PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「東部直希が最後に力を発揮出来るか、周囲の頑張りが最大のカギ」全国高等学校柔道選手権男子団体有力校監督インタビュー③大成高・石田輝也監督

(2017年3月14日)

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。
「東部直希が最後に力を発揮出来るか、周囲の頑張りが最大のカギ」
全国高等学校柔道選手権男子団体有力校監督インタビュー③大成高・石田輝也監督
eJudo Photo

―いよいよ本番、今年は「四つ角」の第3シードで大会を迎えます。

そうですね。良くも悪くも、正直順当なところかなとは思います。

―ファンは昨年も全国大会で活躍した東部(直希)選手がエースのチームという認識と思います。チーム、そして彼の調子はいかがですか?

仰る通り東部を中心としたチームです。いかに東部を上位対戦まで温存するか、勝ち上がりはそこに尽きるのではないかと思っています。東部は技術的というより、この代になって特に精神的なところが強くなったかなと思います。一週間前に心理学の先生を呼んでメンタルの講義をしてもらったのですが、東部も他の選手もかなり感じるところがあったようで、提出させた振り返りのレビューが凄く良い内容だった。以後の稽古を見ていても、選手一丸の気持ちが出来上がって来たなと強く感じているところです。

―稽古量はいかがですか?

最後は稽古で決まりますから、これは譲りません。かなりやり込んでいますよ。

―東部選手以外の、脇を固める選手たちはどうでしょう?招待試合シリーズでは東部君に繋ぐ意識がかなりしっかり出来ていました。

やっぱり東部に比べるとまだまだ馬力がないですし、4人、5人が同じくらいの力の中で競っていますので、誰が突出したキーマンになるという感じでもない。ただ、それなりの戦果が残せるだけの素質も下地も十分ありますし、むしろ誰が何をやってくれるか本番が楽しみですよ(笑)。自分の役割をしっかり理解してしっかり仕事をして貰いたいですね。繰り返しになりますが、最後は東部で勝負。いかに東部に力を掛けさせずに、どの段階まで東部を取り置けるか。最後の最後に東部で勝つんだというシナリオが全員の骨身まで染み通っているかがカギです。1対1、最後に東部の勝負がそのまま試合を決めるという展開になれば初の全国制覇も十分見えてくると思っています。

―大成は2014年のチームのように短期間で飛躍的に力を伸ばした年もあれば、急に元気がなくなった代もあります。今年はどう観察していますか?

去年はこのインタビューで「つかみどころのない面白さがあるチーム」と話したかと思うのですが、団体戦では力を出し切れなかったですね。ご指摘の川田修平たちのチームは春の悔しさと夏の組み合わせの厳しさへの奮起が良い方向に働いたと思います。今年は…やっぱり蓋を開けてみるまでわからないのですが(笑)、先ほど話したメンタル講義の感想など読むと、やってくれる準備が出来て来ているのかなとも思います。期待していますよ。

―最後に大会に向けて一言、お願いします。

毎年言っていますが、初めての優勝を獲りたい。全国制覇目指して頑張ります。


※インタビューは3月14日に行われました

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.