PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】桐蔭学園高が優勝、ライバル崇徳高と大成高を立て続けに破る・第16回水田三喜杯争奪選抜高等学校柔道大会男子

(2016年12月26日)

※ eJudoメルマガ版12月26日掲載記事より転載・編集しています。
【ROAD TO 高校選手権】桐蔭学園高が優勝、ライバル崇徳高と大成高を立て続けに破る・第16回水田三喜杯争奪選抜高等学校柔道大会男子
eJudo Photo
準決勝のポイントゲッター対決、桐蔭学園高の関根聖隆が崇徳高・長岡季空から一本背負投「技有」

第16回田三喜杯争奪選抜高等学校柔道大会(主催:城西国際大学)は26日、城西国際大学スポーツ文化センター(東金市)で男子58チーム、女子36チームが参加して行われ、男子は桐蔭学園高(神奈川)が4年ぶり3度目の優勝を飾った。桐蔭学園は10月の朱雀杯、23日の松尾杯に続き今シーズン3つ目のビッグタイトル獲得。

桐蔭学園は準決勝で、松尾杯で決勝を争ったばかりの崇徳高(広島)と再戦。事実上の決勝と目されたこの試合は先鋒戦、次鋒戦と落とす苦しい出だしだったが中堅戦のエース対決で関根聖隆が長岡季空から背負投「技有」を奪って貴重な勝利。副将戦を引き分けたのち、大将村尾三四郎が安井彪翔を大内刈「一本」に沈め、2対2の内容差で逆転勝利を決めた。

迎えた決勝は黒潮旗大会で敗れた大成高(愛知)とのリベンジマッチ。先鋒村尾が大西陸斗から内股「技有」、大内刈「一本」と連取して先制すると、1-1のタイスコアで迎えた中堅戦では佐藤虎太郎が体格差を跳ね返し小田和紀から袖釣込腰で「有効」「技有」と連取して勝ち越しに成功。副将戦の引き分けを受けた大将戦では大黒柱の関根が三輪魁星を一本背負投「一本」に仕留めてダメ押し、通算スコア3-1の大差で優勝を決めた。

ポイントゲッター賀持喜道を負傷で欠きながらの2大会連続優勝に、高松正裕監督は「どの選手も自分の柔道、自分の役割がだんだんわかって来ている」と手ごたえを感じた模様。しかし一方でその笑顔に解放感はなし。「神奈川県大会は独特、まったく違う戦いが待っている」と1月の高校選手権予選を睨んで最後まで気を緩める様子はなかった。

入賞者と準々決勝のスコア、準決勝と決勝の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の桐蔭学園高

【入賞者】

優 勝:桐蔭学園高(神奈川)
準優勝:大成高(愛知)
第三位:木更津総合高(千葉)、崇徳高(広島)
優秀校:近江高(滋賀)、埼玉栄高(埼玉)、四日市中央工高(三重)、市立習志野高(千葉)

最優秀選手:関根聖隆(桐蔭学園高)
優秀選手:村尾三四郎(桐蔭学園高)、東部直希(大成高)、大淵泰志郎(木更津総合高)、神垣和成(崇徳高)、牧本聡真(近江高)、西願寺哲平(埼玉栄高)、關龍聖(市立習志野高)、石川大夢(四日市中央工高)

【準々決勝】

大成高(愛知) ①-1 埼玉栄高(埼玉)
木更津総合高(千葉) 1-0 近江高(滋賀)
桐蔭学園高(神奈川) 3-0 四日市中央工高(三重)
崇徳高(広島) 3-0 市立習志野高(千葉)

【準決勝】

大成高 3-1 木更津総合高
(先)三輪魁星○小外刈(2:37)△井上泰司
(次)藤鷹裕大×引分×浅野史恩
(中)大西陸斗○優勢[技有・大外刈]△坂東虎之助
(副)東部直希○小外刈(1:02)△伊藤大輔
(大)小田和紀△合技[支釣込足・横四方固]○大淵泰志郎

桐蔭学園高 ②-2 崇徳高
(先)佐藤虎太郎△優勢[僅差]○枇杷木勇樹
(次)湯本祥真△内股(1:32)○神垣和也
(中)関根聖隆○優勢[技有・一本背負投]△長岡季空
(副)千野根有我×引分×兼藤仁士
(大)村尾三四郎○大外刈(1:37)△安井彪翔

【決勝】

桐蔭学園高 3-1 大成高
(先)村尾三四郎○大内刈(2:58)△大西陸斗
(次)千野根有我△合技[小外掛・横四方固](2:28)○東部直希
(中)佐藤虎太郎○優勢[技有・袖釣込腰]△小田和紀
(副)湯本祥真×引分×藤鷹裕大
(大)関根聖隆○一本背負投(0:53)△三輪魁星

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版12月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.