PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

山梨学院大が史上初の3連覇達成、新添左季が全試合一本勝ちでチームを牽引・平成28年度全日本学生柔道優勝大会女子五人制

(2016年6月25日)

※ eJudoメルマガ版6月25日掲載記事より転載・編集しています。
山梨学院大が史上初の3連覇達成、新添左季が全試合一本勝ちでチームを牽引
平成28年度全日本学生柔道優勝大会女子五人制
eJudo Photo
決勝、山梨学院大の新添左季が環太平洋大・鈴木伊織から決勝点となる内股「一本」

団体戦で大学柔道日本一を争う全日本学生柔道優勝大会(男子65回、女子25回)が25日、日本武道館で開幕。

初日は男子の1回戦までと女子2カテゴリの決勝までが行われ、女子五人制(57kg以下、57kg以下、70kg以下、70kg以下、無差別)は山梨学院大が女子では大会史上初となる3連覇を飾った。

第1シードで大会をスタートした山梨学院大は順調にベスト4まで勝ち上がり、準決勝では淑徳大に粘られながらも、中堅新添左季が挙げた内股「一本」をテコに1対0で競り勝ち。迎えた環太平洋大との決勝は次鋒出口クリスタの横四方固「一本」で先制、中堅佐藤史織が敗れて同点に追いつかれたが、副将で登場した新添が鈴木伊織を相手にまたもや鮮やかな内股「一本」で貴重な勝ち越し点を獲得。この1点差を最後まで守り切り、2対1で優勝を決めた。

山部伸敏監督は「(今まで達成したことがない)3連覇は生徒が自分たちで決めた目標。試合は本当に僅かの差だったが、良く頑張った」と感無量の表情。

決勝点を挙げた新添はこの日出場した4試合試合全てを一本勝ち、優秀選手に選出された。

入賞者と準々決勝のスコア、準決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
3連覇達成の山梨学院大

【入賞者】
(エントリー35チーム)
優 勝:山梨学院大
準優勝:環太平洋大
第三位:淑徳大、帝京大

優秀選手:新添左季(山梨学院大)、青柳麗美(環太平洋大)、臼井杏(淑徳大)、佐俣優依(帝京大)

【準々決勝】

山梨学院大 3-1 国際武道大
帝京大 2-0 大阪体育大
淑徳大 1-0 龍谷大
環太平洋大 1-0 筑波大

【準決勝】

山梨学院大 1-0 淑徳大
(先)出口クリスタ×引分×関花菜子
(次)月野珠里×引分×臼井杏
(中)新添左季○内股(1:33)△栗原千尋
(副)佐藤史織×引分×松尾美咲
(大)蓮尾沙樹×引分×井上舞子

環太平洋大 ①-1 帝京大
(先)廣木あすか×引分×渡邉貴子
(次)小川寧々×引分×森由芽香
(中)青柳麗美△優勢[有効・払腰]○佐俣優依
(副)宇野友紀子×引分×松本千奈津
(大)井上あかり○反則[指導4]△月波光貴穂

【決勝】

山梨学院大 2-1 環太平洋大
(先)月野珠里×引分×廣木あすか
(次)出口クリスタ○横四方固(0:52)△小川寧々
(中)佐藤史織△合技[隅落・横四方固](3:34)○青柳麗美
(副)新添左季○内股(0:52)△鈴木伊織
(大)岡田美咲×引分×井上あかり

※ eJudoメルマガ版6月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.