PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日体荏原と国士舘が順当に勝利、埼玉栄は劇的決着でベスト4入り決める・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート④準々決勝

(2016年7月31日)

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。
日体荏原と国士舘が順当に勝利、埼玉栄は劇的決着でベスト4入り決める
第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート④準々決勝
eJudo Photo
先鋒戦、東海大仰星高・深山将剛が埼玉栄高・焼谷風太を攻め

■準々決勝

埼玉栄高(埼玉) 2-0 東海大仰星高(大阪)
(先)焼谷風太×引分×深山将剛
(次)長濱快飛×引分×岡虎
(中)岩田歩夢×引分×吉村太一
(副)蓜島剛○優勢[僅差]△海江田充輝
(大)今入晃也○内股(2:06)△奥野友輝

東海大仰星高の先鋒はエース深山将剛。ここで得点を挙げるのが東海大仰星の必勝パターンだが、焼谷風太とマッチアップしたこの試合は引き分けに終わる。長濱快飛と岡虎による次鋒戦、岩田歩夢と吉村太一の中堅戦も引き分けに終わり、勝敗の行方は双方の選手の密度濃い後衛ブロックへと委ねられる。

副将戦は大会最大級の大駒である埼玉栄のエース・蓜島剛が登場、対峙するは身長186センチ体重125キロの巨漢・海江田充輝。前戦でも大牟田の西田将樹に対しビッグサイズ同士の粘戦を演じているこの選手に対し、蓜島は安易に一発を狙わず足技を使った崩しを多用してチャンスを伺い続ける。この行動が大枠の攻勢権確保にも寄与し、結果蓜島が「指導」の累積を得て勝利。先制点は埼玉栄のものとなる。

eJudo Photo
大将戦、埼玉栄高の今入晃也が東海大仰星高・奥野友輝から内股「一本」

引き分け以上ならば埼玉栄の勝利決定、しかしもし「有効」でも失えば準決勝進出権が手から零れ落ちるという厳しいバックグランドを抱えた大将戦は埼玉栄が今入晃也、東海大仰星が奥野友輝とともに得点を期待出来るポイントゲッターが畳に上がる。

満場固唾を呑んで見守る中、この試合は2分6秒今入晃也の鮮やかな内股「一本」で決着。埼玉栄、この劇的な一発で勝利決定。全国高校選手権に続き再びベスト4の畳へと勝ち残ることとなった。

eJudo Photo
日体荏原高の先鋒長井晃志が野口穂高から「技有」、左襟と左袖を握った右背負投。

日体荏原高(東京) 3-1 開星高(島根)(広島)
(先)長井晃志○優勢[技有]△野口穂高
(次)大吉賢△上四方固(2:49)○松村颯祐
(中)塚本綾○反則(3:33)△山口和馬
(副)藤原崇太郎×引分×河野壮登
(大)ハンガルオドバートル○大内刈(1:45)△金塚啓五

開催地・島根の期待を背に負う開星が男子団体最終日の畳に登場。観客席、また競技役員として参加している地元の高校生たちも興奮を隠せず畳に注がれる視線の熱量は極めて高し。対するは全国高校選手権の覇者、日体荏原である。

先鋒戦は日体荏原・長井晃志とここまで3番手としてチームに貢献して来た開星・野口穂高がマッチアップ。この試合は1分29秒長井が得意の右背負投で「技有」獲得。作りは泥臭く、フィニッシュは鋭い長井らしい一撃。初対戦の全国優勝チームを相手に先行されて意気消沈してもおかしくないところだが、しかし野口は逆に攻勢を強め、2分31秒には長井を小外刈で場外まで転がし「有効」奪取で追撃。最後は長井が投げ合いを嫌って離れることとなり、この試合は長井の「技有」優勢で決着。得点は日体荏原、しかし開星も堂々殴り合う強気を見せて試合を後ろに繋いだという一番。

eJudo Photo
開星高の次鋒松村颯祐が大吉賢を抑え込む

次鋒戦は日体荏原が73kg級級の大技ファイター大吉賢、開星が体重120キロのポイントゲッター松村颯祐。

大吉が左、松村が左組みのケンカ四つ。松村は上からの圧力に加え、支釣込足で転ばせ、さらに残った腕を腕挫十字固に極めかけてと重量級らしからぬ機動性を見せてジワジワと大吉を追い詰める。1分52秒、技が止まった大吉に「指導1」。

直後のシークエンス、松村が左一本背負投。これはスッポ抜けたが松村織り込み済みとばかりに動きを止めずそのまま踏み込んで小外刈を放ち、大吉が崩れるとあっと言う間に胸を合わせて抑え込む。大吉一旦脚を絡めて「解けた」を引き出したが、松村冷静に上体を決め直し、その脚を引き抜いて再度抑え込む。体格差がダイレクトに響く体勢となり、この段で大吉の抵抗も減速、松村は横四方固から上四方固に形を変えて抑え切り2分49秒「一本」が宣告される。スコアは1-1、開星がこの時点で内容差のリードを得る。

eJudo Photo
河野壮登が右内股で藤原崇太郎を追う

中堅戦は日体荏原の業師塚本綾が山口和馬を相手に自身の動きやすい間合いを取りながらあおり、引き出し、潰し、さらに担ぎ技を仕掛けてと猛攻。足技が効く塚本の前に下手に動けない山口はアクションの選択肢を絞られ、44秒に双方に「指導」が宣告されて以降は山口の側のみに次々反則ポイントが累積。結果3分33秒に4つ目の「指導」が宣告され、この試合は塚本の勝利に終わる。これでスコアは2-1、再び日体荏原が1点をリード。

副将戦は藤原崇太郎と河野壮登のポイントゲッター対決。
藤原が左、河野が右組みのケンカ四つ。藤原が低い左背負投を連発すれば河野は腰を寄せておいての右内股に右体落と技種を変えながら続けざまに相手を崩し、なかなか展開に差がつかない。

藤原は前へのフェイントを掛けての大内刈などポイントが想起される技を幾度か放つが河野は背筋を伸ばして崩れず、その度に距離を詰めては右体落を連発して逆襲。短いシークエンスで優位を取ることが交互に続き、この試合は引き分けに終わる。

eJudo Photo
日体荏原高の大将ハンガルオドバートルが開星高・金塚啓五から大内刈「一本」

2-1、日体荏原がリードのまま勝負は大将戦へ。ベンチに戻る河野は畳に上がる金塚啓五の肩を叩き、ひと声激励を呉れて試合場へと送り出す。

日体荏原・ハンガルオドバータルは圧を掛けんと前へ。金塚座り込むような動きで高低差を出しながらの巻込技で奇襲を試み、ハンガルが崩れて会場大いに沸く。しかし徐々に力の差が出始めて金塚の手が詰まっていく印象。

1分45秒にハンガル接近スピードを一段上げて大内刈。力をまともに食った金塚背中から畳に落下し「一本」。結果、最終スコア3-1で日体荏原のベスト4進出が決定した。

地元島根のインターハイ開催を目指して少年期から6年越し、7年越しでこの日のために備えて来た開星の選手と関係者の戦いはここで終戦。しかし地域の環境差が出やすい現代柔道で、地方から「自前」の選手たちを養成してのベスト8進出はまさしく大戦果。島根県の長きに渡る育成と挑戦は無事収穫の日を迎えたと、高く評価されるべきだろう。

eJudo Photo
先鋒戦、開始早々に本間壘が長島立弥を抑え込む

eJudo Photo
白鴎大足利高の次鋒浅沼亮太が196センチの上背を生かし、清水雅義から大外刈「技有」

eJudo Photo
河田闘志が吉田功二から内股「有効」

eJudo Photo
国士舘は大将飯田健太郎が菊池優充から内股「一本」、5試合連続の一本勝ちでフィニッシュ

国士舘高(東京) 5-0 白鴎大足利高(栃木)
(先)本間壘○合技(2:20)△長島立弥
(次)清水雅義○合技(3:57)△浅沼亮太
(中)河田闘志○縦四方固(2:28)△吉田功二
(副)磯村亮太○上四方固(2:20)△釜石康太
(大)飯田健太郎○内股(0:56)△菊池優充

混戦ブロックからしぶとくベスト8に勝ちあがって来た白鴎大足利を国士舘が圧倒。

先鋒戦の開始早々、本間壘が長島立弥をに支釣込足で転がして横四方固。長島必死に逃れ「技有」までに留める意地を見せるが、以後も本間の圧力をかわせず苦しい試合が続く。2分過ぎに再び寝勝負の展開が訪れると本間すかさず胸を合わせて横四方固、ついで崩袈裟固と移行して「一本」。圧倒言う間に国士舘が先制点を得る。

次鋒戦は身長196センチ、「栃木のリネール」こと浅沼亮太が善戦。ノーステップの右大外刈を連発して清水雅義の裏に抜け出し、得点の気配こそ薄いものの相手の攻撃頻度を減殺させて中盤まで試合を進める。

そしてこの大外刈連発に清水が疲弊したか、あるいは取り味なしと見て油断したじゃ。2分15秒に浅沼が放ったノーステップ大外刈が再び入り、浅沼は体ごと清水の裏に抜ける。今までと異なり上半身の牽引も効いたこの技を清水はいなせず転がってしまい「技有」。

しかしこのビハインドに清水は奮起。残り27秒に支釣込足で「技有」を奪回し、ベンチの「よし!」の声をバックに横四方固。逆転の合技「一本」で勝利を決め、スコアを2-0とする。

以後は国士舘がまさしく電車道。中堅河田闘志はケンカ四つの吉田功二を相手に2分過ぎから急加速、大外刈を連発して追い込むと内股で追いかけ「有効」奪取、そのまま縦四方固に抑え込んで一本勝ち。磯村亮太も釜石康太を上四方固「一本」に仕留めると、まとめ役の大将飯田は菊池優充を引きずり出しながらの右内股で宙を舞わせ「一本」。

スコア5-0、全試合一本勝ちという完璧な内容で国士舘がベスト4進出を決めた。

敗れた白鴎大足利だが、浅沼、吉田と2年生の重量選手が2人レギュラーを張っており、全国大会ベスト8進出の経験値は今後に大きく生きるはずだ。浅沼は昨年の新人戦期に「浅沼が技を掛けない」と蓬田正郎監督をボヤかせていた姿が信じられないほど、むしろ大技を連発して積極的な柔道を展開。体格的なアドバンテージをある程度生かせるようになっていた。来期の好役者の一として期待したい。

eJudo Photo
天理高の先鋒矢野真我が大成高・渡邊神威を攻める

eJudo Photo
田中慎太郎が攻め込み、田中大地は必死の防戦

天理高(奈良) ①代-1 大成高(愛知)
(先)矢野真我○優勢[僅差]△渡邊神威
(次)笠原大雅×引分×森部篤知
(中)中野寛太×引分×東部直希
(副)仲尾航介△優勢[僅差]○清水祐希
(大)田中慎太郎×引分×田中大地
(代)笠原大雅○反則(3:59)△東部直希
 ※「頭突っ込み」によるダイレクト反則負け

大接戦は意外な形で幕。先鋒戦で矢野真我が渡邊神威に「指導」累積差による優勢勝ち、大成が森部篤知と東部直希、天理は笠原大雅とポイントゲッター級が出動した中盤の2試合は引き分けに終わり、この時点で天理が1-0とリード。しかし副将戦では大成・清水祐希が持ち前の貪欲さで仲尾航介から「指導」累積差による勝利をもぎとり試合はついにタイスコアとなる。大将戦は天理・田中慎太郎の迫力ある攻めを田中大地が最後まで凌ぎ切り、スコア1-1のまま本戦5試合が終了。勝敗は代表者1名による決定戦に委ねられる。

eJudo Photo
東部直希の技が「頭突っ込み」の反則と裁定される

畳に上がるは笠原大雅と東部直希。この試合は笠原が「指導1」対「指導2」でリードを得て迎えた最終盤、東部が払腰から前に体を捨てた際に頭から着地するアクシデントが発生。合議の結果これはいわゆる「頭突っ込み」と判断され、東部の反則負けが宣告される。

攻撃性が特徴の両チームが6戦戦って決まった投技はゼロ、最後はダイレクト反則負けという意外な形で試合が終了。天理高の準決勝進出が決まることとなった。

結果決まった準決勝カードは

埼玉栄高(埼玉) - 日体荏原高(東京)
国士舘高(東京) - 天理高(奈良)

の2試合となった。

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.