PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムパリ2017・第1日男子3階級(60kg級、66kg級、73kg級)プレビュー

(2017年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。
第1日男子3階級(60kg級、66kg級、73kg級)プレビュー
グランドスラムパリ2017
グランドスラムパリ2017は2月11日(土)と12日(日)の両日、今年も聖地ベルシー体育館(現ACCORHOTELS ARENA)で世界61か国から412名の選手が集結して行われる。

新年度最初のビッグイベントである今大会はリオデジャネイロ五輪後の休養期間を経て海外の強豪が一気に戦線に復帰し、12月のグランドスラム東京までの寂しさが嘘のような豪華な顔ぶれが揃った。4年後の東京五輪に向けての国際的な序列再編はいよいよ今大会から本格スタート、日本勢も今季の世界選手権代表第3次選考として一線級を送り込んでおり、みどころは尽きない。

そして今大会には単なる「勝ち負け」を超えた一大トピックがある。最大の注目点は、1月から試行されている新ルールが、最初のビッグトーナメントであり一流選手が本気で勝ちに来るこの場でどのように運用され、また各国選手がどのように対応してくるかに他ならない。投げによる「一本」の狙い合いという性善説シナリオの一方でネガティブファクターの一として危惧されている想定戦術「変則組み手からの一方的な大技連発」の卸元であるジョージアが一線級を揃えて参加していることもあり、競技、そして審判トレンドと畳上から得られる情報量は莫大。各階級の激戦を、刮目して見守りたい。

■60kg級・役者揃った超豪華トーナメント、永山は異常人揃う死の山に配される
(エントリー41名)

前述の「休養期間を経て強豪が一気に復帰」という大会全体の傾向が最も端的に表れた階級。通常では考えられないような超豪華トーナメントが実現した。グランドスラム東京王者の永山竜樹(東海大2年)は階級の異能者ばかりが集められたプールAに配置され、2回戦で早くもリオデジャネイロ五輪銅メダリストの自爆系大技ファイター・ディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)と対戦することになる。ここで敗れると予選ラウンド敗退という厳しい組み合わせだが、この試合さえ勝ち抜けば決勝戦進出の可能性は十分だ。髙藤直寿(パーク24)は比較的楽なプールDに配されたが、準々決勝ではリオデジャネイロ五輪で敗れたアミラン・パピナシビリ(ジョージア)と対戦する可能性が濃厚。決勝戦で永山と対戦するためにも、ここはしっかりと勝って借りを返しておきたい。

【プールA】
第1シード:ディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)
第8シード:ベキル・オズル(トルコ)
有力選手:フランシスコ・ガリーゴス(スペイン)、ワリーデ・キア(フランス)
日本選手:永山竜樹(東海大2年)

ウロズボエフを筆頭に、永山、ベキル・オズル(トルコ)、ワリーデ・キア(フランス)と常人には考えが及ばない独特の柔道スタイルを持った選手が集まった。ウロズボエフ対永山の勝者がそのまま勝ち上がる可能性が高いが、全員が一発を持っておりどの試合からも目が離せない非常に面白いブロックだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.