PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

朝飛道場が5連覇達成・平成28年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部

(2016年9月19日)

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。
朝飛道場が5連覇達成・平成28年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部
eJudo Photo
決勝、朝飛道場の先鋒宇野澤秀仁が岩井陽介から払腰「有効」

eJudo Photo
次鋒戦、服部辰成が安藤吉平を大外刈で捕らえ一本勝ち

eJudo Photo
副将戦、小田優雅が田中詩音から払腰「有効」を奪いそのまま袈裟固で抑え込む

19日、平成28年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会が東京武道館(足立区・綾瀬)にて行われ、全国各地区の予選を勝ち抜いた精鋭が柔道団体戦日本一の座を争い熱戦を繰り広げた。

32チームが参加を許された小学生の部は朝飛道場(神奈川)が優勝、5連覇を達成した。朝飛道場は初戦で新冠柔道少年団(北海道)に5-0で快勝し好スタートを切ると、2回戦では雄武館山中道場(秋田)と対戦。5月の全国少年柔道大会決勝カードの再現となったこの対決は、先鋒戦で勝利し勢いを得た朝飛道場が大将戦を残して3点先取、大将戦は落としたが最終スコア3-1で勝ち上がりを決めた。2回戦で一つ山場を越えた朝飛道場はこの後も、準々決勝で春日柔道クラブ(東京)を4-1、準決勝では明心館関本道場(千葉)を4-1で下して決勝進出決定。

決勝は松前柔道塾(東京)と対戦。先鋒宇野沢秀仁が足技を駆使して攻め「指導3」のリードを確保すると終了間際には跳びついて来た岩井陽介の勢いを利用して左払腰「有効」を奪い優勢勝ち。さらに、次鋒服部辰成も安藤吉平の早い攻めに動じず、37秒捕まえるなり左大外刈で一本勝ち、前衛2ポジションでで2点を先取する。中堅戦の引き分けを挟んだ副将戦では小田優雅が田中詩音を序盤から払腰で攻めまくり、1分に右払腰「有効」を奪いそのまま袈裟固で一本勝ち。大将戦は落としたが、最終スコア3-1で優勝を決めることとなった。

朝飛大監督は「5連覇は意識すると余計なプレッシャーが掛かってしまうので全く意識しませんでした。選手達にはとにかく気楽に気楽に、と声を掛けて畳に送り出しました。子供達はいつも私の予想を超える試合を見せてくれます。」と誇らしげに語り選手を称えていた。

入賞者、朝飛大監督のコメント、準々決勝以降のスコア、決勝の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の朝飛道場

eJudo Photo
最優秀選手賞を獲得した朝飛道場・服部辰成選手

【入賞者】

優勝:朝飛道場(神奈川)
準優勝:松前柔道塾(東京)
第3位:明心館関本道場(千葉)、有朋柔道塾(広島)

最優秀選手賞:服部辰成(朝飛道場)
優秀選手賞:田中詩音(松前柔道塾)、遠藤大城(明心館関本道場)、高原健伸(有朋柔道塾)

朝飛大監督のコメント
「5連覇というのは全く意識せずに気楽にやりなさいと声を掛けました。どのチームも上手かったですが、先鋒が強気で勝負をしてくれたことでチームに勢いが出ました。道場の先生が非常に熱心に教えてくれているので、それを忠実に出せたのではないかと思います。(今後の課題はありますか?)課題だらけです。私の掛ける一言一言で子供達は暗くなってしまったり、余計なプレッシャーを感じてしまうことがあるので、まだまだ難しいなと思います。選手達はいつも一生懸命やってくれるので何も言うことはありませんが、私自身の課題ですね。」

【準々決勝】

朝飛道場(神奈川) 4-1 春日柔道クラブ(東京)
明心館関本道場(千葉) ②-2 広畑柔道教室(兵庫)
松前柔道塾(東京) 5-0 岩国少年柔道クラブ(山口)
有朋柔道塾(広島) ②-2 有田警心館(佐賀)

【準決勝】

朝飛道場 4-1 明心館関本道場
松前柔道塾 2-1 有朋柔道塾

【決勝】

朝飛道場 3-1 松前柔道塾
(先)宇野澤秀仁○優勢[有効・払腰]△岩井陽介
(次)服部辰成○大外刈(0:37)△安藤吉平
(中)小泉孝介×引分×佐々木勇翔
(副)小田優雅○袈裟固(1:21)△田中詩音
(大)手塚春太朗△合技[内股・横四方固]○大木羅王


取材・文:原輝地

※ eJudoメルマガ版9月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.