PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]全国大会進出の4校決まる、第1代表は足立学園高・第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子団体

(2017年1月29日)

※ eJudoメルマガ版1月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]全国大会進出の4校決まる、第1代表は足立学園高
第39回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子団体
eJudo Photo
準決勝、副将同士の対決で足立学園高・山本瑛介が日体荏原高・塚本綾から小外掛「一本」。

第39回全国高等学校柔道選手権大会(3月19日~20日、日本武道館)の東京都団体戦の予選がきょう29日に東京武道館で行われた。

男子は足立学園高が優勝し全国大会第1代表の座を獲得。

従来の2枠に加え、前年度本戦で決勝に出場した地区に与えられる2枠を独占した東京都に本年度与えられる全国大会出場枠は合計「4」。本年度の出場権は足立学園のほか、決勝に進出した国士舘高、準々決勝進出校で行われるレペチャージ方式の代表決定戦を勝ち上がった日体荏原高と修徳高が勝ち得ることとなった。

入賞校と準々決勝以降のスコア、準決勝と第3代表決定戦および決勝の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の足立学園高

【入賞校】
(エントリー52チーム)

優 勝:足立学園高
準優勝:国士舘高
第三位:日体荏原高、修徳高

【準々決勝】

国士舘高〇三人残し△東海大高輪台高
修徳高〇一人残し△安田学園高
日体荏原高〇三人残し△明大中野高
足立学園高〇二人残し△八王子学園高

【第3・4代表決定トーナメント1回戦】

八王子学園高〇一人残し△明大中野高
安田学園高〇一人残し△東海大高輪台高

【準決勝】

国士舘高〇一人残し△修徳高
(先)三谷大〇優勢[僅差]△川本昂享(先)
(先)三谷大△合技[支釣込足・横四方固](2:02)〇宮崎雷也(次)
(次)渡辺将一△優勢[有効・支釣込足]〇宮崎雷也(次)
(中)長島光希〇上四方固(0:55)△宮崎雷也(次)
(中)長島光希〇支釣込足(0:13)△鈴木謙太朗(中)
(中)長島光希△袖釣込腰(1:34)〇中村力也(副)
(副)織茂友多郎〇上四方固(0:50)△中村力也(副)
(副)織茂友多郎×引分×仲島聖悟
(大)清水雅義

足立学園高〇二人残し△日体荏原高
(先)武岡毅〇優勢[技有・隅落]△内藤彪我(先)
(先)武岡毅△優勢[僅差]〇菅原孝希(次)
(次)上領教史郎×引分×菅原孝希(次)
(中)白石隼人×引分×村上朋也(中)
(副)山本瑛介〇小外掛(1:20)△塚本綾(副)
(副)山本瑛介〇合技[大内刈・横四方固](2:30)△森大将(大)
(大)吉井拓実


【第3・4代表決定戦】

修徳高〇一人残し△八王子学園高
(先)川本昂享△優勢[有効・払巻込]〇櫻井怜央(先)
(次)仲島聖悟〇内股透(0:28)△櫻井怜央(先)
(次)仲島聖悟〇背負投(0:41)△山田征弥(次)
(次)仲島聖悟×引分×嘉部拓郎(中)
(中)鈴木謙太朗×引分×藤井海斗(副)
(副)中村力也×引分×戸髙竜之介(大)
(大)宮崎雷也

日体荏原高〇三人残し△安田学園高
(先)菅原孝希〇優勢[僅差]△中田航成(先)
(先)菅原孝希〇優勢[有効・大内返]△杉山寛恭(次)
(先)菅原孝希△優勢[僅差]〇金野晃大(中)
(次)内藤彪我〇支釣込足(1:41)△金野晃大(中)
(次)内藤彪我〇優勢[有効・小外刈]△近藤駿介(副)
(次)内藤彪我△払腰(2:53)〇今田光星(大)
(中)村上朋也〇合技[払腰・後袈裟固](2:45)△今田光星(大)
(副)塚本綾
(大)森大将

【決勝】

足立学園高〇代表戦△国士舘高
(先)武岡毅〇優勢[技有・小外掛]△三谷大(先)
(先)武岡毅△横四方固(0:36)〇長島光希(次)
(次)上領教史郎×引分×長島光希(次)
(中)白石隼人×引分×酒井陸(中)
(副)吉井拓実×引分×織茂友多郎(副)
(大)山本瑛介×引分×清水雅義(大)
(代)山本瑛介〇優勢[有効・谷落]△織茂友多郎(代)





※記事・記録の無断転用および転載を禁じます

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版1月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.