PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【リオ五輪柔道競技完全ガイド】オルティスとユーの頂点対決を予想、山部の初戦は”度胸試し”枠の究極パケニテ・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg超級直前展望

(2016年8月12日)

※ eJudoメルマガ版8月12日掲載記事より転載・編集しています。
【リオ五輪柔道競技完全ガイド】オルティスとユーの頂点対決を予想、山部の初戦は”度胸試し”枠の究極パケニテ・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg超級直前展望
eJudo Photo
78kg超級組み合わせ

→リオ五輪柔道競技78kg超級組み合わせ(ippon.orgサイト)
→リオ五輪柔道競技最終日組み合わせ(PDF)

組み合わせは右図。赤字がドローで振り分けられたノーシード選手である。
有力選手および階級の勢力図については「階級概況・有力選手」で再確認頂き、早速各プールごとに展望を試みたい。

予選ラウンド最大のみどころはプールC、イダリス・オルティス(キューバ)対マリアスエレン・アルセマン(ブラジル)戦。常に好勝負、近年は殴り合いの様相を呈するこのカードだが、地元の大声援を受けてアルセマンの力が増幅されれば勝敗自体が揺れるところまでゲームが煮える可能性もある。

山部佳苗の初戦には、サンタ・パケニテ(ラトビア)が配された。
山部はかつて、世界選手権でヤスミン・クルブス(ドイツ)に敗れたことがある。体だけはデカいが足腰も受けも脆く、組み合っていると「指導」を取られてしまうが勇気を出して掛ければあっさり転がる。一流選手の「カモ」であり下位選手の「カベ」であるこの選手を相手に青ざめ、怖がり、試合を流した末に「指導」で負けたあの時の山部には、その抱える課題が存分に現れていた。実力はメダル以上の位相にある山部の、唯一の課題はメンタルである。

そしてパケニテはクルブスの増幅版。体格は階級随一だが成績を残せない「度胸試し」枠の大型選手の極みである。この一番で今日の山部の出来が測られると考えて間違いないだろう。

70kg級の田知本遥が示してくれた勝利の方程式、それは勇気を持つことと攻めること、そのために肚を括ることに他ならない。よほどの「不導体」でなければ田知本が発電した勇気は続くものの体に必ず通電するはずだ。健闘に期待したい。

eJudo Photo
優勝候補筆頭はオルティス

eJudo Photo
アルセマンは宿敵オルティスの山に配された

eJudo Photo
山部佳苗唯一の課題は勇気の発動

【プールA】
第1シード:ユー・ソン(中国)
第8シード:カイラ・サイヤト(トルコ)

ユー・ソン(中国)のブロック。Bシード位置には今年の欧州王者カイラ・サイヤト(トルコ)が配された。両者共に初戦の相手に負けることは考え難く、準々決勝の組み合わせはユー対サイヤト。サイヤトが欧州王者とはいえ、ユーとの間には地力に大きな開きがあり、ユーの圧勝と予想する。このブロックの勝ち上がりはユー。

【プールB】
第4シード:エミリー・アンドル(フランス)
第5シード:ニヘル・シェイキロウホウ(チュニジア)

エミリー・アンドル(フランス)のブロック。Bシード位置にはアフリカの浮技女王ことニヘル・シェイキロウホウ(チュニジア)が配された。プールA同様にこの2人が初戦で負けることは考え難く、準決勝の組み合わせははアンドル対シェイキロウホウ。アンドルには右クロスグリップの大内刈、シェイキロウホウには浮技と、共に代名詞となる技が存在する。先にポイントをリードした場合は機動力に優るアンドルが有利だが、この選手は近頃明らかな下降傾向にある。近頃引き手のグリップ力が増し、巻き返しての右外巻込にも威力の出てきたシェイキロウホウの勝利と予想したい。このブロックの勝ち上がりはシェイロウホウ。

【プールC】
第2シード:イダリィス・オルティス(キューバ)
有力選手:クセニア・チビソワ(ロシア)、ヤスミン・クルブス(ドイツ)
第7シード:キム・ミンジョン(韓国)
有力選手:マリアスエレン・アルセマン(ブラジル)

イダリィス・オルティス(キューバ)の山。Bシード位置のキム・ミンジョン(韓国)の直下には階級最大の不確定要素であるマリアスエレン・アルセマン(ブラジル)が配され、オルティス側の山にもクセニア・チビソワ(ロシア)とヤスミン・クルブス(ドイツ)のツアー表彰台圏内の有力選手2人が配された超高密度のブロックとなった。これだけの高密度ブロックであるが、地力の高さと狙った大会へのフォーカス力の高さを考慮すると、準々決勝は間違いなくオルティスとアルセマンの対戦となる。両者ともに五輪直前期の大会から尋常ならざるハイパフォーマンスを見せており、仕上がりのほどが非常に楽しみ。地力に勝るオルティスが勝ち上がると予想するが、地元の大声援を受けたアルセマンが勝ち上がる可能性も十分。チェリャビンスク世界選手権決勝戦のような大熱戦を期待したい。このブロックの勝ち上がりはオルティス。


【プールD】
第3シード:山部佳苗
有力選手:サンタ・パケニケ(リトアニア)
第6シード:スヴィタナ・イアロムカ(ウクライナ)
有力選手:テッシェ・サベルコウルス(オランダ)

山部佳苗(日本)のブロック。Bシード位置には東欧のミニタンクことスヴィタナ・イアロムカ(ウクライナ)が配された。山部の初戦の相手は階級屈指の巨体を誇るサンタ・パケニケ(リトアニア)。山部の心に少しでも恐れがあれば、パケニケの巨体圧殺で初戦敗退という可能性も十分考えられる。山部の肚の決まり具合を判断するにはもってこいの相手といえるだろう。勝ち上がりは地力の差で山部と予想。一方、下側の山は短躯の巻き込みファイターであるイアロムカと、長身の背負投ファイターであるテッシェ・サベルコウルス(オランダ)という面白い組み合わせ。密着しての巻き込みを狙うイアロムカをサベルコウルスが担ぎ技先制で退け勝ち上がると予想。準々決勝は山部対サベルコウルス。前述のとおりサベルコウルスは担ぎ技による先制攻撃を戦術の核とする選手。山部はこの戦法に付き合わず、先に2本を持って積極的に攻めて行きたい。地力の差で山部の勝利と予想。このブロックの勝ち上がりは山部。

【敗者復活戦】

サイヤト対アンドル
今年の欧州選手権では「指導1」対「指導2」でサイヤトが勝利しているカード。アンドルの下降傾向からサイヤトの勝利と予想。

アルセマン対サベルコウルス
観客席の大声援を受け、大きく地力に勝るアルセマンが圧勝すると予想。


【準決勝】

ユー・ソン対ニヘル・シェイキロウホウ

一芸タイプのシェイキロウホウではユーを破ることは到底不可能。ユーの勝ち上がりと予想。

山部佳苗対イダリス・オルティス

山部が最高到達点に近いパフォーマンスを発揮してやっと五分。フォーカス力の高さ、地力の高さ、重要大会での安定感からオルティスの勝利と予想。オルティスは昨年の世界選手権で田知本愛が破った相手でもある。山部の奮起に期待したい。


【3位決定戦】

カイラ・サイヤト対山部佳苗

地力では山部が何枚も上手。敗れた直後の山部の強さに鑑みても山部の勝利と予想。

マリアスエレン・アルセマン対ニヘル・シェイキロウホウ

地力ではアルセマンがシェイキロウホウを大きく上回っているが、腰高の左組みで背中を抱いてくるアルセマンはシェイキロウホウの浮技の格好の標的。実際、過去にはシェイキロウホウが浮技でアルセマンを破ったこともある。地力の差が大きすぎるためアルセマンの勝利と予想するが、一芸に特化したシェイキロウホウの槍がアルセマンの喉元まで届くのか、非常に楽しみなカードである。

【決勝】

ユー・ソン対イダリス・オルティス

ユーとオルティスの世界チャンピオン2人による対決。2013年のワールドマスターズ以来対戦はなく、それに加えて両者ともに狙った大会以外での成績は全くあてにならない。五輪最終日を飾るにふさわしい白熱した試合に期待したい。優勝は勝利に対する貪欲さの差でオルティスと予想する。

文:古田英毅/林さとる

→「リオデジャネイロ五輪柔道競技完全ガイド」に戻る

※ eJudoメルマガ版8月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.