PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]日本勢が3階級の王座独占、髙藤直寿は全試合一本勝ちの圧勝・グランドスラムパリ2017第1日男子

(2017年2月12日)

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]日本勢が3階級の王座独占、髙藤直寿は全試合一本勝ちの圧勝・グランドスラムパリ2017第1日男子
eJudo Photo
66kg級2回戦、阿部一二三がキム・リマンから大外刈「一本」

今期最初の「グランドスラム」大会となるIJFワールドツアー・グランドスラムパリ大会は11日、フランス・パリで世界61か国から412名の選手が参加して開幕。

初日は男子3階級、女子4階級の競技が行われ、男子は60kg級の髙藤直寿(パーク24)、66kg級の阿部一二三(日体大1年)、73kg級の橋本壮市(パーク24)と日本勢が全ての階級で優勝を飾った。髙藤は全試合一本勝ちでの優勝、阿部は橋本とともに12月の東京大会に続くグランドスラム連覇達成。

尻上がりに調子を上げた髙藤、強豪なきトーナメントで無人の野を行く強さを見せた阿部、組み手と連動した技で独自の世界を作って他をまったく寄せ付けなかった橋本と日本勢の強さが際立った1日だった。

各階級の入賞者と決勝ラウンドの結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

※マッチレポートは続報します

■ 60kg級
(エントリー41名)

【入賞者】
1.TAKATO, Naohisa(JPN)
2.LUTFILLAEV, Sharafuddin(UZB)
3.PAPINASHVILI, Amiran(GEO)
3.SAFAROV, Orkhan(AZE)
5.KIM, Channyeong(KOR)
5.TAKABATAKE, Eric(BRA)
7.LIMARE, Vincent(FRA)
7.PLAFKY, Moritz(GER)

【3位決定戦】
オルカン・サファロフ(アゼルバイジャン)〇優勢[技有・谷落]△エリック・タカバタケ(ブラジル)
アミラン・パピナシビリ(ジョージア)○優勢[技有・浮落]△キム・チャンヨン(韓国)

【決勝】
髙藤直寿○後袈裟固(3:11)△シャラフディン・ルトフィラエフ(アゼルバイジャン)

【日本代表選手勝ち上がり】

髙藤直寿(パーク24)
成績:優勝

[2回戦]
髙藤直寿○崩袈裟固(2:41)△ヴィンセント・マンクエスト(フランス)

[3回戦]
髙藤直寿○崩袈裟固(2:21)△アルゲン・バキトベク ウウル(キルギスタン)

[準々決勝]
髙藤直寿○小内刈(0:43)△アミラン・パピナシビリ(ジョージア)

[準決勝]
髙藤直寿○一本背負投(3:50)△オルカン・サファロフ(アゼルバイジャン)

[決勝]
髙藤直寿○後袈裟固(3:11)△シャラフディン・ルトフィラエフ(アゼルバイジャン)

永山竜樹(東海大2年)
成績:2回戦敗退

[1回戦]
永山竜樹○優勢[技有・小外刈]△フランシスコ・ガリーゴス(スペイン)

[2回戦]
永山竜樹△優勢[技有・巴投]〇ディヨルベク・ウロズノエフ(ウズベキスタン)

■ 66kg級
(エントリー40名)

【入賞者】
1.ABE, Hifumi(JPN)
2.ARDANOV, Anzaur(RUS)
3.MARGVELASHVILI, Vazha(GEO)
3.SHIKHALIZADA, Nijat(AZE)
5.BOUCHARD, Antoine(CAN)
5.GANBOLD, Kherlen(MGL)
7.FLICKER, Tal(ISR)
7.OLEINIC, Sergiu(POR)

【3位決定戦】
ヴァズハ・マグベラシビリ(ジョージア)〇送足払(0:43)△ガンボルド・ケーレン(モンゴル)
ニジャット・シハリザダ(アゼルバイジャン)○優勢[技有・一本背負投]△アントワーヌ・ブシャー(カナダ)

【決勝】
阿部一二三○優勢[技有・袖釣込腰]△アンザウル・アルダノフ(ロシア)

【日本代表選手勝ち上がり】

阿部一二三(日体大1年)
成績:優勝

[2回戦]
阿部一二三〇大外刈(1:03)△キム・リマン(韓国)

[3回戦]
阿部一二三○大外刈(2:19)△アビルカイル・マウレニン(カザフスタン)

[準々決勝]
阿部一二三○背負投(3:12)△ヴァズハ・マルグヴェラシビリ(ジョージア)

[準決勝]
阿部一二三〇背負投(1:12)アントワーヌ・ブシャー(カナダ)

[決勝]
阿部一二三○優勢[技有・袖釣込腰]△アンザウル・アルダノフ(ロシア)

橋口祐葵(明治大4年)
成績:3回戦敗退

[1回戦]
橋口祐葵○GS指導2(GS0:29)△ボツィダル・テメルコフ(ブルガリア)

[2回戦]
橋口祐葵○GS反則[指導3](GS1:00)△ディミトリ・ミンコフ(ベラルーシ)

[3回戦]
橋口祐葵△優勢[技有・小内巻込]○アンザウル・アルダノフ(ロシア)

■ 73kg級
(エントリー44名)

【入賞者】
1.HASHIMOTO, Soichi(JPN)
2.AN, Changrim(KOR)
3.BUTBUL, Tohar(ISR)
3.HEYDAROV, Hidayat(AZE)
5.BOBOEV, Giyosjon(UZB)
5.ORUJOV, Rustam(AZE)
7.KORVAL, Loic(FRA)
7.SAIYINJIRIGALA,(CHN)

【3位決定戦】
トハル・ブトブル(イスラエル)〇GS技有・小内刈(GS1:21)△ギション・ボボエフ(ウズベキスタン)
ヒダヤト・ハイダロフ(アゼルバイジャン)○GS技有・背負投(GS0:38)△ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)

【決勝】
橋本壮市○GS技有・内股透(GS0:26)△アン・チャンリン(韓国)

【日本代表選手勝ち上がり】

橋本壮市(パーク24)
成績:優勝

[2回戦]
橋本壮市○優勢[技有・袖釣込腰]△トリスタン・アヴァリアニ(フランス)

[3回戦]
橋本壮市○上四方固(1:44)△アレキサンダー・ターナー(アメリカ)

[準々決勝]
橋本壮市○優勢[技有・袖釣込腰]△ヒダヤト・ヘイダロフ(アゼルバイジャン)

[準決勝]
橋本壮市○優勢[技有・袖釣込腰]△トーハル・ブトブル(イスラエル)

[決勝]
橋本壮市○GS技有・内股透(GS0:26)△アン・チャンリン(韓国)



※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.