PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム・バクー第1日5階級プレビュー

(2017年3月10日)

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。
第1日5階級(男子60kg級、66kg級、女子48kg級、52kg級、57kg級)プレビュー
グランドスラム・バクー
■60kg級・今大会一のハイレベルトーナメント、志々目徹に強豪と連戦するビッグチャンス到来
(エントリー14名)

選手層が非常に厚い60kg級の様相を反映して、今大会もなかなかのハイレベルトーナメントとなった。実力的に抜けているのはオルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)、志々目徹(了徳寺学園職)、ダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)の3人。それぞれ異なるブロックに配されたが、シード順位で劣る志々目には刺客として2015年アスタナ世界選手権銀メダリストのルスタン・イブラエフ(カザフスタン)が当てられた。イブラエフは有力選手であることは間違いないものの、同国内での立場はイェルドス・スメトフの控えの2番手。世界選手権2位という実績に見合うほどの力は持っていない。志々目としては良い形で勝利して流れに乗りたいところだ。

今大会の志々目の配置は、優勝のみを考えた場合には全選手中もっともハードなポジション。しかし、これは裏を返せば倒すだけで評価の上がる強豪と連戦できるということでもあり、国内の序列でジリジリ後退中の志々目にとってはむしろ大きなチャンスといえる。奮起に期待したい。

【プールA】
第1シード:オルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)
第8シード:グスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)

【プールB】
第4シード:ルスタン・イブラエフ(カザフスタン)
第5シード:志々目徹(了徳寺学園職)

【プールC】
第2シード:ダシュダヴァー・アマーツヴシン(モンゴル)
第7シード:ムフリディン・ティロヴォフ(ウズベキスタン)

【プールD】
第3シード:エリック・タカバタケ(ブラジル)
第6シード:ヤニスラフ・ゲルチェフ(ブルガリア)

■66kg級・トップ選手不在のトーナメント、髙上智史に課せられたミッションは優勝のみ

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.