PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

渡邉勇人が負傷、グランドスラムパリを欠場

(2017年1月24日)

※ eJudoメルマガ版1月24日掲載記事より転載・編集しています。
渡邉勇人が負傷、グランドスラムパリを欠場
全日本柔道連盟は23日、昨年11月の講道館杯を制した渡邉勇人(了徳寺学園職)がグランドスラム・パリ大会(2月11日~12日)を欠場することを発表した。12月のグランドスラム東京直後の国際合宿で左膝前十字靭帯を損傷、なお1か月から2か月の安静加療が必要とされるため。

渡邊は膝手術のため長期欠場、昨夏に復帰して好パフォーマンスを披露していたが、無念の再離脱となった。グランドスラム・パリ代表の欠場は11日に発表されていたベイカー茉秋(東海大4年・昨年2月に負傷した右肩の療養継続のため)に続き2人目となる。

※ eJudoメルマガ版1月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.