PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日体荏原は埼玉栄との大接戦制す、国士舘はまたもや圧勝で決勝進出決定・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート④準決勝

(2016年7月31日)

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。
日体荏原は埼玉栄との大接戦制す、国士舘はまたもや圧勝で決勝進出決定
第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート⑤準決勝
eJudo Photo
呼び出しを待つ埼玉栄高のメンバー。全国高校選手権に続く準決勝進出。

■準決勝

第1試合のオーダー順は下記。

日体荏原高(東京) ― 埼玉栄高(埼玉)
(先)長井晃志 ― 焼谷風太
(次)大吉賢 ― 長濱快飛
(中)塚本綾 ― 岩田歩夢
(副)藤原崇太郎 ― 蓜島剛
(大)ハンガルオドバートル ― 今入晃也

日体荏原としては3回戦の崇徳戦に勝るとも劣らない勝負どころ。どちらが勝っても全くおかしくない拮抗の戦力、そして陣形だ。
藤原崇太郎と蓜島剛の両エースがマッチアップする副将戦は体格差に鑑みれば蓜島有利、ケンカ四つであることと藤原の巧さを考えれば引き分けが濃厚。いずれにしても事前にどちらかの勝利を織り込んで試合を組み立てるのは難しい。中堅戦は岩田歩夢が攻撃志向で出てくれば塚本綾の「瞬間芸」的な足技が炸裂する可能性もあるが、そのあたりは岩田も十分承知のはずで、塚本は体格差がある相手に慎重に戦われると厳しいはず。よってここも引き分けと読んでおくべき。つまりは先鋒、次鋒、大将といずれの陣営も攻撃型、かつ守備力に意外な穴のある選手が打ち揃った3ポジションの点の取り合いが試合を決める最重要要素と考えるべき。まことに読めない試合である。もちろん前述の2ポジションで得点が生まれた場合はそれがそのまま試合を決定づける可能性が大だ。

eJudo Photo
長井晃志が焼谷風太から背負投「技有」獲得

eJudo Photo
大吉賢が長濱快飛を巴投で大きく崩すが、長濱バランスよく降りてポイントには至らず

先鋒戦は埼玉栄高の焼谷風太が左、日体荏原高・長井晃志が右組みのケンカ四つ。序盤戦は引き手争いが中心の攻防が続くが、焼谷に「指導2」、長井に「指導1」が宣告された直後の1分20秒、長井が得意の右背負投で焼谷を転がし「技有」獲得。奮起した焼谷は残り1分50秒から左内股を3連発するなど吶喊攻撃、しかし長井は以後を手堅く戦い切ってこの試合は長井の「技有」優勢で終了。日体荏原、値千金の先制点獲得。

次鋒戦は長濱快飛が右、大吉賢が左組みのケンカ四つ。長濱が右小外刈を中心に攻めて1分18秒に大吉の側に「指導」が宣告されるが、直後大吉は場外際の裏投で思い切り長濱の背を畳に叩きつける。今大会では封印気味の得意技で大吉に決定的なポイント、と思われたがこれは「待て」の後と判断されて合議の結果ノーポイント。長濱の前進止まらず3分8秒には大吉に2つ目の「指導」宣告、大吉は奮起して内股から巴投の連絡技などポイントが想起される大技を次々繰り出すが身体バランスの良い長濱いずれも耐え切り、タイムアップ。この試合は僅差優勢により長濱の勝利に終わる。大吉がアクセルの踏みどころを僅かに誤り、その小さな狂いが大きく結果に反映されてしまった試合であった。スコアは1-1、内容差で日体荏原がリード。

中堅戦は日体荏原の塚本綾が本領発揮、巴投に送足払、出足払と相手のアクションを引き出してはその起こりに鋭い技を仕掛けて岩田歩夢との体格差を無力化。1分44秒には岩田を引きずり回して偽装攻撃による「指導1」先行に成功する。しかし2分23秒に岩田の前進をまともに受けてしまい痛恨の場外「指導」失陥。以後はペースを失わず攻め続け残り13秒で岩田に2つ目の「指導」が宣告されるが、そのままタイムアップ。この試合は引き分けに終わる。

eJudo Photo
藤原崇太郎が左背負投で連続攻撃、蓜島剛から「指導」差のリードを得ることに成功

1対1のまま迎えたエース対決の副将戦は、藤原崇太郎が座り込みの左大内刈に背負投と立て続けに勝負技を仕掛け、蓜島剛に対抗。56秒、足で組み手を切り離す反則を犯してしまった蓜島に「指導」、1分40秒には双方に「取り組まない」咎による「指導」が宣告される。

直後蓜島の右内股に藤原の体が大きく浮く場面があり、観客席はどよめきに包まれる。埼玉栄ベンチからは「持っていけるぞ!」と激励がひと声、一発を狙う蓜島に、組み手と手数で対抗する藤原という構図。

1分半過ぎから藤原が一大攻勢に出る。まず釣り手を振り立てての左背負投を2連発、これは座り込んでしまい相手に止められたが、続けて左大内刈、座り込んでの左大内刈、さらに立ち上がって追いかけての左大内刈と明らかに山場を作りに出る。蓜島は右内股に変換して展開を切るが、主審は的確に藤原の攻勢を評価、蓜島は残り40秒に決定的な「指導3」の宣告を受ける。

藤原は左背負投を中心に以後の時間を戦い切り、蓜島の追撃許さぬままタイムアップ。この試合は僅差の優勢勝ちで藤原が勝ちをもぎ取り、この時点でスコアは2対1で日体荏原のリードとなった。蓜島にとっては痛恨の一番。藤原は中途で足を負傷したかに思われたが、逆に一大攻勢に出てさすがの精神力を見せた試合であった。

eJudo Photo
今入晃也がハンガルオドバータルを左内股に捕まえて会場大いに沸く

eJudo Photo
ハンガルの圧が掛かると今入は頭が下がって苦しい体勢

eJudo Photo
残り数秒、今入あくまであきらめず左大外刈で乾坤一擲の大勝負

運命を分ける大将戦は埼玉栄・今入晃也と日体荏原・ハンガルオドバートルがマッチアップ。一発のある今入は前戦で試合を決める見事な「一本」奪取劇を演じたばかりであり、一方ハンガルも典型的なのるか反るかのパワーファイター。今入が「一本」を得れば埼玉栄の逆転勝利、「技有」なら代表戦で大駒蓜島を擁する埼玉栄が有利、「有効」以下ならそのまま日体荏原の勝利が決まる、そしてどちらも攻撃力はあるが防壁に穴もあるハイリスク・ハイリターンタイプの選手が送り出されるという非常に場が煮詰まった注目の一番。

ハンガルは序盤両手を背中に回す強気の組み手で今入を潰して有利を得る。しかし1分36秒に今入のケンケン内股で大きく浮かされると直後は横落に打って出て潰れてしまうなど選択を誤る場面も増え、勝負は予断を許さず。今入の内股は一瞬「一本」が想起されるもので会場はどよめき、入りさえすれば十分持っていけるのではとの予感が試合をさらにヒートアップさせる。

中盤、ハンガルが右を巻き返して相手の背を抱えようとすると、今入は一旦離れて組み手をやりなおす。

この組み手の攻防がハンガルのヒントになってしまう。リードを背にしたハンガルにとっては実は近い間合いでのイチかバチかの勝負こそ忌避すべき状況であり、今入の内股が効く接近戦はむしろ避けるべき。しかし今入が離れたことで、ハンガルはここが相手の嫌うポイントとばかりに「巻き返し」を連発。今入は都度離れ、その度組み手はやりなおし。今入りが得意の内股を繰り出すための形、組み合う時間帯が極端に減ってしまう。

残り29秒でハンガルに「取り組まない」咎による「指導」。直後ハンガルが脇を差すとここぞとばかりに今入内股を放つが相手の体を片足で持ち上げたまま潰れてしまい、ハンガルが寝技で時間を使うと「待て」が宣告された時点で残り時間は僅かに13秒。

今入は飛び込み深い左大外刈一発でハンガルを伏せさせ、さらに左内股で激しく追って最後まであきらめない。しかしこの技をハンガルが斜めに回避して凌いだところでタイムアップ。この試合は引き分けに終わり、最終スコア2対1を以て日体荏原の勝利が決まった。

日体荏原高(東京) 2-1 埼玉栄高(埼玉)
(先)長井晃志○優勢[技有]△焼谷風太
(次)大吉賢△優勢[僅差]○長濱快飛
(中)塚本綾×引分×岩田歩夢
(副)藤原崇太郎○優勢[僅差]△蓜島剛
(大)ハンガルオドバートル×引分×今入晃也

崇徳戦で見せた日体荏原の逞しさがまたもや強く感じられた試合。長井の勝利が効いたのはもちろんだが、藤原の底力とハンガルの粘りには特に驚かされた。盤面を考えればどうしてもここで勝利が必要とみるや、相手が蓜島という第一級の危険な選手にも関わらず徹底攻勢の時間帯を作った藤原、パニックを起こして自身が得意である抱き勝負に逃げ込むのではなく、相手を怖がらせながら最後まで図太く畳に立ち続けたハンガル。日体荏原が、吶喊勝負一本槍で頂点まで駆け上がった高校選手権とは全く異なる成熟度を見せた一番だった。

一方埼玉栄は最後の大会で持ち味を発揮し、高校選手権に続くベスト4入り。天才肌を揃えたムラ気のチームであったが、インターハイという目標の大きさと「最後の夏」であることで結束、今大会は存分に力を発揮したと言える。もしこういう戦いを新人戦期から積み続けてチームが一周、二周の濃い道程を経ていれば、そして一段上の葛藤を経ていれば頂点に届き得たチームだったのではないだろうか。平成28年度高校柔道シーンを大いに盛り上げた好役者であったが、一、二年時のヤンチャなチームが生の状態のまま最後まで戦い続けたという感あり。大人のチームになり切れなかったという印象もまた残した。

eJudo Photo
本間壘が開始早々に矢野真我の腕を固定、時計回りに体を押し込む

eJudo Photo
磯村亮太が神野光稀に横四方固、腕封に極めながら抑え切る

国士舘高(東京) 3-1 天理高(奈良)
(先)本間壘○横四方固(0:39)△矢野真我
(次)清水雅義△優勢[有効]○笠原大雅
(中)河田闘志×引分×中野寛太
(副)磯村亮太○合技(3:30)△神野光稀
(大)飯田健太郎○内股(1:34)△田中慎太郎

金鷲旗大会の接戦(大将飯田健太郎が決勝までに唯一出動)を考える限り、国士舘にとっての天理は決して戦い易い相手ではないはず。決勝までの道程を考えれば1回戦の作陽高に次ぐ難敵が、この天理かと思われた。

しかし先鋒本間壘が矢野真我を「秒殺」。試合が始まるなり相手の腕を半ば極めながら固定しつつ支釣込足で捩じり、そのまま横四方固めで抑え込む。結果本間は僅か39秒で一本勝ちを果たし、難敵相手の不安をあっと言う間に払拭。

次鋒戦も5番手の清水雅義が天理のポイントゲッター笠原大雅を相手に図太く試合を進め、双方ノーポイントのまま残り1分まで辿り着くことに成功。しかし3分11秒、清水が我慢できずに放った右内股を笠原見逃さず中途でブレーキ、回しながら体を捨てて返し「有効」獲得。この試合は笠原の優勢勝ちで天理のものとなり、スコアは1対1となる。

中堅戦は引き分け。副将戦は磯村亮太が今大会初出場となる天理高・神野光稀から3分13秒に拮抗をついにブレイク、内股返で「技有」を獲得する。さらに続く展開では小外刈「有効」も追加し、相手の残った腕を腕緘に極めながら横四方固でフィニッシュ。3分30秒合技の「一本」が宣告され、ここで国士舘が2-1と勝ち越しに成功。

eJudo Photo
大将戦、飯田健太郎が田中慎太郎を内股「一本」に仕留める

大将戦は国士舘・飯田健太郎が右、天理・田中慎太郎が左組みのケンカ四つ。飯田は33秒に仕掛けた内股を投げ切れずもろとも潰れ、1分11秒の大内刈も田中の大内返に切り返され掛かる。相手の内股はあっさり股中で透かし、大内返もヒョイと体を捌いて乗り越えるなど戦い自体に危なげはないが、体格のある田中をあっさり投げるのはやはり難しい。

と観測された矢先の1分14秒、飯田がケンケンの右内股。かつてであれば重量選手に背筋を立てて逃れられることもあったこの技だが、ケンケンを行うたび田中の右肩が下がり、飯田の側に引き寄せられて行く。頃合い良しと飯田が体を投げ出すと田中耐え切れず吹っ飛び「一本」。

国士舘、この試合も3-1の大差でクリア。圧倒的な強さを見せつけて見事決勝の畳へと勝ち進むこととなった。

結果決まった決勝カードは、高校選手権決勝、金鷲旗大会決勝と同じ顔合わせ。日体荏原高対国士舘高による因縁対決となった。

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.