PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムパリ2017・第1日女子4階級(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)プレビュー

(2017年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。
第1日女子4階級(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)プレビュー
グランドスラムパリ2017
■48kg級・ムンクバットとジョンの強豪2人が出場、近藤は準決勝でジョンと対戦
(エントリー25名)

海外勢の顔ぶれは昨年末のグランドスラム東京からそれほど変わらず。2013年リオデジャネイロ世界選手権チャンピオンのムンクバット・ウランツェツェグ(モンゴル)とリオデジャネイロ五輪銀メダリストのジョン・ボキョン(韓国)がともに参加しており、グランドスラムの名に恥じないハイレベルなトーナメントとなった。近藤亜美(三井住友海上)は準決勝でジョンと対戦する可能性が濃厚。近藤はこのジョンに直近の対戦(2015年アスタナ世界選手権準決勝)では左の「韓国背負い」で「有効」を奪われて敗れている。地力では決して劣らないが、気持ちで戦うタイプの近藤としては連敗してメンタル的な序列を固定されてしまうことだけは避けたいはず。しっかり借りを返しておきたいところ。逆側の山から勝ち上がってくるであろうムンクバットとは相性が噛み合うだけに、近藤にとってはこの準決勝が最大の山場となりそうだ。

【プールA】
第1シード:ムンクバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
第8シード:モニカ・ウングレアヌ(ルーマニア)
有力選手:シラ・リショニー(イスラエル)

ムンクバットの山。モニカ・ウングレアヌ(ルーマニア)は爆発力のある選手ではなく、序列通りにムンクバットが勝利すると思われる。勝ち上がりはムンクバット。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.