PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「どことでも勝負する力がある、出るからには一番を獲りに行く」全国高等学校柔道選手権女子団体有力校監督インタビュー②南筑高・廣瀬豊彦監督

(2017年3月15日)

※ eJudoメルマガ版3月15日掲載記事より転載・編集しています。
「どことでも勝負する力がある、出るからには一番を獲りに行く」
全国高等学校柔道選手権女子団体有力校監督インタビュー②南筑高・廣瀬豊彦監督
eJudo Photo

―第1シードで迎える全国高校選手権大会、いよいよ開幕が目前です

第1シードはちょっと意外というか、そこまでの力はないと思いますよ(笑)。うちは過去の実績もないですし、夏のインターハイも出ていない。敬愛高さんの評価が高くて、県大会でこちらが勝ったから挙げてもらったということだと考えています。

―チームの仕上がりや雰囲気はどうですか?またエースの素根輝選手の状態は?

大きなケガもなく、しっかり大会前の集中が出来上がって来ているような感じですね。第1シードになって、2年生たちがやる気になり、優勝を狙っていくぞという前向きの雰囲気が出来てきました。素根はヨーロッパから戻って、九州選手権のあとは少し休みを取らせて、肉体的にも気持ちの部分でもかなり上がってきました。個人戦はしっかり力を出してくれると思いますが、団体戦で素根、そして他の選手がどう戦い、チーム全体の力を発揮するところまで行けるかですね。

―これまでも強豪選手を輩出、強いチームを作り上げて来ました。今代はどんなチームですか?

仲の良いチームですよ。下級生の素根が強いこともありますが(笑)、「縦」があまりないですし、明るいチームです。去年のインターハイは敬愛高に負けて出られず、金鷲旗大会は素根の頑張りで3位に入りましたが、素根頼みという格好はその後もなかなか変わらず秋の新人戦も夏と同じく1-2で敬愛高に負けました。それが、冬の若潮杯でトップチームと戦う中で選手たちが「やれる」という手ごたえを得たようで、ちょっとチームが変わって来た。そして県予選では素根以外の選手が本当に頑張って、2-1で勝つことが出来ました。これは選手にとって大きな自信になりました。もともとの素根の意識の高さ、姿勢が周りに良い影響を与え、そしてチーム全体に自信が生まれて一気に雰囲気が良くなっているんですね。この流れのまま全国大会を迎えたいと思っています。

―素根選手が絶対の存在と目されていますが、古野彩佳選手、上津原萌芽選手、石井星選手はどんな選手ですか?

キャプテンの古野はインターハイの57kg級で3位に入り、落ち着いて試合が出来るようになってきました。彼女は稽古ではあまりぱっとしないのですが、とにかく度胸があって試合に強いですね。県大会も全勝で、いまは絶好調です。上津原はマジメな子、徐々に力をつけてきました。立ち技から寝技へのつなぎが巧く、三角で取って来れる。今物凄く期待しています。先鋒の石井はお転婆娘というか、まだ子供ですね(笑)。チーム構成上も、組み合わせから考えられる試合の展開を考えても、間違いなく今回のカギになる選手です。かなり強くなっているので、あとは日本武道館の雰囲気にのまれず、本来の力を出してくれるかです。

―最後に一言、大会に向けて決意をお願いします。

どことやっても余裕はないですが、逆にどことでも勝負出来る力があるチームだと思います。一戦一戦しっかり戦って、出場するからには一番を獲りに行きます。


※インタビューは3月15日に行われました

※ eJudoメルマガ版3月15日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.