PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム・バクー第2日4階級プレビュー

(2017年3月11日)

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。
第2日4階級(男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級)プレビュー
グランドスラム・バクー
■73kg級・ルスタン・オルジョフとラシャ・シャヴダトゥアシヴィリがトーナメントの柱、中矢力は準々決勝でオルジョフと対戦する厳しい配置
(エントリー19名)

それぞれ第1シードと第2シードに配されたリオデジャネイロ五輪銀銅メダリストのルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)とラシャ・シャヴタトゥアシヴィリ(グルジア)がトーナメントの柱。構図としてはツアーの主役として活躍を続けるこの2人に2011年と2014年の世界選手権チャンピオンである中矢力(ALSOK)が挑むという形だ。

実績から言えば2015年アスタナ世界選手権でも銀メダルを獲得している中矢が格上のはずだが、大野将平との激しい五輪代表争いを経て消耗した中矢は現在まだ復帰の道程にあり、直近の大会であるグランドスラム東京では中堅選手のアーサー・マルゲリドン(カナダ)にさえも敗れてしまっている。橋本壮市(パーク24)の台頭もあり、単独派遣である今大会ではしっかり結果を残して戦線復帰を内外に印象付けたいところ。中矢の配置はオルジョフ直下の第8シードという厳しいものだが、世界チャンピオンとしての意地を見せて表彰台の頂点を目指してもらいたい。

オルジョフとシャヴタトゥアシヴィリはともに長身のパワーファイターであり、懐の深さを生かした抱きつき技を得意としている。五輪で銀メダルを獲得して地元で凱旋大会に臨むオルジョフ、頂点を伺うところまで序列を上げながら2014年のグランプリ・ブダペスト大会で勝利して以来もっかオルジョフに6連敗中のもとシャヴダトゥアシヴィリと両者ともに相当なモチベーションで今大会に臨んで来るはずである。中矢は優勝するためにこの両者をどちらも倒さねばならず、短躯の中矢がこの大型2人にどのような戦い方を見せるのかに注目したい。

ビッグネーム以外の注目選手としてはグランドスラム・パリ大会で同国のエースであるオルジョフを破って3位入賞を果たしたヒダヤット・ハイダロフ(アゼルバイジャン)を挙げておきたい。ハイダロフは世界ジュニアが開催されなかった2016年のヨーロッパジュニアチャンピオン。パリ大会では5試合行ったうち2試合が不戦勝とその戦いぶりを十分に観察することができなかったが今大会では準々決勝でシャヴダトゥアシヴィリとの対戦が組まれており、この試合は今後有力選手として定着できるかを測る格好の物差しとなるはずだ。

【プールA】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.