PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ロシアと日本が表彰台を分け取り、日本勢が7階級中6階級を制す・グランドスラムチュメン第1日

(2016年7月17日)

※ eJudoメルマガ版7月17日掲載記事より転載・編集しています。
ロシアと日本が表彰台を分け取り、日本勢が7階級中6階級を制す
グランドスラムチュメン第1日
グランドスラム・チュメン大会は16日、ロシア・チュメンで開幕。初日は男女合わせて7階級の競技が行われ、全階級に選手を送り込んだ日本勢は6階級を制した。

日本勢の女子は48kg級の渡名喜風南(帝京大3年)、52kg級の志々目愛(了徳寺学園職)、57kg級の芳田司(コマツ)、63kg級の能智亜衣美(筑波大3年)と全階級で優勝。大会は若手有望選手を送り込んだ日本と、ジュニア世代で成績を残した選手および五輪を逃した2番手選手の2グループでチームを構成した地元ロシアが表彰台を分け取り、全階級で決勝を争うという様相だった。国内の2番手選手同士が戦った52kg級決勝は志々目がユリア・リツォヴァを「指導1」の優勢で破り、48kg級決勝では渡名喜がナタリア・コンドラチェワをGS延長戦の末に崩上四方固で破った。

男子は60kg級の大島優磨(国士舘大4年)と66kg級の阿部一二三(日体大1年)が優勝。大島は決勝で2015年ユニバーシアード3位でランキング69位のアルバート・オグゾフ(ロシア)を下し、阿部は同じく15年ユニバーシアード3位でランキング42位のアンザルウル・アルダノフ(ロシア)を破った。

各階級の入賞者、決勝の結果と日本選手全試合の勝ち上がりは下記。

■60kg級
(エントリー8名)

【入賞者】
1.OSHIMA, Yuma(JPN)
2.OGUZOV, Albert(RUS)
3.MAMMADSOY, Davud(AZE)
3.MUSHKIYEV, Ilgar(AZE)
5.KHERTEK, Sayan(RUS)
5.KULIKOV, Dmitriy(RUS)
7.SULTANBAEV, Doniyor(UZB)
7.YASHUEV, Islam(RUS)

【決勝】

大島優磨○反則(3:09)△アルバート・オグゾフ(ロシア)
 ※「足取り」によるダイレクト反則負け

【日本選手勝ち上がり】

大島優磨(国士舘大4年)
成績:優勝

[準々決勝]
大島優磨○合技[背負投・縦四方固](3:45)△サヤン・クシュテク(ロシア)

[準決勝]
大島優磨○横四方固(1:36)△デミトリー・クリコフ(ロシア)

[決勝]
大島優磨○反則(3:09)△アルバート・オグゾフ(ロシア)
 ※「足取り」によるダイレクト反則負け

■66kg級
(エントリー8名)

【入賞者】
1.ABE, Hifumi(JPN)
2.ARDANOV, Anzaur(RUS)
3.SHAMILOV, Yakub(RUS)
3.TATEYAMA, Sho(JPN)
5.ABDULZHALILOV, Abdula(RUS)
5.LAVRENTIEV, Denis(RUS)
7.SHIRINLI, Vugar(AZE)
7.TALISHINSKI, Iskandar(AZE)

【決勝】

阿部一二三○優勢[技有・大内刈]△アンザルウル・アルダノフ(ロシア)

【日本選手勝ち上がり】

阿部一二三(日体大1年)
成績:優勝

[準々決勝]
阿部一二三○合技[大内刈・背負投](3:05)△イスカンダレ・タリシンスキ(アゼルバイジャン)

[準決勝]
阿部一二三○優勢[技有・出足払]△竪山将

[決勝]
阿部一二三○優勢[技有・大内刈]△アンザルウル・アルダノフ(ロシア)

竪山将(パーク24)
成績:3位

[準々決勝]
竪山将○反則(3:42)△アブドウラ・アブデュルザリドフ(アゼルバイジャン)
※「足取り」によるダイレクト反則負け

[準決勝]
竪山将△優勢[技有・出足払]○阿部一二三

[3位決定戦]
竪山将○優勢[有効・出足払]△デニス・ラヴリンティエフ(ロシア)


■73kg級
(エントリー13名)

【入賞者】
1.MOGUSHKOV, Musa(RUS)
2.KHAMKHOEV, Arbi(RUS)
3.GADANOV, Alim(RUS)
3.MACIAS, Tommy(SWE)
5.KAYUMOV, Muhammadlaziz(UZB)
5.TURAEV, Khikmatillokh(UZB)
7.KHAMZA, Didar(KAZ)
7.PAPOSHVILI, Tengizi(GEO)

【決勝】

ムサ・モグシコフ(ロシア)○小内刈(2:44)△アルビ・カムコエフ(ロシア)

【日本選手勝ち上がり】

田村和也(パーク24)
成績:1回戦敗退

[1回戦]
田村和也△反則(2:54)○アリム・ガダノフ(ロシア)
 ※「足取り」によるダイレクト反則負け

■48kg級
(エントリー6名)

【入賞者】
1.TONAKI, Funa(JPN)
2.KONDRATYEVA, Nataliya(RUS)
3.GILIAZOVA, Sabina(RUS)
3.NIKOLIC, Milica(SRB)
5.PAVLENKO, Anastasia(RUS)
5.TITOVA, Olga(RUS)

【決勝】

渡名喜風南○GS崩上四方固(GS2:41)△ナタリア・コンドラチェワ(ロシア)

【日本選手勝ち上がり】

渡名喜風南(帝京大3年)
成績:優勝

[準決勝]
渡名喜風南○背負投(1:16)△アナスタシア・パブレンコ(ロシア)

[決勝]
渡名喜風南○GS崩上四方固(GS2:41)△ナタリア・コンドラチェワ(ロシア)

■52kg級
(エントリー7名)

【入賞者】
1.SHISHIME, Ai(JPN)
2.RYZHOVA, Yulia(RUS)
3.SIKIC, Tena(CRO)
3.TASHTIMIROVA, Aigul(RUS)
5.KIRIEVSKAYA, Antonina(RUS)
5.PASHINA, Anna(RUS)
7.NAREKS, Petra(SLO)

【決勝】

志々目愛○優勢[指導1]△ユリア・リツォヴァ(ロシア)

【日本選手勝ち上がり】

志々目愛(了徳寺学園職)
成績:優勝

[準決勝]
志々目愛○反則[指導4](2:47)△アナスタシア・パブレンコ(ロシア)

[決勝]
志々目愛○優勢[指導1]△ユリア・リツォヴァ(ロシア)

■57kg級
(エントリー7名)

【入賞者】
1.YOSHIDA, Tsukasa(JPN)
2.MEZHETCKAIA, Daria(RUS)
3.GOLOMIDOVA, Natalia(RUS)
3.ROGIC, Jovana(SRB)
5.CHISTANOVA, Sofia(RUS)
5.SALNIKOVA, Aleksandra(RUS)
7.DURBACH, Manon(LUX)

【決勝】

芳田司○縦四方固(3:13)△ダリア・ミセトカイア(ロシア)

【日本選手勝ち上がり】

芳田司(コマツ)
成績:優勝

[準決勝]
芳田司○崩袈裟固(1:11)△アレクサンドラ・サルニコワ(ロシア)

[決勝]

芳田司○縦四方固(3:13)△ダリア・ミセトカイア(ロシア)

■63kg級
(エントリー7名)

【入賞者】
1.NOUCHI, Aimi(JPN)
2.DAVYDOVA, Daria(RUS)
3.DZHIGAROS, Diana(RUS)
3.HERMANSSON, Mia(SWE)
5.KRIUKOVA, Olga(RUS)
5.WEZEU DOMBEU, Helene(CMR)
7.BADUROVA, Kamila(RUS)

【決勝】
能智亜衣美○優勢[技有・払腰]△ダリア・ダフィドワ(ロシア)

【日本選手勝ち上がり】

能智亜衣美(筑波大3年)
成績:優勝

[準々決勝]
能智亜衣美○優勢[指導3]△ディアナ・ティガロス(ロシア)

[準決勝]
能智亜衣美○優勢[有効・小外刈]△ミア・ヘルマンソン(スウェーデン)

[決勝]
能智亜衣美○優勢[技有・払腰]△ダリア・ダフィドワ(ロシア)

※ eJudoメルマガ版7月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.