PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムパリ2017・最終日女子3階級(70kg級、78kg級、78kg超級)プレビュー

(2017年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。
最終日女子3階級(70kg級、78kg級、78kg超級)プレビュー
グランドスラムパリ2017
■70kg級・グランドスラム東京と顔ぶれ変わらず、新井千鶴は準決勝で苦手のポスヴィトと対戦濃厚
(エントリー21名)

今大会もキム・ポリング(オランダ)やユリ・アルベール(コロンビア)らスーパートップ選手の出場はなし。優勝候補は新井千鶴(三井住友海上)と新添左季(山梨学院大2年)のグランドスラム東京で決勝を戦ったばかりの日本勢2人だ。新井は準決勝で苦手としている(2戦2敗)ファニー エステル・ポスヴィト(フランス)と対戦する可能性が高く、ここが唯一最大の山場だとなるはず。新添は決勝まで特筆すべき強豪との対戦はなし。よほどのアクシデントがなければ順当に決勝まで勝ち上がれるはずだ。

【プールA】
第1シード:新井千鶴(三井住友海上)
第8シード:マリア・ペレス(プエルトリコ)
有力選手:サンネ・ファン ダイク(オランダ)

新井の山。対抗馬となるような選手はおらず、出来るだけ「一本」で勝ち上がって勢いをつけたい。

【プールB】
第4シード:エルヴィスマール・ロドリゲス(ベネズエラ)
第5シード:ファニー エステル・ポスヴィト(フランス)
有力選手:アレクサンドラ・サマルジッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、サラ・ロドリゲス(スペイン)

シード選手のエルヴィスマール・ロドリゲス(ベネズエラ)とファニー エステル・ポスヴィト(フランス)の一騎打ち。ロドリゲスは地力の高い強豪だが、ここは試合運びの巧いポスヴィトが地元の声援を背に勝ち上がると予想する。勝敗が揺れる可能性は十分にあり、新井としてはロドリゲスに勝ち上がってきて欲しいところだ。

【プールC】
第2シード:マリー イヴ・ガヒエ(フランス)
第7シード:ケリタ・ズパンシック(カナダ)

シード選手のマリー イヴ・ガヒエ(フランス)とケリタ・ズパンシック(カナダ)の一騎打ち。パワーと圧力が持ち味のガヒエに対して、試合巧者のズパンシックがどのような組み立てを見せるのかに注目したい。左組みのズパンシックは右組みのガヒエとはケンカ四つ。ズパンシックが得意としている相四つ横変形の形を作れないことを考慮すると、勝ち上がりは若くて地力に勝るガヒエと予想しておきたい。

【プールD】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.