PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「とにかく普通にやっています、一生懸命頑張るだけ」金鷲旗&インターハイ女子有力校監督インタビュー 敬愛高・吉元幸洋監督

(2016年7月19日)

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。
「とにかく普通にやっています、一生懸命頑張るだけ」
金鷲旗&インターハイ女子有力校監督インタビュー 敬愛高・吉元幸洋監督
eJudo Photo
敬愛高・吉元幸洋監督

―地元の金鷲旗、そしてインターハイといよいよ夏の大会を控え、チームの雰囲気はいかがですか?

うーん。普通です(笑)。特に変わったこともありませんね。何も考えていないんじゃないですか?(笑)

―大きな怪我もなく、ほぼ順調?

順調・・・。そうですね、何が順調なのか僕にも良くわかりませんが、だいたいこんなもの、普通通りだと思います。小さい怪我はどのチームの選手にもあると思いますし、例えば大きな怪我で試合に出られない選手がいるとか、そういうことはありません。

―今代チームはまず高校選手権を制しました。全国制覇を経て選手たちに変化はありましたか?

まったく変わっていないですね。こんなものかというか、ただ、1つの試合が終わったなという感じでした。こういうと記事にならないのではないかと申し訳ないのですが、本当に普通通り。ぜんぜん変わらないんですよ。

―児玉ひかる選手は今季最大の大駒、止められる相手がいないのではという観測があります。

そうですか?そんなにたいしたことはないですよ(笑)。仰る通りになってくれればいいですが、まだまだこれからの選手です。

―児玉選手は先生から見てどんな選手ですか?また敬愛高で一気に成長した理由は?

児玉は・・・手が掛かる子ですね(笑)。田舎の子ですから、真面目です。良い意味で世間知らずなところがあるので、本人にも「お前はど田舎から来たんだから色々勉強しなきゃいけないんだぞ」と言ってきたのですが、この2年間で考え方が大人になってきたなとは思います。預かった時から「こう育てたい」と僕の中にビジョンがあって、性格や体力を考えて、それを実現させるために本人の意識づくりや筋道を作ってあげたというのは、あります。ただ(自分が見てあげられるのは)高校カテゴリまでの話ですから、欲張り過ぎてはいけない。あまり詰め込まず、でも高校時代まででスタイルは決まってしまうのでそこはしっかり。これから先もオードソックスな柔道で「一本」を獲るスタイルであり続けて欲しいなとは思っています。

―新森涼選手をはじめ、脇を固める選手たちはどうですか?

去年から試合に出ている選手ばかりなので、「(試合が)近づいて来ているなあ」くらいの意識ではないかと思います。気負っていないと思いますよ。普通ですね。

―先生、いつもにも増して平常心というか「普通」が多いですね?

ちょっと疲れているんです(笑)

―今はどんな稽古をしていますか?

もう追い込んではいないですね。明日まで学校もありますし、あとは試合運びなど軽い確認だけやって本番という感じです。私には指導技術もないですし、情報を入れすぎると頭で柔道をし過ぎるようになってしまうので、研究も選手に任せています。対戦相手のことは子どもたち同士のほうがよくわかっていると思いますし、自分たちでしっかりやってると思いますよ。

―これまで金鷲旗を獲った歴代チームのような、いいパターンに嵌っていることを感じられたりしますか?

毎年チームのカラーは変わりますし、戦力も違います。色々な面があってのことなので、「あの時はこうして勝ったから、今回もそうする」というようなルーティーンはないです。どこもそうじゃないでしょうか?その時その時で運があるチーム、色々な条件が合ったチームが勝つということで、やっぱり日ごろの稽古が一番大事ですよ。

―高校選手権も獲り、「3冠」の権利があります。

いや、全然考えていないですよ。とにかくひとつひとつの試合を、怪我しないで一生懸命に頑張ってくれれば。それで良いですし、言うことがあるとすればそのことだけですね。ひとつひとつ、一生懸命にやります。

※インタビューは7月19日に行われました

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.