PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

本命が次々陥落、男子軽量3階級全てで新王者誕生・第65回インターハイ柔道競技男子個人戦第1日

(2016年7月31日)

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。
本命が次々陥落、男子軽量3階級全てで新王者誕生
第65回インターハイ柔道競技男子個人戦第1日
eJudo Photo
73kg級決勝戦、つくば秀英高・野上廉太郎は果敢に攻め、大成高・渡邊神威から遂に左払腰で「有効」を奪う

eJudo Photo
60kg級決勝戦、足立学園高・武岡毅が鋭い燕返「一本」で初芝橋本高・徳本千大を仕留める

eJudo Photo
66kg級決勝戦、日体荏原高・原田健士の豪快な右足車で文星芸大附高・伊澤風我が宙を舞う

島根県立浜山体育館カミアリーナ(出雲市)で行われているインターハイ柔道競技は31日に競技2日目を迎えた。この日は男子団体戦に引き続き、男子個人戦60kg級、66kg級、73kg級の競技が行われた。

73kg級は野上廉太郎(つくば秀英高)が、準々決勝で村上優哉(神戸国際大附高)、決勝で渡邊神威(大成高)と優勝候補2名を立て続けに破って初優勝。5戦して4つの一本勝ちと自身の「持ち味」と語る技の切れ味を存分に見せて決勝まで勝ち上がり、迎えた決勝では、反対側の山をこちらも4戦中3つの一本勝ちと圧倒的な強さで勝ち上がってきた渡邊に対し臆することなく組み際の左内股、深く刈り込む左小内刈、左大外刈と取り味のある技を連発。最後は左払腰で「有効」を奪い、そのまま後袈裟固で抑え込んで一本勝ち。投げへのこだわりを最後まで貫いて栄冠を手にした。

60kg級は本命選手が序盤で敗退する荒れたトーナメントを、武岡毅(足立学園高)が制した。3月の全国高校選手権のファイナリスト市川龍之介(習志野高)、古賀玄暉(大成高)がともに2回戦までで姿を消す中、武岡は着実に駒を進め、決勝では徳本千大(初芝橋本高)を反応鋭い燕返「一本」で破り見事初の全国タイトルを手にした。

66kg級の優勝者は原田健士(日体荏原高)。全日本カデ王者石郷岡秀征(桐蔭学園)と対戦した準決勝では序盤に攻め込まれる場面が続くが焦らず試合を進め、相手が疲れを見せた後半に左釣込腰で「有効」を奪うとそのまま横四方固で抑え込み一本勝ち。オール一本勝ちで進んだ決勝では、伊澤風我(文星芸大附高)から自らの右脚を軸に相手を大きく縦に一回転させる豪快な右足車で「技有」を奪い優勢勝ち。好選手が集う階級で頭一つ抜けた強さを見せつけて優勝を決めた。

各階級の入賞者と決勝の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級優勝の武岡毅

【入賞者】

優 勝:武岡毅(東京・足立学園高)
準優勝:徳本千大(和歌山・初芝橋本高)
第三位:加藤輝(鹿児島・明桜館高)、田中廉平(島根・隠岐水産高)
第五位:小平玲雄(島根・開星高)、福田大悟(滋賀・比叡山高)、山尾晶大(京都・京都共栄高)、小西誠志郎(福岡・大牟田高)

【決勝】

武岡毅○小外刈(1:15)△徳本千大

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級優勝の原田健士

【入賞者】

優 勝:原田健士(東京・日体荏原高)
準優勝:伊澤風我(栃木・文星芸大附高)
第三位:澤田大輝(富山・小杉高)、石郷岡秀征(神奈川・桐蔭学園高)
第五位:西願寺哲平(埼玉・埼玉栄高)、今村達也(大阪・鹿島学園高)、湯本峻真(福岡・福岡大大濠高)、島貫蓮(福島・田村高)

【決勝】

原田健士○優勢[技有・足車]△伊澤風我

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級優勝の野上廉太郎

【入賞者】

優 勝:野上廉太郎(茨城・つくば秀英高)
準優勝:渡邊神威(愛知・大成高)
第三位:大吉賢(東京・日体荏原高)、古庄涼哉(神奈川・東海大相模高)
第五位:橋本静綺(三重・名張高)、山本一真(大阪・大商大高)、村上優哉(兵庫・神戸国際大附高)、桑原宏典(和歌山・箕島高)

【決勝】

野上廉太郎○後袈裟固(3:02)△渡邊神威

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.