PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

朝比奈沙羅が念願の初優勝、78kg級は佐藤瑠香が4年ぶりに制す・グランドスラム東京2016最終日女子

(2016年12月4日)

※ eJudoメルマガ版12月4日掲載記事より転載・編集しています。
朝比奈沙羅が念願の初優勝、78kg級は佐藤瑠香が4年ぶりに制す・グランドスラム東京2016最終日女子
eJudo Photo
78kg超級決勝、朝比奈沙羅が素根輝を払腰で攻める

eJudo Photo
78kg級決勝、佐藤瑠香がパク・ユジンを寝技で攻める

グランドスラム東京大会は4日、東京体育館で最終日の男子3階級、女子2階級の計5階級の競技が行われた。

女子78kg超級は朝比奈沙羅(東海大2年)が念願の初優勝。準決勝ではこれまでなかなか勝つことができなかった、リオデジャネイロ五輪3位の山部佳苗(ミキハウス)を右浮落と横四方固の「一本」で破った。海外勢がほとんど参加しない評価の難しい大会であったが、朝比奈にとっては山部越えを果たしてのグランドスラム優勝という非常に意味のある1日となった。

シニア国際大会デビューとなった素根輝(南筑高1年)は準優勝を果たし、国際大会でも十分その力が通用することを示した。朝比奈に敗れた山部は3位決定戦でブラジルの2番手であるロシュレ・ヌネス(ブラジル)と対戦、「指導4」の反則で勝利して表彰台は確保した。昨年の優勝者である稲森奈見(三井住友海上)は準々決勝で素根に「指導2」で敗れ、敗者復活戦でもヌネスに隅落「有効」で敗れて最終成績は7位だった。

女子78kg級は佐藤瑠香(コマツ)が4年ぶりの優勝。決勝戦ではダークホースのパク・ユジン(韓国)を「指導1」差で破った。佐藤は「内容には満足できない」と不満げだったが、4月の選抜体重別、11月の講道館杯に続いての優勝で再び国内序列の一番手に浮上した格好。リオデジャネイロ五輪代表の梅木真美(環太平洋大4年)は準決勝で佐藤に敗れたものの、3位決定戦でクロラ・アポテイカー(セルビア)に勝利して3位は確保、髙山莉加(三井住友海上)も3位に入賞した。もと世界選手権銀メダリストの緒方亜香里(了徳寺学園職)は準々決勝で髙山に横四方固「一本」で敗れ、敗者復活戦でもアポテイカー相手に谷落「一本」を食らって表彰台には手が届かなかった。

各階級の成績上位者と日本代表選手の成績、準決勝以降の結果は下記。

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級優勝の佐藤瑠香

(エントリー13名)

【成績上位者】

優 勝:佐藤瑠香(コマツ)
準優勝:パク・ユジン(韓国)
第三位:梅木真美(環太平洋大4年)、髙山莉加(三井住友海上)

【日本代表選手成績】

佐藤瑠香(コマツ) 1位
梅木真美(環太平洋大4年) 3位 
髙山莉加(三井住友海上) 3位
緒方亜香里(了徳寺学園職) 7位

【準決勝】

パク・ユジン(韓国)○GS優勢[指導1](GS2:50)△髙山莉加
佐藤瑠香○優勢[有効・小外掛]△梅木真美

【3位決定戦】

梅木真美◯GS優勢[有効・大内返](GS1:53)△クララ・アポテイカー(スロベニア)
髙山莉加○横四方固(2:23)△アンナマリア・ワグナー(ドイツ)

【決勝】

佐藤瑠香○優勢[指導1]△パク・ユジン(韓国)

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級優勝の朝比奈沙羅

(エントリー13名)

【成績上位者】

優 勝:朝比奈沙羅(東海大2年)
準優勝:素根輝(南筑高1年)
第三位:山部佳苗(ミキハウス)、スウ・シン(中国)

【日本代表選手成績】

朝比奈沙羅(東海大2年) 1位
素根輝(南筑高1年) 2位 
山部佳苗(ミキハウス) 3位
稲森奈見(三井住友海上) 7位

【準決勝】

朝比奈沙羅○GS優勢[指導2](GS0:40)△素根輝
素根輝○合技[背負投・横四方固](2:44)△イ・インジュ(韓国)

【3位決定戦】

山部佳苗○反則[指導4](3:41)△ロシュレ・ヌネス(ブラジル)
スウ・シン(中国)○合技[小外刈・横四方固](0:27)△イ・インジュ(韓国)

【決勝】

朝比奈沙羅○GS優勢[指導2](GS0:40)△素根輝

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版12月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.