と納得できるような精度の選考は行って欲しい。今の時代にあってなお、明確な基準を出さない密室討議を敢えて周囲が黙認している理由は、これまでの選考チームが為して来た仕事の精度が高くて面白く、周囲が納得できるレベルにあったからだと思う。改善を強く求めたい。

さて、本題。

優勝候補筆頭は桐蔭学園高(神奈川)。対抗馬は崇徳高(広島)で、これに第3シードの大成高(愛知)が続き、以下は例年にない大混戦となっている。きちんと今季の高校柔道をウォッチしているファンであれば、ここまで3校のピックアップとその位置関係までは基本的な「合意事項」かと思われる。

桐蔭学園高は戦力、個性ともに揃った非常に魅力的なチーム。昨夏のインターハイで100kg級3位に入った主将・関根聖隆をエースに村尾三四郎、賀持喜道、千野根有我の才能豊かな1年生3枚に、73kg級の佐藤虎太郎に66kg級の湯本祥真という軽量の仕事師2人を揃えた陣容は強さだけでなく、柔道自体に「魅せる」魅力が溢れている。

関根は尽きぬ攻撃意欲が最大の売りで、主戦武器は担ぎ技。片襟、片袖、一本背負投に袖釣込腰と左右形を問わずにどこからでも威力のある投げを打ち込んで来る。これに同型の上体アクションから繰り出される大外落と小内刈を組み合わせ、手数と優位確保に「取り味」を盛った現在のスタイルはまさしく「試合向き」の一言。全国大会出場権獲得後は二本持っての王道柔道を志して稽古を積んでいるとのこと、これが即座に効力を発揮するかはともかく地力の向上に益していることであろうことは間違いない。地力が上がり、いざとなれば前述の手数と取り味を両立させたスタイルに躊躇なく切り替えて来るこの選手の存在は打倒桐蔭を目指す各校にとっては非常に厄介。関根を倒さねば勝利なしとの壁は、なかなかに厚い。

昨年度全国中学大会81kg級王者・村尾三四郎の柔道はファンにとっては今大会最大の「見もの」になるかと思われる。しっかり二本持ち、釣り手の手首を巧みに動かし、足技で崩し、掛け潰れることなく大技にさらに大技を継いで最後に一発投げ切るそのスタイルは、多くの人間が志す「出来ないけど、やりたい柔道」そのもの。まったく表情を変えず、機と見るや長い手足を利して遠間から一気に相手を体ごと刈り取るその様は圧巻。そのスピード感、力感、特殊な体型、そして正統派柔道にも関わらずなぜか漂うモンスター的な異次元感を敢えて一言で表現するとすれば、その様「エイリアンの捕食」とでも言うべきか。まだ体力が足りず組み負ける場面もあるが、それでも一発投げ切ってしまうのではないかという、常に「何か」を期待させる大物感溢れる選手だ。

同じ1年生、81kg級で神奈川県個人代表を務める賀持喜道も取り味と柔道の質を両立させた面白い選手。村尾同様、組み負けても二本持ち続け、釣り手操作とステップワークの良さを軸に常に大技の「一本」を狙う柔道は、もはや競技力を超えてスタイル自体が眩しい。100kg超級全国中学大会王者の千野根有我は、秋口までは横腹の弱い巨艦という印象で強さと脆さが同居する選手だったが課題の体力面が改善されつつあり、抜き役としてだけではなく上位対戦において「エース潰し」的なロールを担えるところまでレベルを上げている。佐藤虎太郎と湯本祥真の軽量コンビも「自分の体重、体格に引け目はないのか」とこちらが驚かされるほど、どんな大型相手にも常に「一本」を狙い続ける怖い選手。佐藤の際の強さ、湯本の体躯に似合わぬ体幹の強さと担ぎの威力はこれまた大会の華として輝く可能性があるレベルにある。

というわけで泥臭く取り味ある関根、「剛」の村尾に「切れ」の賀持という天才肌の1年生2人、超大型の千野根に加えて佐藤と湯本の試合ぶり逞しい軽量コンビと、競技力だけでなく非常にキャラクターが立った面白いチームだ。しかし今回弊サイト「一押し」の最大の所以はその戦力ではなく、実はその成長力の高さにある。今代チームスタート期は崇徳高らと並ぶ有力候補の一という存在だった桐蔭学園は、そのままであれば「来年輝くチーム」としてベスト4シード当落線上にステイする可能性もあった。しかし招待試合シリーズと、若潮杯優勝で追いすがって来た県内のライバル・東海大相模高との激戦を経てチームが急成長。個はもちろんチーム総体としての「伸び率」で他校を大きく上回る。単に個人戦を並べたような朱雀杯の勝ちぶりから、黒潮旗(大成高に敗れ2位)の敗戦を経た招待試合期に、個々が役割を理解してチームがまとまっていく、その成長は非常に興味深かった。事実上の全国大会決勝とすら評された神奈川県予選を経た後に高松正裕監督が掲げた「全国の相手はこのレベルを目指してやってくる、本番までにさらに一段上に上がる」との方針も評価に値する。駒の体格的な凹凸や柔道自体の豊かさゆえソリッドな競技力という観点で見ると実は隙もあり、防御力の脆さも垣間見えるが、それを超えるだけの絶対値を獲得しつつあるのではないか。

対抗馬の崇徳高は、今季スタート時点では優勝候補の筆頭に挙げられていた強豪。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月16日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.