PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

強豪各校はいずれも快勝、地元開星は代表戦勝ち抜き3回戦に進出・第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート②2回戦

(2016年7月30日)

※ eJudoメルマガ版7月30日掲載記事より転載・編集しています。
強豪各校はいずれも快勝、地元開星は代表戦勝ち抜き3回戦に進出
第65回インターハイ柔道競技男子団体レポート②2回戦
■ 2回戦
eJudo Photo
東海大相模高は中堅笹谷健の谷落「技有」でついに均衡を破る

eJudo Photo
東海大相模高の大将・河内優斗が長崎日大高・永田賢斗から足車「技有」

eJudo Photo
埼玉栄高の副将・蓜島剛が高松商高・山畑倫弥から内股「一本」

【Aブロック】

東海大相模高(神奈川) 3-0 長崎日大高(長崎)
(先)辻湧斗×引分×桂潤哉
(次)平下麟太郎×引分×蠣崎洸太
(中)笹谷健○大外返(2:52)△山口貴也
(副)石川智啓○小外掛(0:10)△ニコーグディ
(大)河内優斗○優勢[技有]△永田賢斗

復活を期す東海大相模高がこの日初めて畳に登場。先鋒戦でエース辻湧斗、次鋒戦で得点役を担うべき平下麟太郎と前衛が2試合連続で引き分け、決して楽ではない立ち上がり。中堅笹谷健もなかなか技が嵌る場面がなかったが、中盤相手の大外刈を谷落で返して「技有」を得るとどうやら落ち着きを取り戻し、直後豪快な大外返「一本」をマークして先制に成功。続く副将石川は試合開始早々に小外掛で体を浴びせて一本勝ち、この時点でチームの勝利が決まる。

大将戦は河内優斗が中盤に得意の足車で「技有」獲得。永田賢斗の「やぐら投げ」など思い切った攻撃に手を焼いたが最後までこのリードを保ち続けて優勢勝ちを果たし、3-0で最終スコアをまとめてチームの2回戦進出を決めた。

東海大仰星高は倉吉北高(鳥取)に4-0で快勝。埼玉栄高は高松商高(香川)と対戦、中堅岩田歩夢が香川凌に横車で「技有」「有効」と失って1点を失ったが一本勝ち4つをマークし4-1で快勝。大牟田高は津幡高(石川)との競り合いを次鋒友清光、副将西田将樹、大将久保大喜の勝利をテコに3-2で制し、3回戦進出を決めている。

[Aブロック2回戦]

東海大仰星高(大阪) 4-0 倉吉北高(鳥取)
大牟田高(福岡) 3-2 津幡高(石川)
東海大相模高(神奈川) 3-0 長崎日大高(長崎)
埼玉栄高(埼玉) 4-1 高松商高(香川)

eJudo Photo
崇徳高の大将空辰乃輔が鳥栖工高・宮崎竜太から内股返「技有」

【Bブロック】

崇徳高(広島) 5-0 鳥栖工高(佐賀)
(先)神垣和他○合技(1:10)△山口将
(次)長岡季空○横四方固(1:37)△中島海斗
(中)福永矩宣○払腰(1:18)△平山湧太
(副)森近唯○背負投(3:57)△吉原誉貴
(大)空辰乃輔○反則(3:18)△宮崎竜太

エース格の長岡季空を次鋒に入れて今大会の崇徳の布陣が完成。前衛3枚がいずれも早い時間で一本勝ちを果たすと、副将森近唯も試合終了間際に背負投「一本」。大将の空辰乃輔も宮崎竜太から内股返「技有」に4つの「指導」と着々ポイントを積み上げて勝利。無失点、全試合一本勝ちの圧勝で勝負どころの3回戦へと駒を進めることとなった。

eJudo Photo
日体荏原高の次鋒・百々雄也が旭川竜谷高・大洞立樹から内股「技有」

eJudo Photo
日体荏原高の副将・藤原崇太郎が旭川竜谷高・佐々木惇希から小外刈「有効」

日体荏原高(東京) 5-0 旭川竜谷高(北海道)
(先)長井晃志○背負投(0:54)△鈴木涼介
(次)百々雄也○合技(4:10)△大洞立樹
(中)塚本綾○優勢[僅差]△荒木昭伍
(副)藤原崇太郎○縦四方固(1:02)△佐々木惇希
(大)ハンガルオドバートル○優勢[僅差]△川上冬一

日体荏原はどうやらエンジンが掛かり始めた印象。先鋒長井晃志の一本勝ちを受けた百々雄也は内股「技有」から抑え込んで快勝、前戦大人しい試合ぶりだった塚本綾は袖釣込腰に出足払、巴投と取り味のある技を連発し、むしろ相手の荒木昭伍が良く飛ばずに我慢したという体の試合で「指導3」まで積んで優勢勝ち。副将藤原崇太郎も開始早々に追い込みの利いた小外掛で「有効」を奪い、そのまま抑え込んで一本勝ち。大将ハンガルも僅差の優勢勝ちを決めて、最終スコアは5-0。気を良くして、この日最大の大一番である崇徳高との3回戦へと乗り込む。

eJudo Photo
代表戦、開星高の松村颯祐が延岡学園高・羽田野竜輝を袖釣込腰「一本」に仕留める

開星高(島根) ①代-1 延岡学園高(宮崎)
(先)野口穂高×引分×吉野弘人
(次)松村颯祐○袖釣込腰(1:10)△増田陽太
(中)山口和馬×引分×立石康平
(副)河野壮登×引分×斎藤彪雅
(大)金塚啓五△内股(1:27)○羽田野竜輝
(代)松村颯祐○袖釣込腰(1:59)△羽田野竜輝

エース松村颯祐の活躍をテコに地元開星が3回戦進出決定。次鋒戦では打点の高い袖釣込腰「一本」で増田陽太を豪快に宙を舞わせ、代表戦では羽田野竜輝を「やぐら投げ」で持ち上がるなど会場を大いに沸かす。最後は狙いすました左袖釣込腰で羽田野を畳に叩きつけ素晴らしい「一本」。松村劇場とでもいうべき大活躍であった。

[Bブロック2回戦]

崇徳高(広島) 5-0 鳥栖工高(佐賀)
日体荏原高(東京) 5-0 旭川竜谷高(北海道)
前橋商高(群馬) 3-1 和歌山北高(和歌山)
開星高(島根) ①代-1 延岡学園高(宮崎)

eJudo Photo
四日市中央工高・柳川昂平が京都学園高・嶋﨑太紀から払腰「一本」

eJudo Photo
大将山口陸人が井口大毅から小外刈「技有」、四日市中央工高が快勝

【Cブロック】

四日市中央工高(三重) 2-0 京都学園高(京都)
(先)弓矢凌輔×引分×勝部翔
(次)柳川昂平○払腰(1:27)△嶋﨑太紀
(中)堤大志×引分×奥田將人
(副)弓矢晃奨×引分×増田宙
(大)山口陸人○優勢[技有]△井口大毅

強豪対決は四日市中央工の快勝。次鋒柳川昂平、中堅堤大志、大将山口陸人のポイントゲッター3枚が確実に仕事を果たした。柳川がまず払腰「一本」で先制点を挙げると、堤は奥田將人に仕事をさせず引き分け。京都学園としてはエース井口大毅の一本勝ちに賭けるしかない状況であったが、山口は逆に小外刈「技有」を得て図太く勝利。スコア2-0で勝利した四日市中央工高がベスト16進出決定、王者・国士舘への挑戦権を得た。

国士舘高(東京) 4-0 国東高(大分)
(先)本間壘○小外掛(2:02)△近藤魁斗
(次)清水雅義○袈裟固(1:07)△佐藤誠
(中)河田闘志○内股(0:36)△和泉川武蔵
(副)磯村亮太×引分×中島大貴
(大)飯田健太郎○大外刈(1:06)△高橋泰之郎

国士舘が金鷲旗ベスト16の実力校・国東を寄せ付けずに快勝。あっと言う間の3連続「一本」で勝利を決めると、大将飯田の豪快な大外刈「一本」で締め括り。磯村が相手方のエース・中島大貴と引き分けはしたものの、大枠隙のない試合ぶり。強さを見せつけた一番であった。

[Cブロック2回戦]

白鴎大足利高(栃木) ②-2 常翔学園高(大阪)
沖縄尚学高(沖縄) 4-0 新庄東高(山形)
四日市中央工高(三重) 2-0 京都学園高(京都)
国士舘高(東京) 4-0 国東高(大分)

eJudo Photo
神戸国際大附高の中堅福井優駿が鹿児島情報高山本康介から大外刈「一本」

【Dブロック】

神戸国際大附高(兵庫) 3-0 鹿児島情報高(鹿児島)
(先)丸山晃志×引分×松本司
(次)近藤樹○優勢[技有・小外刈]△青柳大虎
(中)福井優駿○大外巻込(0:48)△山本康介
(副)倉見潤×引分×田中秀伍
(大)宮川卓也○優勢[有効・背負投]△中武大智

今季全国大会に初めて姿を見せた強豪・神戸国際大附高が快勝。エース格の倉見潤が田中秀伍と引き分けたものの戦線すべてに渡って目立った穴がなく、鹿児島情報高に付け入る隙を与えなかった。

eJudo Photo
大成高の副将清水祐希が豪快な大外刈で東海大甲府高・坂牛のぞむを畳に沈め「一本」

大成高(愛知) 5-0 東海大甲府高(山梨)
(先)岩倉優輝○小外刈(0:58)△中村勝登
(次)森部篤知○優勢[僅差]△長嶋勇斗
(中)東部直希○内股(3:32)△西野孝祐
(副)清水祐希○大外刈(1:04)△坂牛のぞむ
(大)田中大地○反則[指導4]△中村颯

全体のサイズに差はないものの、地力は大成高が数段上手。エースの渡邊神威を温存したまま5試合を走り抜け、ストレート勝ちを収めた。

eJudo Photo
木更津総合高の大将山下魁輝が高川学園高渡邉亮太から大内刈「一本」

木更津総合高(千葉) 5-0 高川学園高(山口)
(先)長澤大雅○肩固(1:14)△加倉寛士
(次)坂東虎之助○合技[背負投・横四方固]△水田健志朗
(中)大淵泰志郎○反則[指導4](3:29)△名和田虎太朗
(副)兼原潤○大外刈(3:00)△河村充
(大)山下魁輝○大内刈(1:07)△渡邉亮太

前戦会場を驚かせた木更津総合高の勢いはこの試合も止まず。4つの「一本」と1つの反則勝ちという圧倒的な内容で高川学園高を粉砕。勝負どころの3回戦へと駒を進めることとなった。次戦に控える相手は西の強豪・天理。

eJudo Photo
天理高の副将仲尾航介が切れ味鋭い小外掛で田村高・国分裕輝を畳に沈め「一本」

天理高(奈良) 5-0 田村高(福島)
(先)矢野真我○優勢[僅差]△杉山海
(次)笠原大雅○内股(2:30)△熊田海星
(中)中野寛太○浮落(2:45)△斉藤大輔
(副)仲尾航介○小外掛(2:41)△瀧澤秀斗
(大)田中慎太郎○内股(2:34)△国分裕輝

天理高が東北総体王者の田村高を一蹴。全員が徹底して先に攻めるというポリシーを貫き、田村高に「指導」」1つさえ与えない完璧な試合運び。次鋒戦からは「一本」を4つ並べてスコア5-0のストレート勝ちを以て3回戦進出を決めた。

[Dブロック2回戦]

神戸国際大附高(兵庫) 3-0 鹿児島情報高(鹿児島)
大成高(愛知) 5-0 東海大甲府高(山梨)
木更津総合高(千葉) 5-0 高川学園高(山口)
天理高(奈良) 5-0 田村高(福島)

※ eJudoメルマガ版7月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.