PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム・バクー最終日5階級プレビュー

(2017年3月11日)

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。
最終日5階級(男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級)プレビュー
グランドスラム・バクー
■90kg級・ノエル・ファンテンドと釘丸太一の2回戦がトーナメント最大の山場、小林悠輔は曲者と連戦する難しい配置
(エントリー18名)

階級屈指の難剣タイプであるノエル・ファンテンド(オランダ)がワールドツアーに復帰、初戦(2回戦)で早くも釘丸太一(センコー)との対戦が組まれた。ファンテンドは右組みながら仕掛ける技は全て左技であり、この変則スタイルで過去に何人もの左組みの強豪を破ってきている。左組みの釘丸にとっては相性的にも厳しい戦いとなるだろうが、先に二本を持って動きを止めることで相手の変則スタイルを制限してしまいたい。トーナメントの陣容を見る限りここを勝ち上がった選手がそのまま優勝する可能性が高く、ここが事実上の決勝と言っても過言ではない。

一方の小林悠輔(旭化成)は初戦となる2回戦でウサンギ・マルギアニ(ジョージア)、続く準々決勝でママダリ・メディヨフ(アゼルバイジャン)と曲者と連戦しなければならない面倒な位置からのスタート。どちらも一筋縄では勝たせてくれない難敵であり、付き合いすぎるとたとえ勝利を得たとしても相当な消耗を強いられること必至だ。プールDの陣容を見る限りここさえ勝ち抜けば決勝進出は難しくなく、できるだけ早い時間帯の「一本」で仕留めてしまって体力を温存したいところだ。

【プールA】
第1シード:ノエル・ファン テンド(オランダ)
第8シード:イスラム・ボズバエフ(カザフスタン)
日本選手:釘丸太一(センコー)

【プールB】
第4シード:ツラリ・サフグリエフ(アゼルバイジャン)
第5シード:クアジョ・ナーバリ(ウクライナ)

【プールC】
第2シード:ママダリ・メディヨフ(アゼルバイジャン)
第7シード:小林悠輔(旭化成)
有力選手:ウサンギ・マルギアニ(ジョージア)

【プールD】
第3シード:ネマニャ・マイドフ(セルビア)
第6シード:ダフロンベク・サトロフ(ウズベキスタン)

■100kg級・エルマー・ガシモフとエルハン・ママドフのアゼルバイジャン勢2人に好調トマ・ニキフォロフらが挑む
(エントリー11名)

参加人数は11人と少数ながら、100kg級の層の厚さを受けて今大会も面白いトーナメントとなった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.