PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】男子団体第1シードは桐蔭学園が選出確実、組み合わせ抽選いよいよ今週末に迫る・全国高等学校柔道選手権男女「シード校」予想

(2017年2月16日)

※ eJudoメルマガ版2月16日掲載記事より転載・編集しています。
【ROAD TO 高校選手権】男子団体第1シードは桐蔭学園が選出確実、組み合わせ抽選いよいよ今週末に迫る
全国高等学校柔道選手権男女「シード校」予想
eJudo Photo
桐蔭学園高は第1シードピックアップが確実な情勢

全国高等学校柔道選手権(3月19日~20日・日本武道館)の組み合わせ抽選がいよいよこの週末、18日(土)に迫った。

組み合わせのディティールはもちろんのこと、最も注目されるのはなんといっても団体戦のシード8校にどのチームが選抜されるか。この大会のシード校は主催者(主管者)が独自の情報網を駆使して出場校の戦力を精査、過去の実績に捉われずあくまで「今代の実力」を測定して推薦する、それ自体が大会の名物とも呼ぶべき非常に色気のあるものとなっている。過去と異なりインターハイにもシード制が採用されている近年は高校選手権の成績が夏の組み合わせにそのまま跳ね返る割合が高く、つまりはこの「シード校」に選ばれるかどうか、どのチームがどの位置に選ばれるかが今季の高校柔道界の行方を決めてしまうと言っても過言ではない。

eJudo編集部は今年も「冬季招待試合サーキット」を試合会場で徹底取材。さらに都道府県予選の直接取材、各地の識者たちから得た情報をもとに、今年も「シード校予想」を試みたいたいと思う。

■男子

男子団体戦の第1シードは桐蔭学園高(神奈川)以外にありえない。インターハイ100kg級3位の関根聖隆をリーダーに、村尾三四郎と賀持喜道の1年生ながら柔道の質と取り味を兼ね備えた中量級ポイントゲッター2枚に加え、昨年度全国中学校柔道大会100kg超級王者の巨漢千野根有我、加えて「仕事」を弁えた佐藤虎太郎と湯本祥真の軽量級2枚と、強さと多彩なキャラクターを揃えた好チーム。シーズン開始当初全国的な不作と評された今代に颯爽と現れたタレント軍団であり、間違いなく優勝候補の筆頭だ。

今期スタート時は「むしろ来年のチーム」とされ優勝候補の一角という扱いであったが、秋以降にチーム全体がメキメキ成長。まず10月の朱雀杯に優勝し、12月の「冬季シリーズ」開幕後は黒潮旗2位を経て松尾杯と水田杯の2大会に連続優勝。シーズンの締めとなる若潮杯は参加しなかったが同大会を素晴らしい内容で制した東海大相模高を神奈川県予選でしっかり退け、全国屈指の実力を誇る同校相手にシーズン3連勝を飾っている。先週末に行われた福島・魁星旗大会は7人制点取り方式という変則形式であったがこの大会も圧勝で制して層の厚さを見せつけており、戦力的にも実績的にも推さない理由は見つからない。eJudo編集部は実力と実績、加えて勢いにチームのまとまりと必須要素をことごとく揃えたこのチームを第1シードに推すが、おそらくこれは選考委員も同じ意見であろうと確信する。

残る「四つ角」(Aシード校)3枠のうち、2枠はほぼ確定と見る。崇徳高(広島)と大成高(愛知)がここに収まるのではないか。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月16日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.