PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【リオ五輪柔道競技完全ガイド】海老沼匡最有力も決定打見出しがたし、アンバウルら有力選手入り乱れて打倒を狙う・リオデジャネイロ柔道競技66kg級展望

(2016年7月23日)

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。
【リオ五輪柔道競技完全ガイド】海老沼匡最有力も決定打見出しがたし、アンバウルら有力選手入り乱れて打倒を狙う・リオデジャネイロ柔道競技66kg級展望
■ 階級概況
eJudo Photo
2014年グランドスラム東京準々決勝、海老沼匡対アン・バウル。リオ五輪ではこの2人の世界チャンピオンが準決勝で対戦濃厚

eJudo Photo
66kg級実力推測マップイメージ

011年パリ大会、2013年リオ大会、そして2014年チェリャビンスク大会と世界選手権を3連覇した海老沼匡の実績が他を圧している。66kg級の五輪参加選手の中でこの5年間世界タイトルを獲ったのは海老沼と2015年アスタナ大会の王者アン・バウル(韓国)だけ。そして海老沼が今年ツアー最重要大会であるグランドスラム・パリでそのアンから完璧な内股「一本」で勝利して(ついでに言えば、この大会では追撃グループの最有力選手の1人であるダバドルジ・ツムルクフレグからも大内刈で一本勝ちしている)圧勝Vを果たしたことを考えれば、五輪の金メダル最有力候補には海老沼を挙げるのがまさしく順当かと思われる。

ただしご存知の通り海老沼はアスタナ世界選手権で4連覇に失敗、同年12月のグランドスラム東京も落とし(決勝で髙上智史に敗退)、今年の全日本選抜体重別でも優勝を逃している。この3敗のうち海外選手からの敗北は1試合のみ、どころか実はロンドン後の4年間で海老沼が海外選手に敗れたのはこのアスタナと2014年チェリャビンスク世界選手権団体戦のカンマゴメドフ(ロシア)戦の僅か2試合だけであるが、これまでの最強イメージが強すぎた分、反動として海老沼の「絶対性」イメージに傷がついたことは間違いない。もともと「なぜそんなに鮮やかに勝つのか」が曰く説明し難いタイプであったこともあり、絶対的なまでの優勝候補としてまでは推しがたいところがある。海老沼の強さの源泉が異常なまでの投げへの執念であり、アスタナで食ったような返し技一発の可能性を排除出来ないところもこの観測をいや増す。

しかしこの階級の後続グループも個性派の面白い選手揃いながら飛び抜けた強さと実績を残している選手はいない(世界王者が2人しかいないのだから当たり前と言えば当たり前だが)。世界王者アンが海老沼のライバルの一番手であることは間違いないが、戴冠後ツアー3大会で優勝を飾る一方グランドスラム東京では竪山将、グランドスラム・パリでは海老沼匡、韓国国内予選でも一次トーナメントでは1度敗れており、海老沼対アンというような「個対個」の対立軸でトーナメント全体を切るには両役者ともあと一歩。

というわけで今大会の構図は金メダル候補一番手の海老沼に対する、アン、ダバドルジ、ミハエル・プルヤエフ(ロシア)らの強豪選手グループとゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)やゴラン・ポラック(イスラエル)らひとたび事が起これば一気に登頂できてしまいそうな面白さを体内に孕むグループで構成する「多国籍軍」との戦いというイメージで捉えるのが正しいだろう。海老沼が一番手もその地位は絶対ではなく、決定的なライバルはいないがその牙城に手先が届く可能性のある選手は複数。予想する側からしても日本人ファンとしての立場で考えても、少々面倒な階級だ。

この競技においてはこういった「強さの棲み分け」は一定以上の意味は持ち得ず、対戦相手個々の組み手や持ち技、性格や戦い方の志向性など対戦相性まで踏み込まねば予想としてはあまり意味がない。

しかし海老沼にはこういったことはあまり関係なく、特に苦手なタイプもいない。勝敗の帰趨はあくまで海老沼本人の内側にあると考えるべきだろう。

海老沼のここのところの出来不出来の激しさ(というよりもこれだけ才能ある選手の粒が揃った混戦階級で世界選手権を3連覇する絶対性がもともと異常なのだが)を読み解くカギはコンディショニングにある。肉体的に要求される項が多くただでさえ過酷な66kg級にあって、6年間近く世界の一線を張り続けた海老沼の体はまさしく満身創痍。また、怪我防止の観点もあって積極的に導入したウエイトレーニングによる体格の絶対的なスケールアップは減量に掛かる負荷をも増した。この状況で1年に何回もスーパーレベルの大会にフォーカスし直すことはどうしても難しい。今季前半の最重要大会と位置づけて調整が噛み合ったグランドスラム・パリ大会の凄まじい出来の良さを考えればやはり実力の到達点はナンバーワン。調整さえしっかり出来れば海老沼の「優勝候補の第一」という地位は「絶対的な優勝候補」というステージへと変換できるものと考える。

もう1つ。「選手紹介」の項でも書いた通り、海老沼の強さの源泉は既に功成り名遂げた競技者にはありえないほどの思い切りの良さ。ロンドンで銅メダルに終わり、「オリンピックの金だけが目標」とあまりに長期間思い入れて来たその精神的熱量の高さが本番でこの長所を増幅するのか、それともギリギリで「絶対に負けられない」という消極的方向に振れてしまうのか。メンタル的なコンディション、自分の強さの所以を見つめた腹の括りっぷりが勝負を決める。

■ 有力選手
eJudo Photo
世界選手権3連覇の海老沼匡。ロンドン五輪では銅メダルだった。

海老沼匡
Masashi Ebinuma
26歳 1990/2/15
組み手:左 WR7位
所属:(世田谷学園高→明治大→)パーク24
得意技:背負投、腰車、大内刈、内股、支釣込足

今大会の本命。その特徴は豪快な投技と、決して止まらぬ柔道の進化。内股、背負投、腰車、支釣込足に大内刈と毎年「一本」を狙える技を増やし続け、2014年の世界選手権ではそれまで全くと言って良いほどやらなかった寝技攻撃をも見せて3度目の戴冠。黙っていればどこからでも技が飛んでくる、少しでも崩れればあっという間に寝技に引きずり込まれる、と相手はまさしく為す術がなかった。
キャリアのここぞという場面では必ず投技「一本」を決めて見せる勝負強さも大きな特徴。
ただし2015年の世界選手権奪取失敗、4月の選抜体重別敗退などでかつての絶対性にイメージ的な傷がつきつつあることは否めない。

相手の技すら避ける、受ける、あるいは単に返すのではなく全て自らの投げに変換する、いわば攻めも守りも全て投げによって行うタイプ。この特徴を貫きうる精神的な貪欲さと肉体的なタフさが常に求められる高燃費、高出力型である。ゆえにコンディション調整が非常に大きなカギ。

【おもな戦績】
2011年 パリ世界選手権 優勝
2012年 ロンドン五輪 3位
2013年 リオ世界選手権 優勝
2014年 チェリャビンスク世界選手権 優勝

【最近の成績】
2015年12月 グランドスラム東京 2位
2016年2月 グランドスラム・パリ 優勝
2016年4月 全日本選抜体重別選手権 3位

eJudo Photo
アン・バウル (韓国)

アン・バウル (韓国)
AN Baul
22歳 1994/3/25
組み手:左 WR1位
得意技:左背負投、左背負投(韓国背負い)、左袖釣込腰

典型的な韓国型背負投ファイター。
長時間組み合うことはせず、絞り合いの組み手争いから二つ持った瞬間に担ぎ技を仕掛け、この「仕掛けること」自体で試合を組み立てていく。技の威力自体も十分であり、日本選手と対戦する際の韓国選手の気迫を考えればやはり非常に恐ろしい存在。

韓国の国内予選は信じがたいほどタフ。まず候補者全員による一次トーナメントが行われ、この優勝者がまず代表候補決定戦に進出。次に優勝者以外の全員が参加する二次トーナメントが行われ、最後まで勝ち抜いたものが代表候補決定戦の権利を得る。一次トーナメントの勝者は代表候補決定戦で1度負けても再度勝負が出来るアドバンテージがあり、一方二次トーナメントからの決定戦進出者はここから同じ相手に2連勝しなければ優勝に辿り着くことが出来ない。そして以上全てがたった1日で行われる。「狙われる」側の選手が勝ち抜くことは至難の業と言えよう。

アンは一次トーナメントで金琳換に敗れ、しかしここから二次トーナメントを全勝、さらに代表候補決定戦で2連勝するというもっとも厳しいシナリオを完遂して優勝。一見線が細い選手だが、この過酷な予選を本命として勝ち抜くだけの凄まじいタフさがあるわけだ。

今年の国際大会は海老沼に敗れたグランドスラム・パリ以降は全勝、それもグランプリ・デュッセルドルフとワールドマスターズという最重要2大会を制している。また2015年のシーズン開始からここまで、国際大会では日本選手以外に負けていない。海老沼追撃の一番手と考えておいて良いだろう。

【おもな戦績】
2013年 世界ジュニア選手権 優勝
2015年 アスタナ世界選手権 優勝
2016年 ワールドマスターズ 優勝

【最近の成績】
2015年12月 グランドスラム東京 予選ラウンド敗退
2016年2月 グランドスラム・パリ 3位
2016年2月 グランプリ・デュセルドルフ 1位
2016年5月 ワールドマスターズ 1位

参考動画:2016ワールドマスターズ準決勝 ゴラン・ポラック戦 「韓国背負い」。一瞬巧みに間合いを作っている。

eJudo Photo
ダバドルジ・ツムルフレグ(モンゴル)

ダバドルジ・ツムルフレグ(モンゴル)
DAVAADORJ Tumurkhuleg
25歳 1990/9/29
組み手:右 WR2位
得意技:右小外掛、左小外掛、浮落、隅落、右体落、右背負投

階級屈指のパワーが武器。
背中、あるいは肩口を抱き込むようにして組むモンゴル式の組み手から圧をかけつつ足技で崩して、押し倒すように相手を捩じ伏せる。
海老沼匡には分が悪いが、その他の日本人には非常に強い日本人キラー。髙上智史、阿部一二三の2人はこの選手に代表への目を潰されたと言って良いかと思われる。世界大会の表彰台はないが、いつ頂点に辿り着いてもおかしくない強者。

【おもな戦績】
2014年 アジア大会 優勝
2015年 グランドスラム・パリ 優勝

【最近の成績】
2015年12月 グランドスラム東京 3位
2016年2月 グランドスラム・パリ 2位
2016年5月 ワールドマスターズ 2位

参考動画:
2015年グランプリ・デュセルドルフ予選ラウンド 阿部一二三戦 1:43から「やぐら投げ」で「技有」
2015年グランプリ・ウランバートル決勝 阿部一二三戦 圧を掛けて誘い、燕返「一本」

eJudo Photo
カエル・プルヤエフ (ロシア)

ミカエル・プルヤエフ (ロシア)
PULYAEV Mikhail
29歳 1987/6/22
組み手:左 WR3位
得意技:左背負投、肩車、寝技

海老沼以外の選手がなかなか継続して成績を残せない混戦下にあってここ一番で強さを発揮、世界選手権で2度銀メダルを獲得している安定株。最近では珍しい立った状態からの打点の高い背負投を駆使し、決まり技は極めて豪快である。ひたすら担ぎまくり悠然と開始線に戻る様はあたかも古賀稔彦の現役時代のごとく。寝技も巧み。

現在ロシアのドーピング問題の渦中にあり、出場の可否は不透明。

【おもな戦績】
2014年 チェリャビンスク世界選手権 2位
2015年 アスタナ世界選手権 2位

【最近の成績】
2015年11月 グランプリ済州 1位
2016年2月 グランプリ・デュッセルドルフ 3位
2016年5月 グランドスラム・バクー 1位

参考動画:
2015アスタナ世界選手権3回戦 ダビド・ラローズ戦 左背負投「一本」
2015ワールドマスターズ準々決勝 ロイック・コーバル戦 左背負投「一本」。打点高く持ち上げ、前に飛び込んで決める。

eJudo Photo
>ゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)

ゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)
ZANTARAIA Georgii
28歳 1987/10/21
組み手:左 WR5位
得意技:左腰車、左大腰、左釣込腰、左小外掛、右小外掛、裏投、左大外刈

【おもな戦績】
2013年 リオ世界選手権 3位
2014年 チェリャビンスク世界選手権 3位

【最近の成績】
2015年10月 グランドスラム・パリ 2位
2015年10月 グランドスラム・アビダビ 3位
2015年3月 グランプリ・トビリシ 初戦敗退
2016年6月 ヨーロッパオープン・マドリッド 優勝

もと60kg級の世界チャンピオン(2009年ロッテルダム大会)。ロンドン五輪後に階級を変更、徐々に対応し66kg級でも世界選手権で2度3位に入賞している。

持ち味はなんといっても並外れた身体能力の高さ。無理な体勢からでも体を反って技を仕掛て、異様な軌道の投げで会場を沸かすこと多々。攻撃のみならず、曲芸師とでも呼ぶべき驚異的な受けの技術も見もの。2013年ごろに公開された相手の大外刈を「逆上がり」することでひっくり返す技術(プロレスだと「不知火」というそうである)は選手間でセンセーションを呼び、また相手に投げられながら宙返りして腹ばいに落ちる技術は2014年上半期にフォロワーが続出、同年の世界選手権で生まれた「高く放ると決まらない」という異常な状況の呼び水となった。IJFが2015年から打ち出した所謂「ブリッジ一本」(頭から着地して技を回避した場合は一律一本負け)ルールにはこの選手の特異な受けがかなりの影響を与えていると思われる。

パワーも兼ね備えており、得意技は大技ばかり。着々持ち技を増やしており、60kg級時代最大の武器であった脇下を握っての小外掛はいまや複数ある主戦武器の一。階級きっての好役者である。

このところ試合出場を極端に絞っており、今年出場したツアーは3月のグランプリ・トビリシ(初戦でヴェスハ・マグヴェラシビリに敗退)のみ、マイナーゲームも6月のヨーロッパオープンマドリッド(優勝)1大会だけ。五輪に対する調整、そして新技術研究の気配明らか。

参考動画:
「Georgii Zantaraia - Stage Technique d'hiver 2013」 講習会で披露したザンタライアのテクニック集。0:50から連続で技術を収録。上記の大外返は1:00から。

eJudo Photo
ゴラン・ポラック(イスラエル)

ゴラン・ポラック(イスラエル)

POLLACK Golan
24歳 1991/9/10
右組み WR8位
得意技:肩車、横落、右大内刈、右小外刈、左内股(やぐら投げ

アスタナ世界選手権銅メダリスト。
手足の長さを活かした密着柔道、と見られがちだが実は「指導」狙いの戦術派ファイターである。自分から返されるリスクを負う策にはあまり打って出ず、獲得したポイントの多くが肩車か横落という返し技のリスクが少ない技によるもの。ただし高い戦術性を創造性に繋げつつある印象もあり、本番での登攀力に繋がる「面白いこと」を考える要素を持った選手でもある。今年のグランプリ・デュッセルドルフ準決勝で高市賢悟を投げた、左手で帯を持って回転数を増しながら投げる「やぐら投げ」などには要注意。eJudoレポート記事で「大回転投げ」と表記した、あれである。

参考動画:2016年グランプリデュセルドルフ準決勝、vs髙市賢悟戦 3:05くらいから「大回転投げ」

eJudo Photo
リショド・ソビロフ(ウズベキスタン)

Photo from IJF

リショド・ソビロフ(ウズベキスタン)

SOBIROV Rishod
29歳 1986/9/11
左組み WR11位
得意技:右小外掛、左小外掛、隅落、内股透

もと60kg級の世界選手権連覇(2010年東京大会、2011年パリ大会)者。アスタナ世界選手権66kg級3位。
ロンドン五輪後に階級を変更。階級変更後はザンタライアほどの成績は残せていないが、60kg級時代階級を席捲した密着した状態からの強さは健在。相手を股中で回すのが上手く、海老沼匡が左大内刈を透かされて敗れた試合(アスタナ世界選手権予選ラウンド)は記憶に新しい。

参考動画:アスタナ世界選手権予選ラウンド 海老沼匡戦

eJudo Photo
チャールズ・チバナ(ブラジル)

チャールズ・チバナ(ブラジル)
CHIBANA Charles
26歳 1989/9/12
右組み WR19位
得意技:右背負投、右背負投(両手で釣り手側の襟を持っての背負投)、裏投、抱分

パンナム選手権3連覇(2014~2016)者。前任者は現在の標準技術「足を持たない肩車」術者のハシリであったレアンドロ・クーニャであり、ロンドン五輪後この選手に代わる形でブラジルの第一人者に。

潜在能力の高さは脅威。2014年のパンナム制覇後は一時ワールドランキング1位に躍り出たこともあり、好調で迎えた同年の世界選手権はこの選手を優勝候補に挙げる声も多かった。弾けるような担ぎ技に打点の高い裏投と技の鋭さ派手さは階級屈指で、ゆえに競技者層にファンが多い。組み際の技に頼り過ぎたことと、組み手の形のバリエーションの少なさゆえか以後はやや低調。トップグループから引き離されたまま立ち位置が落ち着いてしまった感があるが、地元開催で気合の入る立場だけに注意が必要。

参考動画:Charles Chibana 柔 道 Judo compilation

eJudo Photo
ヴァズハ・マルグヴェラシビリ(ジョージア)

Photo from IJF

ヴァズハ・マルグヴェラシビリ(ジョージア)

MARGVELASHVILI Vazha
22歳 1993/10/3
左組み WR10位
得意技:左内股、左払腰、左大外刈、左大内刈、裏投、左内股(やぐら投げ)、隅返

2016年ヨーロッパチャンピオン。ツアーでも今年3月のグランプリ・トビリシで初優勝を飾ったばかりで上り調子にある。
グルジア選手らしい密着柔道が持ち味。釣り手の位置に拘り過ぎず、相手の背中、帯、肩口とどこを持っていても威力のある左内股を仕掛けてくる。しかしこれぞという特定の得意技に頼るタイプではなく、パワーと密着圧力をテコに前、後、横と様々な技でポイントを奪う。もつれ合った展開から襲って来る鋭い足技にも注意が必要。Bグループ以下に面白い選手が揃うこの階級にあってもひときわ不気味なダークホース的存在であり、大会を荒らす可能性大いにあり。

参考動画:2016年グランプリ・トビリシ予選ラウンド ゲオルギー・ザンタライア戦
決まり技である小外刈「一本」はもちろん、マルグヴェラシビリの面白さが良く出た好試合。再三の「ザンタライア受け」によりなかなか決まらないがその攻撃意欲と密着技の迫力は出色。ちなみに前年のトビリシにおけるザンタライア戦も好試合であった。

eJudo Photo
ニジャット・シカリザダ(アゼルバイジャン)

Photo from IJF

ニジャット・シカリザダ(アゼルバイジャン)
SHIKHALIZADA Nijat
28歳 1998/1/21
左組み WR9位
得意技:左小外掛、右小外掛、左袖釣込腰、巴投、隅返、左一本背負投、左内股

2005年カイロ世界選手権60kg級に17歳で参加。銅メダルを獲得し、史上最年少メダリストとなった。翌年世界ジュニア選手権で優勝、登場のインパクトからするとスケールダウンしたが今も存在感のある強豪であり続けている。

曲者タイプのパワーファイター。小柄ながら密着してからの左右の小外掛に左内股、隅返を駆使する大技志向の一発柔道。組み際に両手で引き手側の袖を持って仕掛ける左一本背負投や、巴投(横巴)にも注意が必要。

■ シード予想
eJudo Photo

予想されるシード順は下記。組み合わせは右の画像をクリックして参照されたい。もしプルヤエフが出場できない場合(ロシアのドーピング問題により)、ザンタライア(第4シード)がプルヤエフ(第3シード)の位置に繰り上がり、海老沼(第5シード)がザンタライアの位置に入る。

というわけで、海老沼はプルヤエフの出場可否に関わらずアン・バウルかマルグヴェラシビリと準決勝を戦う配置である。前述の通りあまり相性的な得手不得手のない海老沼だが、力関係と持ち技がハッキリしているアンよりは密着で「どうなるかわからない」間合いを作り続けて、かつどの方向にも一発を狙って来るマルグヴェラシビリが来た場合のほうが面倒といえば面倒。

ドロー上の不確定要素はソビロフと、フォーカス力抜群の32歳スゴイ・ウリアルテ(スペイン)かと思われる。どちらも相手を「嵌める」ことに長けており、誰がこの2人、特にソビロフを引くかがひとつの焦点。

【プールA】

第1シード:アン・バウル(韓国)
第8シード:ヴァズハ・マルグヴェラシビリ(ジョージア)

【プールB】

第4シード:ゲオルギー・ザンタライア(ウクライナ)
第5シード:海老沼匡

【プールC】

第2シード:ダバドルジ・ツムルクフレグ(モンゴル)
第7シード:ニジャット・シカリサダ(アゼルバイジャン)

【プールD】

第3シード:ミカイル・プルヤエフ(ロシア)
第6シード:ゴラン・ポラック

※ワールドランキング(WR)は五輪出場権、シード権の基準となる5月30日時点のもの

文責:古田英毅
協力:林さとる
Text by Hideki Furuta

→「リオデジャネイロ五輪柔道競技完全ガイド」に戻る

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.