PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

総合格闘家・青木真也氏が男子日本代表に寝技を指導、ベイカー茉秋らが「ギロチンチョーク」学ぶ

(2016年12月23日)

※ eJudoメルマガ版12月23日掲載記事より転載・編集しています。
総合格闘家・青木真也氏が男子日本代表に寝技を指導、ベイカー茉秋らが「ギロチンチョーク」学ぶ
eJudo Photo
ギロチンチョークを教える青木と真剣に聞き入る日本代表の選手たち

eJudo Photo
海老沼匡にギロチンチョークを試みる大野将平

23日、味の素トレーニングセンターにおいて柔道男子代表合宿の公開練習が行われた。

合宿は21日から行われており、この日は総合格闘家の青木真也を招いて寝技講習が行われた。井上康生監督発案のもと、金野潤委員長が監督を務める日本大学で青木が寝技指導を行っていた縁で実現したとのこと。井上監督は「技術や精神的なことなど私の持っていないことを教えていただく」とその目的を語った。

この日は午前中の練習時間全てが青木の寝技講習に費やされ、腕挫十字固のポイントや絞技としての肩固、ギロチンチョークなどについて講義が行われた。寝技のプロフェッショナルである青木の指導に男子代表の選手たちは真剣に聞き入り、練習終了後にも居残りで青木に質問する選手も見られた。

リオデジャネイロ五輪金メダリストのベイカー茉秋は「尊敬する選手に寝技を間近で教えてもらえて非常に勉強になりました。青木選手のように格好良く極めたいですが、寝技が苦手なので練習していきたいです」と語り感激の面持ちだった。

井上監督およびベイカー、青木両選手のコメント要旨は下記。

eJudo Photo
髙藤直寿に腕挫十字固を教える青木

eJudo Photo
ベイカーが青木の前でギロチンチョークを試みる

eJudo Photo
グリップについて指導する青木

井上康生監督のコメント
「柔道の選手はアマチュアですが、五輪を目指すことについてはプロに近いと考えています。青木さんには寝技はもちろん、精神的な部分、プロの意識や戦うためのメンタルについても教えていただきたい。今後も選手に色々な知識を与えたいと考えています。年明けの1月にはレスリングのグレコローマンスタイルの選手に講義を行っていただく予定です。」

ベイカー茉秋選手のコメント
「昔から青木選手が好きでした。尊敬する選手に寝技を間近で教えてもらえて、非常に勉強になりました。特に絞技がとても上手で、非常にポイントを押さえているなと思いました。青木選手のように格好良く極めたいですが、寝技が苦手なのでこれから練習していきたいです。知らない技術は自分の弱さでもあるので、それを知ることが出来たことは良かったです。」

青木真也選手のコメント
「大学柔道をクビになった自分が、全日本の合宿に呼んでもらえたことが感慨深いです。ここまで早く柔道が新しいものを取り入れるように変わったのは驚きですし、今後も聞いてもらえれば是非教えていきたいです。私を見て、こんな奴もいるんだなと思って感じ取ってもらえれば。今日教えた選手たちは優秀なアスリートでありアーティスト。私が置いていった技術を自分のものとして作ってくれるはずです。私は技術を置いていくだけです。(-新しい技術を開発する上で重要なものは?)情報です。柔道やサンボ、レスリングなど、その競技を理解した上で見て、自分の競技に使える技術を見つけています。今はYouTubeなどで新しい技術を見ることが出来る。今は技術を隠すことが出来ない時代だと思いますので、だからこそ沢山情報を持っている人間が強い。人から教わるのではなく自分で情報を収集していく、自立してやっていくことが重要です。」



取材:林さとる

※ eJudoメルマガ版12月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.