PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランプリデュッセルドルフ・第2日4階級(男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級)プレビュー

(2017年2月25日)

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。
第2日4階級(男子73kg級、81kg級、女子63kg級、70kg級)プレビュー
グランプリデュッセルドルフ
■73kg級・シャフダトゥアシヴィリが優勝候補、土井健史と立川新はともに準決勝が山場
(エントリー32名)

ワールドツアーで上位に絡むレベルの海外選手は第1から第3シードの3選手のみ、このなかで第1シードに配されたリオデジャネイロ五輪銅メダリスト(ロンドン五輪66kg級金メダリスト)のラシャ・シャフダトゥアシヴィリ(ジョージア)が優勝候補の1番手だ。

土井健史(ダイコロ)と立川新(東海大1年)の日本勢2人はともに準決勝に山場が設定されており、土井は前述のシャフダトゥアシヴィリと、立川は第3シードのデニス・イアルツェフ(ロシア)とそれぞれ対戦が予定されている。シャフダトゥアシヴィリは体の強さをいかしたパワフルな抱きつき技(同じ間合いからの右大内刈と右小外掛)を得意とする強敵であり、飛び道具として遠間からの「ケンケン大内」も使用してくる。土井の柔道スタイルであれば正面から圧を受けることはないはずだが、しっかりと二本持った状態で釣り手を落として戦いたい。

一方立川が対戦するイアルツェフは階級随一の長身選手であり、遠い間合いからの足技やもつれ際の浴びせ技を得意としている。昨年のグランドスラム東京大会では左大内刈「一本」(3:43)で立川が勝利しているが、一癖も二癖もある厄介な相手だ。立川は2回戦でギオーム・シェヌ(フランス)、準々決勝でトミー・マシアス(スウェーデン)と有力選手との連戦が予想され、この序盤戦をどれだけ体力のロスなく乗り切れるかもキーポイントになりそうだ。新ルールはとにかく「指導」奪取系ファイターが消耗を強いられる展開が続いている。かつての戦術派から昨年飛躍的に技の取り味を上げた立川の投げに大いに期待したい。

この階級における世界選手権の代表争いは大野将平(旭化成)と橋本壮市(パーク24)の2人が大きく他を引き離しており、もはや逆転の目はほとんど残されていない状況。とはいえ、今回出場している2人と不調の中矢力(ALSOK)による3番手争いは混戦となっており、今回優勝者が出れば暫定的にこの椅子に座ることになる見込みだ。上半期の重要国際大会派遣の有無とその成績次第では講道館杯と年末のグランドスラム東京進出にアドバンテージを得られる可能性もあり、つまり今大会は既に来年度の世界選手権予選に繋がる重要なステージ。両者の活躍に期待したい。

【プールA】
第1シード:ラシャ・シャフダトゥアシヴィリ(ジョージア)
第8シード:サム・ファント ヴェステンド(オランダ)

【プールB】
第4シード:トハル・ブトブル(イスラエル)
第5シード:イゴール・ヴァンドケ(ドイツ)
日本選手:土井健史(ダイコロ)

【プールC】
第2シード:トミー・マシアス(スウェーデン)
第7シード:ギオーム・シェヌ(フランス)
日本選手:立川新(東海大1年)

【プールD】
第3シード:デニス・イアルツェフ(ロシア)
第6シード:マグディエル・エストラーダ(キューバ)

■81kg級・デヴィトとイヴァノフがトーナメントの柱、佐藤正大はイヴァノフ直下の厳しい配置からスタート
(エントリー37名)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.