PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランプリ・デュッセルドルフ2017第2日4階級レポート

(2017年3月3日)

※ eJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。
第2日4階級(男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級)レポート
グランプリ・デュッセルドルフ2017
eJudo Photo
73kg級決勝、デニス・イアルツェフがラシャ・シャフダトゥアシビリから小外掛「一本」

■73kg級・足技冴えたデニス・イアルツェフが優勝、日本勢2人は揃って初戦敗退
(エントリー32名)

【入賞者】
1.IARTCEV, Denis (RUS)
2.SHAVDATUASHVILI, Lasha (GEO)
3.MACIAS, Tommy (SWE)
3.CHAINE, Guillaume (FRA)
5.WANDTKE, Igor (GER)
5.BUTBUL, Tohar (ISR)
7.CONTINI, Marcelo (BRA)
7.ESTRADA, Magdiel (CUB)

優勝候補と目されていたデニス・イアルツェフ(ロシア)とラシャ・シャフダトゥアシヴィリ(ジョージア)が順当に決勝進出。決勝ではイアルツェフが得意の足技を駆使してシャフダトゥアシヴィリを圧倒、豪快な右小外掛「一本」(2:58)で勝利して優勝を飾った。この2人はリオデジャネイロ五輪の3位決定戦でも対戦しており、その際はシャフダトゥアシヴィリが勝利している。イアルツェフは五輪のリベンジを果たした形だ。この日のイアルツェフは初戦から得意の足技が冴えており、具体的なポイント獲得こそ2回戦のヤコブ・イェクミネク(チェコ)戦の左釣込足「一本」(1:14)のみだったものの、効果的に足を飛ばすことで詰将棋のように相手を追い詰めて勝利を重ねていた。

土井健史(ダイコロ)と立川新(東海大1年)の日本勢2人は揃って1回戦敗退。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.