PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘高が3年連続の優勝、宿敵日体荏原高を決勝で下す・第65回インターハイ柔道競技男子団体

(2016年7月31日)

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘高が3年連続の優勝、宿敵日体荏原高を決勝で下す
第65回インターハイ柔道競技男子団体
eJudo Photo
決勝、2対2で迎えた大将戦で国士舘高・飯田健太郎が日体荏原高・ハンガルオドバートルから大外刈「一本」

島根県立浜山体育館カミアリーナ(出雲市)で行われているインターハイ柔道競技は競技第2日目の31日に男子団体戦の決勝までが実施され、国士舘高(東京)が3年連続14回目の優勝を果たした。

決勝の相手は3月の全国高等学校柔道選手権、そして1週間前に行われた金鷲旗高校柔道大会と同じ日体荏原高(東京)。国士舘は先鋒本間壘の一本勝ちで先制したが以後は取りつ取られつの展開となり、副将戦で磯村亮太が日体荏原のエース藤原崇太郎に内股「一本」で敗れた時点でスコアは2対2のタイ。

ここで登場した大将・飯田健太郎が日体荏原のハンガルオドバートルを右大外刈で刈り飛ばし劇的な「一本」獲得。国士舘が最重要大会であるインターハイの優勝と、金鷲旗大会に続く全国大会2冠目を勝ち取った。

国士舘高・岩渕公一監督は「怪我をした本間(壘)と清水(雅義)が良く頑張った」と、7月上旬に負傷して一時チームを離脱したレギュラー2名の名をまっさき挙げ、全試合一本勝ちのを果たした本間と決勝で負傷個所である肘を極められながら最後まで「参った」しなかった清水の頑張りがチームの結束を呼んだ、と試合を総括した。

入賞者と準々決勝以降のスコア、決勝の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
3連覇達成の国士舘高

【入賞者】

優 勝:国士舘高(東京)
準優勝:日体荏原高(東京)
第三位:埼玉栄高(埼玉)、天理高(奈良)
第五位:東海大仰星高(大阪)、開星高(島根)、白鴎大足利高(栃木)、大成高(愛知)

【準々決勝】

埼玉栄高(埼玉) 2-0 東海大仰星高(大阪)
日体荏原高(東京) 3-1 開星高(島根)
国士舘高(東京) 5-0 白鴎大足利高(栃木)
天理高(奈良) ①代-1 大成高(愛知)

【準決勝】

日体荏原高(東京) 2-1 埼玉栄高(埼玉)
国士舘高(東京) 3-1 天理高(奈良)

【決勝】

国士舘高(東京) 3-2 日体荏原高(東京)
(先)本間壘○袈裟固(3:29)△長井晃志
(次)清水雅義△優勢[有効]○大吉賢
(中)河田闘志○優勢[僅差]△塚本綾
(副)磯村亮太△内股(1:37)○藤原崇太郎
(大)飯田健太郎○大外刈(2:13)△ハンガルオドバートル

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.