PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日体荏原が逞しさ発揮し崇徳を逆転、東海大仰星は大牟田退けベスト8入り決める・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート③3回戦

(2016年7月31日)

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。
日体荏原が逞しさ発揮し崇徳を逆転、東海大仰星は大牟田退けベスト8入り決める・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート③3回戦
eJudo Photo
海江田充輝が走り込んで来た西田将樹を呼び込んで払巻込、潰れたところからもう一段回して「有効」

eJudo Photo
東海大仰星高の大将・奥野友輝が大牟田高・久保大喜から支釣込足「技有」

【Aブロック】

東海大仰星高(大阪) 2-1 大牟田高(福岡)
(先)深山将剛○優勢[技有]△田中優大
(次)岡虎×引分×友清光
(中)吉村太一×引分×樽見優作
(副)海江田充輝△反則[指導4](3:48)○西田将樹
(大)奥野友輝○優勢[技有]△久保大喜

東海大仰星高が金鷲旗ベスト4の大牟田高に競り勝ち。
エース深山将剛の「技有」優勢で先制、次鋒岡虎、中堅吉村太一が引き分けて、迎えた勝負どころの副将戦は海江田充輝が九州ジュニア100kg超王者の西田将樹に挑む。海江田は遮二無二前に出てくる西田の前進行動を利用し、終盤左払巻込で転がし「有効」奪取。西田の猛攻の前に残り12秒で「指導4」を失って敗れはしたがこれで流れを繋ぐと、大将戦は奥野友輝が久保大喜から支釣込足「技有」を奪って劇的勝利。東海大仰星が見事栄光のベスト8への勝ち残りを決めることとなった。

eJudo Photo
代表戦、埼玉栄高・蓜島剛が東海大相模高・辻湧斗から内股「一本」

埼玉栄高(埼玉) ①代-1 東海大相模高(神奈川)
(先)焼谷風太△崩袈裟固(2:39)○辻湧斗
(次)長濱快飛×引分×平下麟太郎
(中)岩田歩夢×引分×笹谷健
(副)蓜島剛○内股(1:57)△石川智啓
(大)今入晃也×引分×河内優斗
(代)蓜島剛○内股(1:31)△辻湧斗

東海大相模の辻湧斗、埼玉栄の蓜島剛と両エースが「一本」を取り合って本戦5試合が終了。迎えた代表者1名による決定戦の出場指名を受けたのはもちろんこの2人である。

蓜島が右、辻が左組み。捌きやすく捌かれやすいケンカ四つであるが、辻は蓜島をいなすのではなくあくまで組み合っての攻撃を志向。蓜島、組んでくれればやり易いとばかりに釣り手を操作して力が伝わる状況を整えると右内股一閃。投げ込みのように綺麗に決まった一撃は文句なしの「一本」。高校選手権無差別覇者の蓜島がその実力をあらためて見せつけ、埼玉栄がベスト8進出を決めた。

eJudo Photo
長井晃志が神垣和他に腕挫十字固、神垣はあくまで「参った」せずにリードを守ったまま帰陣

【Bブロック】

日体荏原高(東京) ①-1 崇徳高(広島)
(先)長井晃志△優勢[有効]○神垣和他
(次)大吉賢×引分×長岡季空
(中)塚本綾○片手絞(3:36)△福永矩宣
(副)藤原崇太郎×引分×森近唯
(大)ハンガルオドバートル×引分×空辰乃輔

1回戦の国士舘-作陽戦と並ぶ、大会第1日最注目の一番。日体荏原は百々雄也に替えて次鋒に大吉賢を投入して布陣。

崇徳は先鋒の神垣和他が長井晃志を相手に組み際の右背負投に飛び込み2分0秒「有効」を獲得、長井の猛攻を凌ぎに凌ぎ、最後は腕挫十字固に極められながらも耐え切って優勢勝ちを果たす。腕は伸び切っていたがあくまで「参った」を峻拒、2年生選手の凄まじい執念で崇徳が先制に成功。

日体荏原にとっては戦慄のシナリオ。手指脱臼により金鷲旗から今一つ元気がなく、体格に怖じない大技連発というエンジンを失いつつある次鋒大吉賢には体格のある長岡季空、中堅塚本は軽量ゆえ追いかけて取りに行く展開は難しく、副将のエース藤原崇太郎にはしぶとい森近唯がマッチアップ。しかも、突貫タイプで状況を読むのが苦手な大将ハンガルオドバータルには後の先の柔らかさが特徴でこちらは試合がしっかり見えるタイプの空辰乃輔がマッチアップしている。以降の盤面にこのバッググランドを抱える中の先行で、勝負の針は激しく崇徳に振れる。

eJudo Photo
塚本綾が片手絞、福永矩宣が耐え切れず決定的な「一本」

eJudo Photo
空辰乃輔はスクランブル体勢、ハンガルが得意とする密着を自ら作り出して力勝負を挑む

しかし次鋒大吉は長岡の猛攻を凌ぎ切り殊勲の引き分け。追い詰められた残り1分には得意の裏投を久々見せて相手の攻勢を一歩退かせ、残り2秒で放たれた長岡の大外刈も裏投で持ち上げて無力化、みごとタイムアップのブザーを聞く。

そして中堅戦、塚本は福永矩宣を巴投に寝技で攻めるが、やはり体格差は埋めがたく具体的なポイント奪取は難しい象。しかし残り30秒を切ったところで、塚本は「腰絞め」のチャンスを得、そのまま相手の体を乗り越えて、片手絞で絞め上げる。この絞技が決まるかどうかはまさに分水嶺、会場固唾をのむ中福永の意思表示により「一本」が宣告されてこの試合は決着。日体荏原、まことに貴重な、それも「一本」による1点を得て、内容差のリードに成功。

副将戦は藤原崇太郎の力を無力化する森近唯の巧さが効いて引き分け。迎えた大将戦は空辰乃輔が相手のお株を奪う脇差し、密着、そして「やぐら投げ」と積極果敢な柔道を展開するが、ハンガルオドバートルはあるいは応じ、あるいはいなして我慢に我慢を続ける。空の幾度目かの思い切った「やぐら」からハンガルが畳に降りた残り7秒で試合はほぼ決着。この試合は引き分けに終わり、日体荏原がスコア2-2の内容差で準々決勝進出を決めることとなった。

「当たり」(オーダー順)もシナリオも利は崇徳にあり、かつての日体荏原であれば間違いなくどこかで橋を踏み外したであろう極めて難しい試合であった。高校選手権における全国制覇、そして国士舘と堂々渡り合った金鷲旗大会の準優勝を経て、日体荏原が逞しさを獲得したことが確認された一番であったと言える。作陽戦における国士舘の戦いぶり同様、厳しい戦いと勝利がチームをいかに成長させるか、それが如実に感じられた戦いであった。

eJudo Photo
開星・松村颯祐が前橋商高・飯島知寛から支釣込足「有効」

開星高(島根) 3-1 前橋商高(群馬)
(先)野口穂高○優勢[技有]△岡村京介
(次)松村颯祐○縦四方固(1:59)△飯島知寛
(中)山口和馬×引分×池田涼馬
(副)河野壮登○内股(1:34)△星野一貫
(大)金塚啓五△優勢[僅差]○澤浦賢治郎

難敵との2試合を勝ち抜いた開星が解放されたように強さを発揮。獲るべき選手がしっかり勝利を得、スコア3-1を以てベスト8への勝ち上がりを決めた。河野の豪快な内股には思わず観客席からどよめき。地元の期待にみごと応えた快勝劇であった。

eJudo Photo
堤大志が河田闘志の「やぐら投げ」に応じ、得意の小外掛で「一本」

eJudo Photo
国士舘高の大将・飯田健太郎が山口陸人を僅か11秒の出足払「一本」に仕留める

【Cブロック】

国士舘高(東京) 4-1 四日市中央工高(三重)
(先)本間壘○裏投(2:00)△弓矢凌輔
(次)清水雅義○横四方固(4:11)△柳川昂平
(中)河田闘志△小外掛(1:17)○堤大志
(副)磯村亮太○内股(0:49)△弓矢晃奨
(大)飯田健太郎○出足払(0:11)△山口陸人

国士舘、この試合も圧勝でここまで健闘の四日市中央工高を畳から退ける。四日市中央工高は中堅戦で堤大志が河田闘志の「やぐら投げ」に腹上まで持ち上げられながらも小外掛で上から乗り込み意地の「一本」。しかし副将戦まで3つの「一本」を積み上げた国士舘は大将飯田健太郎の素晴らしい出足払一撃でフィニッシュ。開始早々のファーストコンタクト、一瞬山口が視界から消えるとパンと乾いた音を立てて既にその体は飯田の足元にあり。勢い余った飯田がヒョイとその体を乗り越えると主審が「一本」を宣告して試合は終了、国士舘のベスト8進出が決まった。

白鴎大足利高(栃木) 2-1 沖縄尚学高(沖縄)
(先)長島立弥△合技(3:10)○崎山寛至
(次)浅沼亮太○大外刈(1:25)△糸数雄斗
(中)吉田功二○払腰(1:38)△小橋川寿紀
(副)釜石康太×引分×新垣慶一郎
(大)菊池優充×引分×吉元一翔

大混戦ブロックからのベスト8進出は白鴎大足利高。次鋒の浅沼亮太、中堅吉田功二の「一本」2つでリードを得ると、面倒な新垣慶一郎には試合巧者の釜石康太がマッチアップするという好配置。「功名地獄」のトーナメントを見事乗り越え、準々決勝進出の栄を得た。

eJudo Photo
大成高の大将・田中大地が神戸国際大附高の強者村上優哉から豪快な袖釣込腰「一本」を奪って勝負を決める。

【Dブロック】

大成高 3-2 神戸国際大附高
(先)渡邊神威△優勢[有効・小外掛]△丸山晃志
(次)森部篤知○優勢[僅差]△近藤樹
(中)東部直希○優勢[技有・隅落]△福井優駿
(副)清水祐希△優勢[有効・浮落]○倉見潤
(大)田中大地○袖釣込腰(3:20)△村上優哉

大成高は先鋒を岩倉優輝から渡邊神威に交代、一方の神戸国際大附高は宮川卓也を下げて村上優哉を大将に投入。双方決戦兵力を揃えての総力戦となった。

しかし、先鋒戦ではその渡邊が丸山晃志に優勢負けを喫し、大成高は流れ悪し。しかし森部篤知と東部直希を並べた後続ブロックで2つの勝ち星を拾ってこの悪い流れを食い止める。神戸国際はエースの倉見潤が清水祐希から浮落「有効」を奪って勝利を得、この時点でスコアは2-2。試合の行方は中量級対決がセットされた大将戦へと縺れ込む。

この試合は両者譲らぬ接戦となったが、最後は田中大地が村上優哉から見事な袖釣込腰で一本勝ち。大成が劇的勝利でベスト8進出の権利を得た。

eJudo Photo
天理高の先鋒矢野真我が木更津総合高・長澤大雅から内股巻込「有効」を奪う

天理高 2-1 木更津総合高
(先)矢野真我○反則[指導4](3:41)△長澤大雅
(次)笠原大雅×引分×坂東虎之助
(中)中野寛太○優勢[僅差]△大淵泰志郎
(副)仲尾航介△優勢[僅差]○兼原潤
(大)田中慎太郎×引分×山下魁輝

まさしく破竹の勢いで勝ち上がってきた木更津総合高だが、この3回戦は予想に反して大人しい試合が続く。これまで流れを作って来た先鋒長澤大雅が矢野真我に「指導4」の反則で敗れると、次鋒戦は坂東虎之助が81kg級の強者笠原大雅に突破口を見いだせず引き分け。

中堅大淵泰志郎は序盤で肩を負傷した中野寛太を攻めきれないどころか、逆境に奮起した中野に「指導3」まで奪われ優勢負けを喫する。この試合が決定的な分水嶺、副将兼原潤が僅差で勝利を収めて大将山下魁輝に何とか希望を繋ぐも、このチームの生命線である元気の良さは完全に削がれており、山下は田中慎太郎の地力を攻略出来ずに引き分けて勝負あり。地力の高さ、そして何より決して退かない戦いぶりをテコに天理高がベスト8生き残りを決めた。

結果決まった準々決勝のカードは、

東海大仰星高(大阪) - 埼玉栄高(埼玉)
日体荏原高(東京) - 開星高(島根)
白鴎大足利高(栃木) - 国士舘高(東京)
大成高(愛知) - 天理高(奈良)

となった。

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.