PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

児玉ひかるが優勝、素根輝は惜しくも本戦出場権逸す・皇后盃全日本女子柔道選手権九州地区予選

(2017年3月10日)

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。
児玉ひかるが優勝、素根輝は惜しくも本戦出場権逸す
皇后盃全日本女子柔道選手権九州地区予選
eJudo Photo
優勝の児玉ひかる

(写真は28年全日本ジュニア選手権時)

皇后盃全日本女子柔道選手権(4月16日・横浜文化体育館)の九州地区予選を兼ねる第27回九州女子柔道選手権が5日、福岡武道館(福岡市)で行われ、敬愛高3年の児玉ひかるが優勝した。同地区からは児玉と2位の井上愛美(九州旅客鉄道)の2人が本戦に進出する。

12月のグランドスラム東京で決勝進出、今大会一週間前のグランプリ・デュッセルドルフでも3位に入賞している素根輝(南筑高1年)は準決勝で児玉に敗れて3位、惜しくも出場権獲得はならなかった。

成績上位者と全試合の結果は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.