PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

IJFが新ルール概要を発表、「有効」ポイントと合技「一本」は消滅

(2016年12月10日)

※ eJudoメルマガ版12月10日掲載記事より転載・編集しています。
IJFが新ルール概要を発表、「有効」ポイントと合技「一本」は消滅
国際柔道連盟(IJF)は、9日、2020年東京五輪まで施行される新ルール案の概要を発表した。

技の評価「有効」は消滅し、攻撃ポイントは「技有」と「一本」の2つのみとなる。従来の「有効」評価は「技有」に含まれる。また、合技の「一本」が廃止され、「技有」は複数獲得しても「一本」とはならないことも併せて明記された。

反則ポイントについては、「指導」は3つのみで反則負け(従来は4つ)、所謂「足取り」は1度目は「指導」が与えられ2度目で反則負けとなるとのこと。噂されていた抑え込み時間の短縮は為されず、現状通り10秒でポイント、20秒での「一本」が維持された。

新ルールは2017年1月のワールドツアーから適用、2017年夏の世界選手権終了までが試験導入期間となる。

IJFによるリリース全文は下記。

https://www.ijf.org/news/show/adapted-rules-of-the-next-olympic-cycle
(外部サイト)

※ eJudoメルマガ版12月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.