PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

男子代表が強化合宿公開、レスリング体験で接近戦対応磨く

(2017年1月10日)

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。
男子代表が強化合宿公開、レスリング体験で接近戦対応磨く
eJudo Photo
レスリング代表選手の実演解説を熱心に見守る日本男子チーム

eJudo Photo
クラッチの説明に熱心に耳を傾ける指導陣

9日から味の素ナショナルトレーニングセンターで行われている男子の全日本強化合宿が10日、報道陣に公開された。
年末に総合格闘家の青木真也氏を招いたばかりの男子代表だが、今度はレスリングとコラボ。グレコローマン日本代表からコーチを招いて「胴タックル」(肩車)、「巻き投げ」「首投げ」「一本背負い」「反り投げ」「横捨て身」「俵返し」「ローリング」「股裂き」「がぶり返し」などのレスリング技術の講習を受けた。講習の前後には厳しいことで知られるレスリングの補強練習もこなし、選手たちは疲労困憊。

井上康生監督は「世界の柔道では接近戦の重要性がますます高まっている。日本選手は間合いを使った柔道が得意だが、『間合い抜き』の体力を駆使した技に対応する技術が必要」とこの稽古のねらいを説明。意欲的に取り組んでいたリオ五輪100kg級銅メダリストの羽賀龍之介は「すぐに自分の技として使えなくとも、知ることで戦いに生かすことが大事。非常に参考になった」と充実の表情。100kg超級銀メダリストの原沢久喜も「捌き方やディフェンスが勉強になった」とパワーファイター対策に手ごたえを感じた様子だった。

井上監督と羽賀、原沢両選手のコメント要旨は下記。

eJudo Photo
羽賀龍之介と橋本壮市のスパーリング

eJudo Photo
レスリング系の技が得意な髙藤直寿は代表選手とのスパーリングに挑む

eJudo Photo
ベイカー茉秋も意欲的

eJudo Photo
レスリング式の補強にも時間が割かれた

井上康生監督のコメント
「今、世界の柔道では接近戦が非常に重要。日本は間合いを使った戦いが得意だが、それを踏まえた上で接近しての戦いに取り組むことも大事です。グレコローマンの接近しての技術を学ぶことで選手の柔道の幅が広がるし、色々な分野の技術に触れることで様々な考え方や創造性を身につけてほしい。新ルールについては様々な想定をしているが、技で勝負を決めたいというIJFの『性善説』に対してあくまで勝ちを求める選手たちが実際にどのように反応するか、審判がどう取るかはやってみないとわからない部分がどうしてもある。選手には、とにかく対応力がないものは取り残されるぞと話しています」

羽賀龍之介選手のコメント
「(レスリング講習を終えて)必要とされるものが違うし、いくつもやっていない練習があって体力的にはきつかった。技術的には、自分たちは柔道衣に守られていますがそれがないぶん、指先の使い方などギリギリの技術が高いなと思いました。『巻き投げ』は去年流行した技でモンゴル勢もかなりやっていた。ですのでディフェンスは即効性があります。なかなか個人では参加出来ない貴重な機会、自分はすぐに技に生かすタイプではないのですが、知ることで戦いに生かしていくことが大事。その点で、青木さんの講習も今回もとても参考になりました。(-4年後に向けて)とにかく維持ではダメ。体力ももちろん、技術もこういう細かいことを積んでレベルアップしていきたい。組み手も、自分の中で苦手にしている形があるまま五輪を戦ったところがあって、まずはそこから。とにかく維持ではなくレベルアップ、『質』を大事に4年間を戦いたい。(-全日本選手権について?)正直挑戦したい気持ちは大きいです。そこでしか対戦できない選手もいるし、歴代の100kg級王者は全日本を取っている。権利はあるので、挑戦したいです」

原沢久喜選手のコメント
「(-レスリング講習を終えて?)重量級はお互い体も力もあるので、技はなかなか難しいですが(苦笑)、捌き方やディフェンスは参考になりました。(-2020年に向けて?)リオでは『残り1、2年』というところから五輪を目指したのですが、今回は4年という長いスパン。まだ明確に『こうすれば』というものはない。(-リネールとの再戦について?)そもそも出てくるか、どういう状態で出てくるかはわからないけど、リオと同じような戦いでは勝てない。違った形でやるのが大事。ケガしていてあまり稽古できていなかったので、今は調子をもどすことに主眼を置いています。(-新たな挑戦は?)一つ、二つ持ち技を増やしたい。イメージは担ぎ技ですがなかなかできないので(笑)、体落や、足技など繋ぎの技を考えていきたい」

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.