PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】2日連続ベストメンバー稼働、エース阿部詩押し立て夙川学院高が初優勝飾る・第33回若潮杯武道大会女子

(2016年12月27日)

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。
【ROAD TO 高校選手権】2日連続ベストメンバー稼働、エース阿部詩押し立て夙川学院高が初優勝飾る・第33回若潮杯武道大会女子
eJudo Photo
準決勝、夙川学院高の中堅岡田萌が南筑高・上津原萌芽から移腰「一本」

第33回若潮杯武道大会は27日、国際武道大学第1武道館(勝浦市)で全国から選抜された男女それぞれ16校が参加して行われ、女子は夙川学院高(兵庫)が初優勝を飾った。

夙川学院は前日の水田三喜男杯を制した阿部詩、岡田萌、吉峰茉母絵のレギュラー3枚を中心に布陣。予選リーグでは帝京高(東京)と1-1で引き分けて1位通過を逃したが、以後は阿部と岡田が取って吉峰が守る得意の形を徹底。決勝トーナメント1回戦では富士学苑高(山梨)に3-0で快勝、山場と目された準決勝は絶対的なエース素根輝を大将に置く南筑高(福岡)を相手に阿部と岡田で先に2点を挙げる会心の試合を演じて2-1で勝利。埼玉栄高(埼玉)との決勝でも阿部の挙げた先制点をテコに2-0で勝利して優勝を決めた。

松本純一郎監督は「個人戦と団体戦が続く高校選手権は精神的に過酷、そこを想定して敢えて厳しい日程を組んだ」と2日連続となるビッグゲーム参加の因を説明、「阿部と岡田が取らなければいけない状況も体験出来たし、普段は出来ない最高の稽古が出来ました。」と満足気に語り、「全国大会では優勝しか考えていない」と覚悟ある言葉で大会を締めた。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
初優勝の夙川学院高

【入賞者】

優 勝:夙川学院高(兵庫)
準優勝:埼玉栄高(埼玉)
第三位:帝京高(東京)、南筑高(福岡)

【決勝トーナメント1回戦(準々決勝)】

埼玉栄高(埼玉) 2-1 横須賀学院高(神奈川)
(先)上ノ原美玲△反則○渡邉聖子
(中)富沢佳奈○上四方固△山田ひまわり
(大)都結乃○払腰△井上明日香

帝京高(東京) 2-0 藤枝順心高(静岡)
(先)大森生純×引分×山上春奈
(中)熊木悠花○袈裟固△梶田朱里
(大)高橋瑠璃○上四方固△池田沙也

南筑高(福岡) 2-0 八千代高(千葉)
(先)古野彩佳×引分×横山澄香
(中)上津原萌芽○横四方固△野口佳奈
(大)素根輝○外巻込△吉田菜美

夙川学院高(兵庫) 3-0 富士学苑高(山梨)
(先)阿部詩○大外刈△新井美香
(中)岡田萌○優勢[技有・大外刈]△結城彩乃
(大)吉峰茉母絵○優勢[有効・払腰]△簑和田奈未子

【準決勝】

埼玉栄高 1-0 帝京高
(先)上ノ原美玲×引分×大森生純
(中)富沢佳奈○内股(2:24)△熊木悠花
(大)都結乃×引分×高橋瑠璃

夙川学院高 2-1 南筑高
(先)阿部詩○優勢[有効・大内刈]△古野彩佳
(中)岡田萌○移腰(2:50)△上津原萌芽
(大)吉峰茉母絵△払巻込(1:25)○素根輝


【決勝】

夙川学院高 2-0 埼玉栄高
(先)阿部詩○優勢[有効・内股]△上ノ原美玲
(中)岡田萌×引分×富沢佳奈
(大)吉峰茉母絵○優勢[僅差]△都結乃

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.