PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】足立学園高が初の東京制覇、注目の”最終枠”は修徳高が獲得・第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子団体レポート

(2017年1月30日)

※ eJudoメルマガ版1月30日掲載記事より転載・編集しています。
【ROAD TO 高校選手権】足立学園高が初の東京制覇、注目の”最終枠”は修徳高が獲得
第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子団体レポート
eJudo Photo
第1シードの国士舘高が初戦に臨む

第39回全国高等学校柔道選手権大会(3月19日~20日)の都道府県予選もいよいよ大詰めの最終週、29日には開催地・東京で男女団体戦の予選が行われた。この稿では52チームが参加した男子団体戦の模様をレポートしてみたい。

例年の2枠に加え、昨年度本戦での決勝出場地区に与えられる2枠を独占した本年度東京男子の全国大会進出枠は合計実に「4」。しかし過去3代に渡って全国高校3冠全てを独占した東京都の今年度の競技レベルは、その反動というわけではないだろうが、過去ちょっと記憶にないほど高くない。東京都の上位イコール全国大会の上位という図式が通用する状況ではまったくなく、「バブルの直後だから」と自嘲する都関係者の声は妥当かつ率直なところだろう。最大の出場枠を確保した年がもっとも競技力が低いという、まことに皮肉なめぐりあわせとなってしまった。

そんな中、優勝候補の筆頭に挙げられるのはやはり国士舘高。スター選手が揃った過去2代と打って変わって小粒な陣容だが、我は国士舘なりというプライドと鍛え抜かれた試合力の高さ、そして前代の遺産であるシード権をテコに松尾杯と若潮杯の大型招待試合2大会で3位に滑り込む健闘を見せた。戦闘力も着々と増し、同時に全国大会のシード権の根拠となり得る「推薦せざるを得ない実績」を順調に積み上げつつある。全国的に2年生世代が不作で有力校少なき今年度の事情もあり、この都大会で第1代表の座を獲得すればシード権どころか論理上「四つ角」のAシードにピックアップされる可能性すらある。

対抗馬は足立学園高。エースの山本瑛介は招待試合シリーズで全国屈指というべき得点力を見せたばかりの大型選手であり、絶対的ポイントゲッターの保有という抜き試合レギュレーションの勝利条件にチームの特性が噛み合う。先週行われた東京都無差別の決勝では切所の判断ミスで意外な一本負けを喫してしまったが、これが上昇の糧となるか、はたまたあの日見せてしまった意外な弱気とシリーズ中徐々に「取り味」が減り始めていた現実に押しつぶされてしまうのか、正負いずれにこの影響が出るかがまず1つの鍵。続く分岐要素は、周囲が山本を生かしきれず成績を残せなかった招待試合シリーズの出来を踏まえて60kg級インターハイ王者・武岡毅ら強気の軽量選手がどこまで活躍するかと、明らかに今代の選手構成ではキーマンでありながら今シーズン一貫して元気のない白石隼人の復活の有無。

そしてこの両チームに続く日体荏原高までの3校が全国大会出場のいわば「圏内」、順位はともかく全国大会出場という観点からはほぼ安全圏に位置すると観測される。

残る1枠の争いがまことに熾烈だ。タレントの数で言えば、ポイントゲッター近藤駿介を軸に昨年度全国中学大会団体優勝メンバーである今田光星と中田航成、金野晃大の才能ある1年生3枚を擁する安田学園、大砲の保有という観点でいえば東京都無差別代表の戸髙竜之介を抱える八王子学園、チームワークと上昇機運を買うならば前週の個人戦で招待試合シリーズとは打って変わって個々が好パフォーマンスを見せた修徳高。この3校によるマッチレースとみておくべきだろう。

大会方式はトーナメント。決勝に進んだ2チームはその時点で全国大会進出が確定し、残る2枠は、準々決勝進出校によるレペチャージ方式(国際大会と同様)の代表決定トーナメントを勝ち抜いた3位校2つに与えられることとなる。

前年度実績から選ばれたシード校は国士舘(Aブロック)、修徳(Bブロック)、日体荏原(Cブロック)、足立学園(Dブロック)の4校。「残り1枠」の有力候補である2校については、抽選の結果安田学園が修徳の山(Bブロック)に、八王子学園が足立学園の山(Dブロック)に配された。

まずは有力各校の勝ち上がりを中心に、順位決定トーナメント参加資格のあるベスト8までの勝ち上がりを簡単に紹介してみたい。

■1回戦~準々決勝

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.