PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

芳田司が大会連覇達成、激戦48kg級はムンクバットが制す・グランドスラム東京2016第1日女子

(2016年12月2日)

※ eJudoメルマガ版12月2日掲載記事より転載・編集しています。
芳田司が大会連覇達成、激戦48kg級はムンクバットが制す・グランドスラム東京2016第1日女子
eJudo Photo
52kg級決勝、角田夏実が阿部詩から腕挫十字固「一本」。角田はこの日4戦して3戦をこの技で勝利した。

eJudo Photo
57kg級決勝、延長戦で芳田司が宇髙菜絵を攻める

2016年IJFワールドツアーの最終戦であるグランドスラム・東京大会は2日、東京体育館で開幕。初日は男女計5階級の競技が行われた。

ジョン・ボキョン(韓国)、ガルバトラフ・オトコンツェツェグ(カザフスタン)、近藤亜美(三井住友海上)とリオデジャネイロ五輪のメダリストが3人揃った48kg級は、13年リオ世界選手権王者のムンクバット・ウランツェツェグ(モンゴル)が優勝。準決勝では前戦で近藤亜美を破った渡名喜風南(帝京大3年)を「指導1」の優勢で振り切り、決勝は五輪銀メダルのジョン・ボキョン(韓国)を「指導2」で下した。渡名喜は準々決勝で組まれた近藤との直接対決をGS延長戦小外掛「技有」で勝利したが、準決勝でムンクバットに敗れて最終成績は3位。近藤は3位決定戦でガルバトラフ得意の裏投を食って「有効」を先制されたが終盤大内刈「有効」を奪回、結果「指導1」優勢で勝利し、同じく表彰台は確保した。

高校1年生阿部詩(夙川学院高)の豪快な投げに沸いた52kg級はベスト4を全て日本勢が占めるというサバイバルマッチ。結果、決勝で阿部を腕挫十字固「一本」で破った角田夏実(了徳寺学園職)が11月の講道館杯に続く優勝を果たした。角田は準決勝でも志々目愛(了徳寺学園職)をこの技で破っており、4試合中3試合を腕挫十字固で勝利するという寝業師ぶりを発揮しての勝利だった。

57kg級は芳田司(コマツ)が2連覇達成。勝負どころの準決勝では五輪銀メダリストのドルジスレン・スミヤ(モンゴル)から左大外刈「技有」、左小外刈「有効」、腕挫十字固「一本」と立て続けに奪って快勝。同門の先輩宇髙菜絵との決勝では合計試合時間9分41秒という激戦を勝ち抜き、「指導1」の優勢で勝利した。

各階級の成績上位者と日本代表選手の成績、準決勝以降の試合結果は下記。

■ 48kg級
(エントリー25名)

【成績上位者】

優 勝:ムンクバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
準優勝:ジョン・ボキョン(韓国)
第三位:近藤亜美、渡名喜風南

【日本代表選手成績】

渡名喜風南(帝京大3年) 3位
近藤亜美(三井住友海上) 3位
遠藤宏美(ALSOK) 5位
森﨑由理江(A-LINE) 1回戦敗退

【準決勝】

ジョン・ボキョン(韓国)○GS有効・支釣込足](GS1:48)△ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)
ムンクバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○優勢[指導1]△渡名喜風南

【3位決定戦】

渡名喜風南◯GS優勢[指導1](GS0:40)△遠藤宏美
近藤亜美○優勢[指導1]△ガルバトラフ・オトコンツェツェグ(カザフスタン)

【決勝】

ムンクバット・ウランツェツェグ(モンゴル)◯優勢[指導2]△ジョン・ボキョン(韓国)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級を制した角田夏実

(エントリー19名)

【成績上位者】

優 勝:角田夏実(了徳寺学園職)
準優勝:阿部詩(夙川学院高1年)
第三位:志々目愛(了徳寺学園職)、立川莉奈(福岡大2年)

【日本代表選手成績】

角田夏実(了徳寺学園職) 優勝
阿部詩(夙川学院高1年) 2位
志々目愛(了徳寺学園職) 3位
立川莉奈(福岡大2年) 3位


【準決勝】

角田夏実○腕挫十字固(2:41)△志々目愛
阿部詩○大外刈(0:39)△立川莉奈

【3位決定戦】

立川莉奈◯優勢[指導1]△シャーリーン・ファンスニック(ベルギー)
志々目愛○横四方固(1:05)△ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)

【決勝】

角田夏実◯腕挫十字固(3:38)△阿部詩

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級優勝の芳田司

【成績上位者】

優 勝:芳田司(コマツ)
準優勝:宇高菜絵(コマツ)
第三位:玉置桃(三井住友海上)、ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)

【日本代表選手成績】

芳田司(コマツ) 優勝
宇高菜絵(コマツ) 2位
玉置桃(三井住友海上) 3位
石川慈(コマツ) 5位

【準決勝】

芳田司◯腕挫十字固(3:39)△ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)
宇髙菜絵◯体落(2:20)△玉置桃

【3位決定戦】

玉置桃○GS指導1(GS2:17)△石川慈
ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)◯優勢[有効・背負投]△エレン・ルスヴォ(フランス)

【決勝】

芳田司○GS指導1(GS5:41)△宇髙菜絵

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版12月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.