PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]日本勢は優勝なし、五輪王者ケルメンディと決勝争った角田夏実が2位入賞果たす・グランドスラムパリ2017第1日女子

(2017年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]日本勢は優勝なし、五輪王者ケルメンディと決勝争った角田夏実が2位入賞果たす・グランドスラムパリ2017第1日女子
eJudo Photo
五輪王者ケルメンディと決勝を戦う角田夏実

11日に開幕したグランドスラム・パリ大会、初日に4日階級が行われた女子は日本勢の優勝なし。全階級を制した男子とは明暗分かれる結果となった。

リオ五輪48k級銅メダリストの近藤亜美(三井住友海上)は準決勝でライバルのジョン・ボキョン(韓国)に一本負けを喫して3位。優勝候補の最右翼と目された57kg級の芳田司(コマツ)も3位に終わった。期待の若手2人を同時投入した63kg級は内容良しも結果伴わず能智亜衣美(筑波大3年)が5位、嶺井美穂(桐蔭横浜大1年)が7位だった。

52kg級ではグランドスラム東京王者の角田夏実(了徳寺学園職)が気を吐き2位入賞。決勝では五輪王者マイリンダ・ケルメンディ(コソボ)相手に善戦、フルタイム戦ってグランドスラム2大会連続の表彰台を手にした。

各階級の入賞者、決勝ラウンドと日本代表選手全試合の結果は下記。

※マッチレポートは続報します
※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.