PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランプリデュッセルドルフ・最終日5階級(男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級)プレビュー

(2017年2月26日)

※ eJudoメルマガ版2月26日掲載記事より転載・編集しています。
最終日5階級(男子90kg級、100kg級、100kg超級、女子78kg級、78kg超級)プレビュー
グランプリ・デュッセルドルフ
■90kg級・西山大希が地力ナンバーワンも試合運びに不安あり、現実的な優勝候補はフセン・ハルモルザエフ
(エントリー29名)

ガク・ドンハン(韓国)とチェン・シュンジャオ(中国)の強豪2人が抜けたことでグランドスラムパリ大会から一段レベルは下がったが、もともとこの階級は強豪揃い。欧州シリーズのメインイベントにふさわしい、十分にハイレベルなトーナメントとなった。出場選手のなかで最も地力が高いのは2010年と2011年の世界選手権銀メダリストである西山大希(新日鐵住金)。純粋に組み合って投げる能力を比べた場合、西山と競うことができる選手はいないものと思われる。とはいえ、西山には技を仕掛けることなく組み手をリセットして時間を浪費してしまう悪癖があり、これまでに何度もこのパターンで勝つべき試合を落としてきた経緯がある。

このことを考慮すると優勝候補として西山を推すのは難しく、現実的には西山に次ぐ地力を持つ2015年ワールドマスターズ・ラバト大会王者のベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)か、組み合わせに恵まれている2016年ワールドマスターズ・グアダラハラ大会2位のフセン・ハルモルザエフ(ロシア)のどちらかが優勝すると予想するのが妥当だ。パリでの様相を見る限り延長戦を戦うことによる消耗は相当なものであり、その点に鑑みると優勝候補1番手は同一プールに目立った対抗馬が存在しないハルモルザエフとしておきたい。

ハルモルザエフは前述のワールドマスターズ・グアダラハラ大会において豪快な帯取返(いわゆる「ハバレリ」)を決め、欧州を中心とした帯取返ブームのきっかけをつくった選手。新ルールではクロスグリップへの規制が緩和されており、豪快な帯取返「一本」による勝ち上がりに期待したい。

パリから階級を上げて90kg級に参加している2014年チェリャビンスク世界選手権81kg級チャンピオンのアブタンディリ・チリキシヴィリ(ジョージア)は、1回戦で2014年と2015年に世界ジュニア選手権で準優勝しているニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)と対戦する。パリでの戦いぶりを見る限りこの階級で戦うのは体格的に厳しいように思われるが、2週間を空けたことでチリキシヴィリの戦いぶりにどのような変化が起こるのか、注目しておきたい。

もう一度話を西山に戻して。西山が順調に勝ち上がった場合、準々決勝で第1シードのアレクサンダー・クコリ(セルビア)と対戦することになる。クコリは五輪前後の空白期間に急激に力をつけてきた新興勢力の1人で純実力的にはトップ勢に譲るところがあるが、西山は昨年のグランドスラム東京大会でこの選手に大内返「有効」で敗れている。西山としてはよい内容でクコリにリベンジを果たして、グヴィニアシヴィリが待ち受ける準決勝へと駒を進めたいところだ。

リオデジャネイロ五輪金メダリストのベイカー茉秋(東海大4年)と吉田優也(旭化成)の2人が怪我で戦線を離脱しており、ほかの選手も結果を残せていない現状にあって、今年の世界選手権代表争いは混沌。西山、極端に言えば技さえ出れば勝てるはずであり、2011年以来5年ぶりの世界選手権に向けて、全盛期を思い起こさせるような切れ味鋭い技を見せて欲しい。

【プールA】
第1シード:アレクサンダー・クコリ(セルビア)
第8シード:西山大希(新日鐵住金)
有力選手:シリル・グロスクラウス(スイス)

【プールB】
第4シード:コムロンショフ・ウストピリオン(タジキスタン)
第5シード:ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)
有力選手:マルク・オーデンタール(ドイツ)

【プールC】
第2シード:ミハエル・ツガンク(スロベニア)
第7シード:ティアゴ・カミーロ(ブラジル)
有力選手:ナシフ・エリアス(レバノン)、ニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)、アブタンディリ・チリキシヴィリ(ジョージア)

【プールD】
第3シード:フセン・ハルモルザエフ(ロシア)
第6シード:マックス・スチュアート(イギリス)
有力選手:ネマニャ・マイドフ(セルビア)

■100kg級・優勝候補は地元ドイツのカールリヒャード・フレイ。ウルフアロンは強豪揃う死のプールに配される

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.