PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【リオ五輪柔道競技完全ガイド】強豪ハッキリ分かれて階級の概況そのまま反映、ソルキョン配されたプールCの行方が焦点・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg級直前展望

(2016年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
【リオ五輪柔道競技完全ガイド】強豪ハッキリ分かれて階級の概況そのまま反映、ソルキョン配されたプールCの行方が焦点・リオデジャネイロ五輪柔道競技78kg級直前展望
eJudo Photo
78kg級ドロー結果

→リオ五輪柔道競技78kg級組み合わせ(ippon.orgサイト)
→リオ五輪柔道競技第5日組み合わせ(PDF)


有力選手および階級の勢力図については「階級概況・有力選手」で再確認頂き、早速各プールごとに展望を試みたい。

【プールA】
第1シード:ケイラ・ハリソン(アメリカ)
第8シード:梅木真美
有力選手: アビゲイル・ヨー(ハンガリー)

ケイラ・ハリソン(アメリカ)のブロック。ハリソンのベスト8進出は間違いない。下側の山には昨年の世界チャンピオン梅木真美(日本)がBシードとして配された。恐らく梅木は初戦でアビゲイル・ヨー(ハンガリー)と対戦することになるが、梅木の持ち味であるしっかり2本持っての柔道が出来れば勝つのが難しい相手ではない。準々決勝はハリソン対梅木。実力はハリソンが何枚も上手であり、通常運行では梅木勝利のシナリオは見えてこない。梅木が活路を見出せるとすれば、あくまでしっかりと組み合って立技をしのぎ切り寝技で勝負を挑むことのみだ。梅木の健闘に期待しつつハリソンの勝ち上がりと予想したい。このブロックを勝ち上がるのはハリソン。

【プールB】
第4シード:マリンダ・フェルケルク(オランダ)
第5シード:アナマリ・ヴェレンチェク(スロベニア)
有力選手: ヴィクトリア・タークス(ウクライナ)

マリンダ・フェルケルクのブロック。Bシード位置にはアナマリ・ヴェレンチェク(スロベニア)が配された。フェルケルクのベスト8進出は既定路線として、下側の山のベレンチェクはヴィクトリア・タークス(ウクライナ)と準々決勝進出をかけて戦うことになる。ここは地力の差でヴェレンチェクが勝利すると予想。準々決勝はフェルケルク対ヴェレンチェク。この勝負はフェルケルクが左組みでヴェレンチェクが右組みのケンカ四つ。ここはフェルケルクが背負投による手数で勝利すると予想。このブロックの勝ち上がりはフェルケルク。手数の多さが売りのフェルケルクに少しでも不調があれば、ヴェレンチェクが長身を活かしてフェルケルクを完封して勝利する可能性もある。

【プールC】
第2シード:オドレイ・チュメオ(フランス)
有力選手:ソル・キョン(北朝鮮)
第7シード:ナタリー・ポウエル(イギリス)

オドレイ・チュメオ(フランス)のブロック。チュメオは初戦でいきなり2013リオデジャネイロ世界選手権王者のソル・キョン(韓国)と対戦することになる。ソル・キョンは昨年来成績を残せておらずもはや過去の人という感があるが、北朝鮮のフォーカス力を考慮すると厳しい戦いになることは間違いない。竸った戦いになると思うがチュメオの勝利と予想。下側の山からはポウエルの勝ち上がりが予測されるが、チュメオとポウエルでは実力に差がありチュメオの勝ち上がりは固い。このブロックの勝ち上がりはチュメオと予測。

【プールD】
第3シード:マイラ・アギアール(ブラジル)
第6シード:ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)
有力選手:ダリア・ポゴジャレッツ(ポーランド)

マイラ・アギアール(ブラジル)のブロック。アギアールのベスト8進出は間違いないが、下側の山はルイーズ・マルツァーン(ドイツ)とダリア・ポゴジャレッツ(ポーランド)の潰し合いになる。ここはファルカスコッホのメダル獲得で勢いに乗るマルツァーンの勝利と予測する。準々決勝はアギアール対マルツァーン。アギアールが実力では何枚も上手であり、番狂わせの可能性は少ない。アギアールには豪快な投技で会場を沸かせてもらいたい。

【敗者復活戦】
梅木真美対アナマリ・ヴェレンチェク
昨年の世界選手権決勝戦と同じカード。共にしっかり組んで圧を掛け、寝技で仕留めるタイプ。パワーと体格に優るヴェレンチェクの勝利と予想。しかし、実力に殆ど差はなく梅木の奮起に期待したい。

ナタリー・ポウエル対ルイーズ・マルツァーン
地力ではポウエルが一枚上手。共に飛び道具を持つタイプではなく実力差を反映してポウエルの勝利を予想。

【準決勝】

ケイラ・ハリソン対マイリンダ・フェルケルク
地力はハリソンの方が数枚上手。フェルケルクは先手攻撃でハリソンを自分のフィールドに引きずり込みたい。ハリソンの勝利と予想。

オドレイ・チュメオ対マイラ・アギアール
地力ではアギアールが上手。チュメオは持ち味のガツガツとした激しい動きでペースを握りたい。アギアールの勝利と予想。

【3位決定戦】

アナマリ・ヴェレンチェク対オドレイ・チュメオ
動き回りたいチュメオと動きを止めたいヴェレンチェクの思惑が真っ向からぶつかると予想。機動力が優るチュメオ勝利と予想。

ナタリー・ポウエル対マルヒンデ・フェルケルク
地力ではフェルケルクが優位。手数を活かしてフェルケルクが勝利と予想。

【決勝】

ケイラ・ハリソン対マイラ・アギアール
ライバル同士の対決。実力はまったくの五分。地元の声援を受けたアギアールの勝利と予想。「一本」での決着に期待したい。


文:古田英毅/林さとる

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.