PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ムドラノフが素晴らしい出来で優勝、髙藤直寿は準々決勝敗退も銅メダルを確保・リオデジャネイロ柔道五輪柔道競技60kg級

(2016年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
ムドラノフが素晴らしい出来で優勝、髙藤直寿は準々決勝敗退も銅メダルを確保
リオデジャネイロ柔道五輪柔道競技60kg級
→「リオデジャネイロ五輪柔道競技完全ガイド」に戻る

リオデジャネイロ五輪柔道競技は6日、ブラジル・リオデジャネイロのカリオカアリーナで開幕。

初日は男子60kg級と女子48kg級の競技が行われ、60kg級はベスラン・ムドラノフ(ロシア)が優勝した。ムドラノフは準々決勝で第1シードのキム・ウォンジン(韓国)の大外刈を裏投で迎え撃って一本勝ち、準決勝は第5シードのアミラン・パピナシビリ(ジョージア)を鮮やかな内股「一本」で破り、決勝は昨年度の世界選手権の覇者イェルドス・スメトフ(カザフスタン)をGS延長戦の末に払釣込足「技有」で破った。

日本代表の髙藤直寿(パーク24)は3位。ノーシード選手2人に一本勝ちして迎えた準々決勝でパピナシビリの「サリハニ状態」から引き続いて放たれた浮技に宙を舞い、思わずブリッジで着地してしまい一本負け。敗者復活戦、3位決定戦を勝ち抜いて銅メダルを確保した。逆側の3位決定戦ではディヨロベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)がパピナシビリを破って表彰台に上がった。

第1シードのキム・ウォンジンは前述の通りムドラノフの返し技一発に沈んで敗者復活戦へ。敗者復活戦では明らかに狙って待ち構える髙藤の罠にまたも引っ掛かって支釣込足を出してしまい、カウンター技の隅落で「有効」を失って7位に沈んだ。

地元のフェリペ・キタダイ(ブラジル)は出色の出来を見せ、2回戦では不利が観測されていたワリーデ・キア(フランス)に「指導3」をリードされながら、残り数秒で意地の払巻込「有効」を獲得して逆転勝ち。この試合で体力を使い過ぎたこともあり準々決勝と敗者復活戦で敗れて最終成績は7位だったが、地元の大歓声を背にここ数年ない出来で大いに会場を沸かせた。

世界選手権金銀メダリストを破って出場の栄を得たツェンドチル・ツォグトバータルは3回戦でキム・ウォンジン(韓国)に浮落「技有」で破れたが、残り40秒まで「有効」をリードするなど潜在能力の高さを見せた大会だった。

入賞者と準々決勝以降の結果、日本選手の勝ち上がりは下記。

■ 60kg級
(エントリー35名)

【入賞者】
1.MUDRANOV, Beslan (RUS)
2.SMETOV, Yeldos (KAZ)
3.TAKATO, Naohisa (JPN)
3.UROZBOEV, Diyorbek (UZB)
5.PAPINASHVILI, Amiran (GEO)
5.SAFAROV, Orkhan (AZE)
7.KIM, Won Jin (KOR)
7.KITADAI, Felipe (BRA)

【準々決勝】

ベスラン・ムドラノフ(ロシア)○裏投(4:31)△キム・ウォンジン(韓国)
アミラン・パピナシビリ(ジョージア)○浮技(3:00)△髙藤直寿(日本)
オルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)○体落(2:55)△フェリペ・キタダイ(ブラジル)
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○優勢[有効・一本背負投]△ディヨロベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)

【敗者復活戦】

髙藤直寿○優勢[有効・浮落]△キム・ウォンジン(韓国)
ディヨロベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)○優勢[有効・背負投]△フェリペ・キタダイ(ブラジル)

【準決勝】

ベスラン・ムドラノフ(ロシア)○内股(3:14)△アミラン・パピナシビリ(ジョージア)
イェルドス・スメトフ(カザフスタン)○優勢[技有・大外刈]△オルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)

【3位決定戦】

髙藤直寿○優勢[指導2]△オルカン・サファロフ(アゼルバイジャン
ディヨロベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)○優勢[有効]△アミラン・パピナシビリ(ジョージア)

【決勝】

ベスラン・ムドラノフ(ロシア)○GS技有・払釣込足(GS0:45)△イェルドス・スメトフ(カザフスタン)

【日本代表選手勝ち上がり】

日本代表選手:髙藤直寿
成績:3位

[2回戦]
髙藤直寿○反則1:08)△ヤン・シカルディ(モナコ)
 ※いわゆる「足取り」によるダイレクト反則負け
[3回戦]
髙藤直寿○内股(0:17)△パヴェル・ピエトリコフ(チェコ)

[準々決勝]
髙藤直寿△浮技(3:00)○アミラン・パピナシビ(ジョージア)

[敗者復活戦]
髙藤直寿○優勢[有効・浮落]△キム・ウォンジン(韓国)

[3位決定戦]
髙藤直寿○優勢[指導2]△オルカン・サファロフ(アゼルバイジャン)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.