PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]高校生飯田健太郎が強豪なぎ倒し圧勝V、超級決勝の日本勢対決は王子谷剛志が制す・グランドスラムパリ2017最終日男子

(2017年2月13日)

※ eJudoメルマガ版2月13日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]高校生飯田健太郎が強豪なぎ倒し圧勝V、超級決勝の日本勢対決は王子谷剛志が制す・グランドスラムパリ2017最終日男子
eJudo Photo
100kg級決勝、飯田健太郎がこの大会3連覇中のシリル・マレから内股「技有」奪取

フランス・パリで行われているグランドスラムパリ大会は12日、最終日の男子3階級、女子4階級の競技が行われ、最激戦階級と目された男子100kg級は高校生の飯田健太郎(国士舘高3年)が制した。

飯田は2013年世界選手権の覇者エルハン・ママドフ(アゼルバイジャン)や90kg級のリオ五輪銀メダリストであるヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)ら強豪ひしめくブロックを5試合連続の「一本」で勝ち抜け決勝進出。決勝ではこの大会3連覇中の地元のスター、シリル・マレ(フランス)を内股「技有」で倒して優勝を飾った。飯田は出場2戦目にしてシニア国際大会初優勝、ツアー屈指のハイレベル大会とされる同大会を若干18歳で制する快挙を成し遂げた。

100kg超級は日本勢2人が決勝を争い、王子谷剛志(旭化成)が七戸龍(九州電力)をGS延長戦の末に反則ポイントの累積で下した。90kg級の長澤憲大(パーク24)は3回戦敗退だった。

各階級の入賞者と、決勝ラウンドおよび日本代表選手全試合の結果は下記。

※マッチレポートは続報します
※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版2月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.