PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]日本勢は優勝なし、五輪王者ケルメンディと決勝争った角田夏実が2位入賞果たす・グランドスラムパリ2017第1日女子

(2017年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]日本勢は優勝なし、五輪王者ケルメンディと決勝争った角田夏実が2位入賞果たす・グランドスラムパリ2017第1日女子
eJudo Photo
五輪王者ケルメンディと決勝を戦う角田夏実

11日に開幕したグランドスラム・パリ大会、初日に4日階級が行われた女子は日本勢の優勝なし。全階級を制した男子とは明暗分かれる結果となった。

リオ五輪48k級銅メダリストの近藤亜美(三井住友海上)は準決勝でライバルのジョン・ボキョン(韓国)に一本負けを喫して3位。優勝候補の最右翼と目された57kg級の芳田司(コマツ)も3位に終わった。期待の若手2人を同時投入した63kg級は内容良しも結果伴わず能智亜衣美(筑波大3年)が5位、嶺井美穂(桐蔭横浜大1年)が7位だった。

52kg級ではグランドスラム東京王者の角田夏実(了徳寺学園職)が気を吐き2位入賞。決勝では五輪王者マイリンダ・ケルメンディ(コソボ)相手に善戦、フルタイム戦ってグランドスラム2大会連続の表彰台を手にした。

各階級の入賞者、決勝ラウンドと日本代表選手全試合の結果は下記。


※マッチレポートは続報します

■ 48kg級
(エントリー25名)
【入賞者】
1.JEONG, Bokyeong(KOR)
2.MUNKHBAT, Urantsetseg(MGL)
3.KONDO, Ami(JPN)
3.NIKOLIC, Milica(SRB)
5.FIGUEROA, Julia(ESP)
5.MOSDIER, Anais(FRA)
7.CLEMENT, Melanie(FRA)
7.LI, Yanan(CHN)

【3位決定戦】
近藤亜美〇優勢[技有・内股]△アナイス・モスディエール(フランス)
ミリカ・ニコリッツ(セルビア)○優勢[技有・大内返]△ジュリア・フィゲロア(スペイン)

【決勝】
ジョン・ボキョン(韓国)○GS反則[指導3](GS2:17)△ムンクバット・ウランツェツェグ(モンゴル)

【日本代表選手勝ち上がり】

近藤亜美(三井住友海上)
成績:3位

[2回戦]
近藤亜美〇優勢[技有・大外巻込]△メロディ・ブガーニイ(フランス)

[準々決勝]
近藤亜美○優勢[技有・谷落]△ミリカ・ニコリッツ(セルビア)

[準決勝]
近藤亜美△横落(0:25)〇ジョン・ボキョン(韓国)
[3位決定戦]
近藤亜美〇優勢[技有・内股]△アナイス・モスディエール(フランス)

■ 52kg級
(エントリー24名)
【入賞者】
1.KELMENDI, Majlinda(KOS)
2.TSUNODA, Natsumi(JPN)
3.KRASNIQI, Distria(KOS)
3.KUZIUTINA, Natalia(RUS)
5.DELGADO, Angelica(USA)
5.GNETO, Astride(FRA)
7.MENEZES, Sarah(BRA)
7.MIRANDA, Erika(BRA)

【3位決定戦】
ナタリア・クズティナ(ロシア)○(1:31)△アンジェリカ・デルガド(アメリカ)
ディストリア・クラニスキ(コソボ)〇送襟絞(1:00)△アストリーデ・ネト(フランス)

【決勝】
マイリンダ・ケルメンディ(コソボ)○優勢[技有・大内返]△角田夏実

【日本代表選手勝ち上がり】

角田夏実(了德寺学園職)
成績:2位

[1回戦]
角田夏実○腕挫十字固(2:44)△アメリー・ギウ(フランス)

[2回戦]
角田夏実○優勢[技有・大内刈]△ユリア・カザリナ(ロシア)

[準々決勝]
角田夏実〇GS横四方固(GS1:08)△エリカ・ミランダ(ブラジル)

[準決勝]
角田夏実〇優勢[技有・巴投]△ディストリア・クラスニキ(コソボ)

[決勝]
角田夏実△優勢[技有・大内返]〇マイリンダ・ケルメンディ(コソボ)

■ 57kg級
(エントリー23名)
【入賞者】
1.KWON, Youjeong(KOR)
2.RECEVEAUX, Helene(FRA)
3.GNETO, Priscilla(FRA)
3.YOSHIDA, Tsukasa(JPN)
5.GJAKOVA, Nora(KOS)
5.SILVA, Rafaela(BRA)
7.BEAUCHEMIN-PINARD, Catherine(CAN)
7.OJEDA, Aliuska(CUB)

【3位決定戦】
芳田司〇優勢[技有・小外刈]△ノラ・グジャコヴァ(コソボ)
プリシラ・ネト(フランス)○優勢[技有・背負投]△ラファエラ・シウバ(ブラジル)

【決勝】
クォン・ユジョン(韓国)○優勢[技有・小外刈]△エレン・ルスヴォ(フランス)

【日本代表選手勝ち上がり】

芳田司(コマツ)
成績:3位

[2回戦]
芳田司○優勢[技有・左足車]△テレザ・ストル(ドイツ)

[準々決勝]
芳田司○GS技有・縦四方固(GS0:50)△キャサリン・ブーシェミンピナード(カナダ)

[準決勝]
芳田司△GS技有・背負投(GS2:04)○クォン・ユジョン(韓国)

[3位決定戦]
芳田司〇優勢[技有・小外刈]△ノラ・グジャコヴァ(コソボ)

■ 63kg級
(エントリー23名)
【入賞者】
1.TRSTENJAK, Tina(SLO)
2.AGBEGNENOU, Clarisse(FRA)
3.PINOT, Margaux(FRA)
3.WATANABE, Kiyomi(PHI)
5.NOUCHI, Aimi(JPN)
5.RENSHALL, Lucy(GBR)
7.DAVYDOVA, Daria(RUS)
7.MINEI, Miho(JPN)

【3位決定戦】

キヨミ・ワタナベ(フィリピン)〇腕挫十字固(3:36)△ルーシー・レンシャル(イギリス)
マルゴ・ピノ(フランス)○GS反則[指導3](GS1:30)△能智亜衣美

【決勝】

ティナ・トルステニャク(スロベニア)○縦四方固△(3:37)クラリス・アグベニュー(フランス)

【日本代表選手勝ち上がり】

能智亜衣美(筑波大3年)
成績:5位

[2回戦]
能智亜衣美〇優勢[技有・浮落]△バルドルジ・ムングンチメグ(モンゴル)

[準々決勝]
能智亜衣美△反則[指導3](3:24)〇クラリス・アグベニュー(フランス)

[敗者復活戦]
能智亜衣美○反則[指導3](3:14)△ダリア・ダヴィドワ(ロシア)

[3位決定戦]
能智亜衣美△S反則[指導3](GS1:30)○Gマルゴ・ピノ(フランス)

嶺井美穂(桐蔭横浜大1年)
成績:7位

[1回戦]
嶺井美穂〇GS崩上四方固(GS0:41)△ステファニー・トレンブレイ(カナダ)

[2回戦]
嶺井美穂〇優勢[技有・裏投]△マルティナ・トライドス(ドイツ)

[準々決勝]
嶺井美穂△GS大内返(GS2:31)〇マルゴ・ピノ(フランス)

[敗者復活戦]
嶺井美穂△優勢[技有・払巻込]〇ルーシー・レンシャル(イギリス)



※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.