PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]60kg級で志々目徹が優勝、66kg級の髙上智史は決勝で敗れて2位・グランドスラム・バクー第1日5階級

(2017年3月11日)

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]60kg級で志々目徹が優勝、66kg級の髙上智史は決勝で敗れて2位
グランドスラム・バクー第1日5階級(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
60kg級決勝、志々目徹がムフリディン・ティロヴォフから左内股「技有」を奪う

グランドスラム・バクー大会は10日、アゼルバイジャン・バクーで開幕。初日は男女合わせて5階級の競技が行われ、日本勢は60kg級の志々目徹(了徳寺学園職)が優勝した。66kg級の髙上智史(旭化成)は決勝で敗れて2位だった。

女子には日本代表選手の出場がなかったが、48kg級でブラジルから出場した帝京大3年の小山亜利沙(アリサステファニー・コヤマ)が優勝、57kg級はコマツ所属の連珍羚(台湾)が優勝した。

各階級の入賞者と、決勝ラウンドおよび日本代表選手の結果は下記。

■ 60kg級
(エントリー14名)

【入賞者】
1.SHISHIME, Toru (JPN)
2.TILOVOV, Mukhriddin (UZB)
3.SAFAROV, Orkhan (AZE)
3.GERCHEV, Yanislav (BUL)
5.TAKABATAKE, Eric (BRA)
5.KYRGYZBAYEV, Gusman (KAZ)
7.SAGYNBAI UULU, Baiaman (KGZ)
7.DASHDAVAA, Amartuvshin (MGL)

【3位決定戦】
オルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)○崩袈裟固(3:40)△エリック・タカバタケ(ブラジル)
ヤニスラフ・ゲルチェフ(ブルガリア)○GS裏投(GS1:06)△グスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)

【決勝】
志々目徹○優勢[技有・内股]△ムフリディン・ティロヴォフ(ウズベキスタン)

【日本代表選手勝ち上がり】

志々目徹(了徳寺学園職)
成績:優勝


[1回戦]
志々目徹○GS反則[指導3](GS0:36)△メフマン・サディゴフ(アゼルバイジャン)

[2回戦]
志々目徹○優勢[技有・隅落]△バイアマン・ウウル サギンバイ(キルギスタン)

[準決勝]
志々目徹○反則(3:47)△グスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)
※いわゆる「ブリッジ反則負け」

[決勝]
志々目徹○優勢[技有・内股]△ムフリディン・ティロヴォフ(ウズベキスタン)

※前述のため戦評省略

■ 66kg級
(エントリー16名)

【入賞者】
1.LICKER, Tal (ISR)
2.TAKAJO, Tomofumi (JPN)
3.GIUNASHVILI, Lasha (GEO)
3.SHMAILOV, Baruch (ISR)
5.VIERU, Denis (MDA)
5.SHIKHALIZADA, Nijat (AZE)
7.GANBOLD, Kherlen (MGL)
7.KHOJASTEH, Alireza (IRI)

【3位決定戦】
ラシャ・ギウナシヴィリ(ジョージア)○優勢[技有・大内刈]△デニス・ヴィエル(モルドバ)
バルチ・シュマイロフ(イスラエル)○優勢[技有・浮落]△ニジャト・シハリザダ(アゼルバイジャン)

【決勝】
タル・フリッカー(イスラエル)○GS指導2(GS0:49)△髙上智史

【日本代表選手勝ち上がり】

髙上智史(旭化成)
成績:2位


[1回戦]
髙上智史○反則[指導3](3:00)△ガッセム・ヌリザデ(イラン)

[2回戦]
髙上智史○横四方固(3:42)△ガンボルド・ケーレン(モンゴル)

[準決勝]
髙上智史○GS小内刈(GS0:55)△ニジャト・シハリザダ(アゼルバイジャン)

[決勝]
髙上智史△GS指導2(GS0:49)○タル・フリッカー(イスラエル)

■ 48kg級
(エントリー11名)

【入賞者】
1.KOYAMA, Stefannie Arissa (BRA)
2.NIKOLIC, Milica (SRB)
3.MINSKER, Noa (ISR)
3.ISHONY, Shira (ISR)
5.CESAR, Taciana (GBS)
5.CHERNIAK, Maryna (UKR)
7.ALIYEVA, Leyla (AZE)
7.POP, Alexandra (ROU)

【3位決定戦】
ノア・ミンスカー(イスラエル)○優勢[技有・背負投]△タシアナ・セザル(ギニアビサウ)
シラ・リショニー(イスラエル)○反則(2:39)△マリーナ・チェルニアク(ウクライナ)
※関節を極めながら相手を投げたことによる反則負け」

【決勝】
アリサ ステファニー・コヤマ(ブラジル)○[技有・小外掛]△ミリカ・ニコリッチ(セルビア)

※日本代表選手の出場はなし

■ 52kg級
(エントリー13名)

【入賞者】
1.FLORIAN, Alexandra-Larisa (ROU)
2.PUPP, Reka (HUN)
3.STANGAR, Anja (SLO)
3.VAN SNICK, Charline (BEL)
5.MENEZES, Sarah (BRA)
5.COHEN, Gili (ISR)
7.MAMMADALIYEVA, Gultaj (AZE)
7.PIENKOWSKA, Karolina (POL)

【3位決定戦】
アニャ・スタンガル(スロベニア)○優勢[技有・背負投]△サラ・メネゼス(ブラジル)
シャーリン・ファン スニック(ベルギー)○腕挫十字固(2:30)△ギリ・コーヘン(イスラエル)

【決勝】
アレクサンドラ ラリサ・フロリアン(ルーマニア)○優勢[技有・内股]△レカ・プップ(ハンガリー)

※日本代表選手の出場はなし

■ 57kg級
(エントリー12名)

【入賞者】
1.LIEN, Chen-Ling (TPE)
2.ROGIC, Jovana (SRB)
3.KOWALCZYK, Julia (POL)
3.NELSON LEVY, Timna (ISR)
5.PRUDENCIO, Gilmara (BRA)
5.NISHANBAYEVA, Sevara (KAZ)
7.SHAHIN, Leyla (AZE)
7.KAJZER, Kaja (SLO)

【3位決定戦】
ユリア・コヴァルツィク(ポーランド)○大内刈(2:36)△ギウマラ・プルデンシオ(ブラジル)
ティムナ・ネルソン レヴィ(イスラエル)○横四方固(2:32)△セヴァラ・ニシャンバエワ(カザフスタン)

【決勝】
レン・チェンリン(台湾)○優勢[技有・内股]△ヨハナ・ロギッチ(セルビア)

※日本代表選手の出場はなし

※ eJudoメルマガ版3月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.