PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「選手権の経験を生かしてベスト4以上を狙う」金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー⑧大牟田高・杉野健次郎監督

(2016年7月20日)

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。
「選手権の経験を生かしてベスト4以上を狙う」
金鷲旗&インターハイ男子有力校監督インタビュー⑧大牟田高・杉野健次郎監督
―全国高校選手権では見事ベスト8、九州大会では素晴らしい内容で優勝しました

九州大会は上手く行き過ぎですね。ただ失点もありませんでしたし、非常に大きな自信にはなりました。しかしご覧の通り体が大きいチームではありませんし、金鷲旗の方は、ルール(※「指導」差ではなく「指導2」以上で勝敗が決する)を考えると非常に厳しい戦いが待っていると思っています。

―今代はどんなチームですか?

去年から出ている選手は西田(将樹)だけ。全国中学校大会に出たような選手もいませんが、その中で非常に頑張ってくれている代ですね。主将の西田とマネージャー兼の友清(光)を中心にすごく前向きなチームです。とにかく手を抜かない真面目な子たち、その真面目さが結果として少しずつ出て来ています。

―九州ジュニアの最重量級を制した西田選手、そして友清選手の特徴をご紹介ください

西田は技術も含めてまだまだこれからの選手。ただ中学で詰め込んでいないぶん、伸びしろは十分ある。今まさしく伸びている時期で、私の立場から見ても、これから全国で戦うのは非常に面白いと思いますよ。一方友清は非常に勝負勘の良い、バランスの取れた選手。昨年は73kg級で全国大会を経験したのですが、一階級上げて体が大きくなり、団体のメンバーとして勝負出来るようになりました。
ただ、やっぱりうちは全国で見れば突出した選手がいるわけではないので、チーム力で戦っていかなくてはいけない。もともと今年勝つとは思われていなかったチームがここまで来た、そして大きな怪我もありませんので、ぜひ結果を出したいと思っています。

―ベスト8の上は大激戦。強豪チームとどう戦っていきますか?

選手権では僅差の接戦を制して勝ち抜き、最終的に負けはしましたが準々決勝の埼玉栄戦では久保(大喜)がすごく頑張って(編集注:今入晃也と長濱快飛から一本勝ち)良い試合が出来ました。あの経験を生かして、抜き勝負でも、点取りでも、あきらめない柔道で勝負をしていきたい。

―目標としているのは高校選手権を上回る成績ですね。

はい。金鷲旗、インターハイの両大会ともベスト4以上を目指します。金鷲旗は地元福岡での大会ですし、是が非でもみなさんの期待に沿えるような成績を残したいと部員全員が思っています。頑張ります。

※インタビューは7月15日に行われました

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.