PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

豪華メンバー揃えた了徳寺学園が圧勝、大将務めた秋本啓之は全試合一本勝ち・第66回全日本実業団体対抗大会男子第3部

(2016年6月11日)

※ eJudoメルマガ版6月11日掲載記事より転載・編集しています。
豪華メンバー揃えた了徳寺学園が圧勝、大将務めた秋本啓之は全試合一本勝ち
第66回全日本実業団体対抗大会男子第3部
eJudo Photo
決勝、紺野大輔相手に秋本啓之が決めた2度の背負投「技有」

eJudo Photo

団体戦で実業柔道日本一を競う第66回全日本実業団体対抗大会は11日、KIRISHIMAツワブキ武道館(宮崎市)で開幕。初日は男子第3部と女子第1部が行われ、男子第3部は了徳寺学園が優勝を飾った。

2010年東京世界選手権73kg級金メダリストの秋本啓之を筆頭に豪華メンバーを揃えた了徳寺学園は、準決勝まで全ての試合を5対0で勝ち抜く圧勝。

決勝はこれも圧勝続きで勝ち上がって来た京葉ガスと対戦。先鋒戦では、この試合が昨年の負傷以来1年2か月ぶりの実戦となる渡邊勇人が井上涼太から腕挫十字固「一本」で勝利して先制。次鋒の西山雄希、中堅の重松賢太郎がそれぞれ引き分けてしっかり襷を繋ぐと、副将戦は昨年の学生体重別100kg級王者阪本健介が林立峰から払巻込「有効」を奪ってチームの勝利を決める。

大将戦は秋本が身長184センチ、体重120キロの紺野大輔から体格差をものともせずに背負投で2つの「技有」を奪う完勝。通算スコア3-0で、大会通じて無失点のまま優勝を決めた。

山田利彦・了徳寺学園監督は「皆が出たいというので出場を決めた。体が小さい選手が多いので心配したが、秋本が精神的支柱になって皆良くまとまって、いい試合をしてくれた」と満足げ。「2部、1部と上がっていければいいですね」と来期以降の継続参加にも含みを持たせた。

入賞者と山田監督のコメント、準々決勝のスコアと準決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の了徳寺学園

eJudo Photo
復帰戦を「一本」で飾った渡邊勇人

【入賞者】
優 勝:了徳寺学園
準優勝:京葉ガス
第三位:宮崎県警察、アイシン

優秀選手賞:阪本健介、秋本啓之、渡邊勇人(了徳寺学園職)、寺島克興(京葉ガス)、須藤紘司(京葉ガス)

山田利彦監督のコメント
「ケガ人もいましたし、体も小さいチームですが選手が『挑戦したい』と言ってきたのでそれならばと参加を決めました。団体戦は1つのチームとしてまとまって戦えますし、良い雰囲気でやれたと思います。3部の中ではかなり良いメンバーと思いますが、そういうことは関係なく、あくまで自分の試合をどう次に繋げるか、1人1人全員がポイントゲッターのつもりで戦いなさいと課題を与えました。(-秋本選手の大将起用は?)本当はもっとピンポイントで使うつもりだったのですが、太田(慶一)が怪我をしたという事情もあって。ただやはり秋本の存在は大きい。周りは秋本に憧れて見ていた世代なので、一緒に試合が出来るということで高揚感があった。精神的支柱、今回のMVPだと思います」

【準々決勝】

アイシン 4-1 肥後銀行
了徳寺学園 5-0 新日鐵住金大分
京葉ガス 5-0 九電工
宮崎県警察 5-0 戸髙鉱業社

【準決勝】

了徳寺学園 5-0 アイシン
(先)六郷雄平○合技(2:25)△小野大樹
(次)西山雄希○一本背負投(2:52)△近藤将太郎
(中)重松賢太郎○支釣込足(2:02)△山川稜揮
(副)阪本健介○合技(1:11)△澤田拓哉
(大)秋本啓之○背負投(0:38)△田中力也

京葉ガス 2-1 宮崎県警察
(先)井上涼太△優勢[僅差]○大畑侑介
(次)寺島克興○内股透(1:13)△猪俣省一郎
(中)須藤紘司×引分×田中慎郎
(副)林立峰○優勢[有効]△山平隆太
(大)紺野大輔×引分×中村高明

【決勝】

了徳寺学園 3-0 京葉ガス
(先)渡邊勇人○腕緘(0:56)△井上涼太
(次)西山雄希×引分×寺島克興
(中)重松賢太郎×引分×須藤紘司
(副)阪本健介○優勢[有効・払巻込]△林立峰
(大)秋本啓之○合技[背負投・背負投]△紺野大輔

※ eJudoメルマガ版6月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.